映画『ひとよ』佐藤健×鈴木亮平×松岡茉優が3兄妹に - 心に傷を抱えた家族の再生を描く

写真拡大

劇作家・桑原裕子率いる劇団KAKUTAの代表舞台作品「ひとよ」が映画『ひとよ』として実写映画化。2019年11月8日(金)に全国公開される。

タクシー会社を営む稲村家だったが、最愛の子どもたち三兄妹のため…と母が父を殺めたことで家族の運命をかえてしまった。その事件により、抱えた心の傷を隠したまま、大人になった三人の兄妹たち。『ひとよ』は、母と子3人の家族の崩壊と再生を描いた、「家族の絆」と「究極の愛のかたち」が何かを問いかけるヒューマンドラマだ。

佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優が3兄妹を演じる

主人公・次男の雄二(佐藤健)

15年前の事件に縛られ、家族と距離をおき、東京でうだつのあがらないフリーライターとして働く稲村家の次男。
演じる佐藤健は『8年越しの花嫁 奇跡の実話』で第41回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、2018年には、『いぬやしき』、『億男』など話題作への出演が続いている。

長男・大樹(鈴木亮平)

大樹は、幼少期より人とのコミュニケーションに苦手意識を持つ。演じる鈴木亮平は、近年、NHK大河ドラマ「西郷どん」で主役を務め、『燃えよ剣』(20年公開予定)などへの出演が決定している。

末っ子・園子(松岡茉優)

園子は、事件によって美容師になる夢を諦め、スナックで働きながら生計を立てている。演じる松岡茉優は、『勝手にふるえてろ』、『万引き家族』などで名演を見せている。

母・こはる(田中裕子)
タクシー会社を営んでいたが稲村家。最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて、愛した夫を殺めた。そして家を去り、15年ぶりに三兄妹との再会を果たす。

その他にも、2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」への出演が決定した佐々木蔵之介や、『ひとよ』を監督する白石の作品への参加が通算9作目となる音尾琢真、そのほか、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、千鳥の大悟など多彩なキャストが出演する。

監督は白石和彌

監督を務める白石和彌は、毎年のように作品・監督・俳優賞を中心に国内賞レースを席巻し、今や俳優たちが最も出演を熱望する映画監督のひとりとして名をあげている。彼が手掛けた作品は、『凶悪』、『日本で一番悪い奴ら』、『彼女がその名を知らない鳥たち』、『孤狼の血』など、社会の暗がりに目を向け、いびつながらも懸命に生きる人間を描いた作品が多数。

そんな白石が、『ひとよ』では、これまでにもタッグを組んで数々の印象的な作品を生み出している脚本・盒鏡瑤閥Δ法∧壊と再生を軸にした家族の物語に挑む。

ストーリー

どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。それが、最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて。そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った-。たった一晩で、その後の家族の運命をかえてしまった夜から、時は流れ、現在。次男・雄二(佐藤健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は、事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。皆が願った将来とはちがってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先はー。

【詳細】
映画『ひとよ』
公開日:2019年11月8日(金)
監督:白石和彌
脚本:盒鏡
原作:桑原裕子「ひとよ」
出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟、佐々木蔵之介、田中裕子
製作幹事・配給:日活
企画・制作プロダクション:ROBOT


[写真付きで読む]映画『ひとよ』佐藤健×鈴木亮平×松岡茉優が3兄妹に - 心に傷を抱えた家族の再生を描く

外部サイト

  • 【特集】動物映画 - 感動実話から、キュートな姿満載のアニメ&ファンタジーまで
  • 映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』天空の花嫁を原案にフル3DCGアニメーションで初の映画化
  • レディー・ガガ初主演映画『アリー/ スター誕生』未公開曲が追加された特別編、5都市で限定公開