LINEの返信で脈あり・脈なしが判明!このメッセージなら脈あり度高め

写真拡大

気になる彼とLINEでやり取りするときって、返信速度や内容が気になりますよね。「なかなか返信がないな」「この言葉はどういう意味なんだろう」といったモヤモヤは、恋する女性なら誰だって持っているもの。

LINEの返信から脈あり・脈なしを判断できる?男性のLINEを見て気持ちを読み取る方法を考えていきます。

◆LINEの返信速度について


即レス、1〜2時間後、半日後、その日中、1日遅れなど…LINEの返信速度には個人差があります。好きな男性からの返信速度が遅いと不安になってしまいますが、早い=脈ありとは限りません。
誰に対しても早めの返信を心がけている場合も考えられるので、LINEの返信速度から脈あり・脈なしを判断するのは難しいでしょう。

◆返信の仕方でキャラがわかる?


返信には、結構その人の性格が表れます。まずは気になる彼がどのタイプに当てはまるかチェックしてみて!

◎文章短め即レスタイプ


ひとつひとつの文章は短いものの、すぐに返信するタイプ。テンポが速いのでやり取り自体を楽しむことができます。1日の中でスマホを見る時間・回数が多いマメな男性です。

◎文章長めの内容重視タイプ


内容が濃く、長めの文章で返信するタイプ。投げかけたメッセージに対してきちんと答えが返ってくる可能性が高いと言えます。忙しくて返信する時間のない男性に見られる傾向で、返信のタイミングとしては1日の終わり頃が多いようです。

◎スタンプ活用タイプ


メッセージと一緒にスタンプを使ったり、やり取りが終わるタイミングでスタンプのみの返信を送ったりする人。このタイプの男性には、LINEのやり取りで相手を楽しませようという思いやりがあります。

◎スタンプなしのシンプルタイプ


メッセージの語尾に絵文字がない、スタンプは使わない、といったシンプルなやり取りを行うタイプ。メッセージを飾るのが嫌いな男性や、言葉のみで気持ちを伝えたいと思う生真面目な男性に多いでしょう。

彼のタイプに合わせてやり取りし、価値観や生活パターンが合うことをさりげなくアピールしましょう!

◆やっぱり気になる!「既読」について


LINEの「既読」機能は、恋する乙女心を揺さぶるポイントのひとつです。彼がメッセージを見てくれたかどうか、既読の表示を待つ女性も少なくありません。
既読無視=脈なしと判断する前に、なぜ既読無視なのかを考えてみましょう。アラサー男性の意見もご紹介します。

◎返信内容に困っている



「先日食事をした女性から、再びお誘いがありました。2回目のデートをするか悩んでいたので、返事に困って既読無視の状態に」(30歳男性/経理)

どんな返信をしようか考えている時間=既読無視の時間とのことです。中には関係を終わらせようと、わざと既読無視のままにする男性もいます。

◎返信したつもりで、うっかり



「仕事の合間に急いで返信したつもりが、送信ボタンを押し忘れ…相手から既読無視?と冗談っぽく聞かれました」(28歳男性/保険営業)

悪気なく、つい…というパターン。重要なタイミングでうっかりが発生すると、思わぬハプニングが発生することも。
既読無視の原因がわからないと、脈あり・脈なしを判断するのは難しいですよね。既読無視されたら、それまでのやり取りにも目を向けると理由が見えてくるかも。

◆脈ありの可能性大!の返信パターン


男性の意見をもとに、脈ありパターンをご紹介します。

その1:「あのお店、おいしかったね」


例えば食事デートの後、お礼を言ったあなたへのこんな返信。その日を振り返り、トークを盛り上げる内容です。脈なしの相手だったら「こちらこそありがとう」で終わるので、わざわざやり取りを続けようとするなら、脈ありの可能性が高いと判断できます。

その2:「ところで〜」


メッセージをやり取りする中で、話が途切れないように接続詞を入れるのは脈ありサインかも!男性側から新たな話題を振ってくるかどうか注目してみましょう。

その3:「返信遅くなってごめん」


レスが遅くなったことを謝る一言があるなら、脈あり度は高そう。しかも気遣い上手であることがわかるので、より好感を持てますよね。

◆LINEに目を向けてみよう


上記の例のように、日々の何気ないLINEのやり取りから、脈あり・脈なしの判断材料が見つかるかもしれません。男性のLINEメッセージは女性のそれと違い、あまり裏がないので深読みはしなくてOKです。
気になる彼の返信に目を向けながら、恋愛成就を目指してくださいね。

ライタープロフィール


メロン
一児の母として、育児、家事、仕事に奮闘中のママライター。
独身時代のほろ苦い恋愛経験や、結婚生活の経験を活かして、ハッピーな毎日を送るためのヒントが得られるような記事を配信していきます。