インドネシア・バリ島で毎年行われている古典芸能の祭典「バリ・アート・フェスティバル」。2016年は6月11日〜7月9日の約1か月間、デンパサールのバリ・アートセンターを中心に、インドネシア各地で開催される。

 

古典芸能の復興を目的として始まった祭典



©ASEAN-Japan Centre

2016年で38回目の開催を迎える「Bali Arts Festival(バリ・アート・フェスティバル)」。当初はバリ古典芸能の復興を目的として始まったこのイベントだが、ここ数年で古典芸能にとどまらない総合芸術披露の場へと発展している。
 
02i-6-62_Fotor
©ASEAN-Japan Centre
 
約1か月に及ぶ会期中には、毎日盛り沢山のイベントが予定されている。大掛かりな舞踊劇「Sendratari」や、ミュージカル、音楽演奏の他、インドネシア各地でのパレードや行進、ドキュメンタリームービーや小説、絵画や写真などのコンテストや、ワークショップ、フードフェスティバルなども開催される。

バリ舞踊には欠かせないlegong(レゴン)、gambuh(ガンブー)、kecak(ケチャック)、barong(バロン)などの古典舞踊や、ガムランの演奏も見どころだ。
 
14i-48-11_Fotor
©ASEAN-Japan Centre
 
2016年のテーマは「Preserving the Universal Harmony and Synergy(普遍のハーモニーとシナジーの保存)」。古くからバリ人の中で受け継がれてきた芸術を守り、インドネシアを越えて世界に広げていきたいという意思が込められる。

バリ芸術の全てがここにあると言っても過言でない「バリ・アート・フェスティバル」。年に一度の芸術の祭典へ、ぜひ足を運んでみては?

 
38th edition of the annual Bali Arts Festival(第38回バリ・アート・フェスティバル)
開催日:2016年6月11日(土)〜7月9日(土)
開催地:Bali's Art Center(バリ・アート・センター)を始め、デンパサール、インドネシア各地