人間は習慣の生き物です。毎日の積み重ねが、その人の運を左右すると言っても過言ではありません。ツキを落とすにしても、自分で分かってやってしまったことなら、まだマシな方。しかし、知らないうちに運を下げている行動をとり続けているとしたら、かなり怖いですよね。そこで今回は、占い師の脇田尚揮さんに“意外とやってる! しない方が良いこと”をご紹介いただきます。

文・脇田尚揮

新しい靴を部屋の中で履いて、そのまま外に出るとケガをする

新しい靴は女子の大好物! 買うとそれだけでテンションが上がりますよね。でも、買った後に気をつけなければならないことがあります。

それは部屋の中で履いて、そのまま外へ出てはいけないということ。家の内の気と、外の気の質は異なるため、屋内・屋外のどちらか専用として履き物は使う必要があるのです。

きちんと玄関で履いてから外履きとして用いないと、ケガをしてしまう恐れが。

トイレでメールやLINEを打つと、相手に不幸が起きる

トイレは家の中でも最も不浄な場所。良くない気がこもりやすいとされています。そんな場所でスマホを操作するのは、百害あって一利もありません。

特に良くないのが、トイレ内でメールやLINEを送る行為。自分の運気を下げるだけでなく、送り先の相手の運まで下げてしまいます。ひどい時は不幸が起こることも……。

連絡をとるのは、必ずトイレに出てからにしましょう。

アウトレットで安い食器を買って使うと、それに見合ったお金しか入らない

よくアウトレットやリサイクルショップなどで、食器を見かけると思います。新品で買うよりもかなり安い場合も多く、自分の好みにぴったりのものが見つかると購入することも。

しかし、そこには落とし穴があります。その食器の値段に見合った収入しか、自分に入ってこないという不運に見舞われてしまうのです。

もしもあなたが少しでも豊かな生活を望むなら、食器は新しいものを揃えましょう。

クローゼットを服でパンパンにすると人間関係が発展しなくなる

服は女子にとって戦闘着のようなもの。恋愛市場という戦場で生き抜くために、様々なデザインやカラーのものを揃えたいというのが乙女心。

でも、あまりにたくさんの洋服でクローゼットの中をパンパンにしてしまうと、なぜか恋が上手くいかなくなってしまう恐れが。それだけではなく、人間関係が発展しなくなってしまうことに。

クローゼットの中はある程度の余裕を持たせ、服でいっぱいになったら、整理をするか収納スペースを足すようにしましょう。

自ら気づき、変わるよう努力をしなければ、いつまでも何も変わらないのです。

運の悪い人は運の悪いまま……とまでは言いませんが、運を下げる行動を日々繰り返しているのかもしれません。時には、自分の生活を客観視してみるのも大切かもしれませんね。

(C) Rawpixel.com / Shutterstock(C) Pair Srinrat / Shutterstock(C) nfmlk / Shutterstock(C) Creative Lab / Shutterstock(C) Yupa Watchanakit / Shutterstock