映画『日日是好日』主演黒木華×樹木希林、茶道の弟子・師匠に - 大森立嗣監督が茶道エッセイを実写化

写真拡大

映画『日日是好日』が2018年10月13日(土)シネスイッチ銀座、新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国ロードショー。

“人生のバイブル”と呼ばれた茶道エッセイ

原作は、2002年の発行された森下典子による人気エッセイ『日日是好日-「お茶」が教えてくれた15のしあわせ-』。著者が街の茶道教室に通い続けた約25年に渡る日々を綴った内容となっており、茶道の素晴らしさを描くことは当然ながら、多くの読者にとってかけがえのない人生のバイブルのような一冊となっている。

物語は、大学生の典子が母親の勧めから、従姉である美智子と共に嫌々ながら茶道教室に通うところから始まる。そこにいたのは巷で「タダモノじゃない」と噂の先生・武田のおばさんだった・・・。

「お茶」との出会いを通して典子が成⻑していく姿や、就職の挫折、失恋や⼤切な人との別れなど青春時代のほろ苦さや甘酸っぱさを描き、内なる⾃由と⽣きる喜び、そして、かけがえのない“今”を映し出した作品となっている。

監督は大森立嗣

本作を実写化するのは、『ぼっちゃん』『さよなら渓谷』『セトウツミ』などを手掛けてきた大森立嗣監督。様々なアプローチで人間の感情を映し出してきた彼が、茶道を題材にした作品に挑む。

原作に関して「茶道とは無縁の僕が原作を読み終えていたく感動していました。一人の女性が大人になっていく過程で、きらびやかな宝石とは違う、胸の奥にずっと、でも密かにある大切なものにお茶を通して気付き、触れていくお話しです。」とコメントしている。

黒木華&樹木希林が茶道の弟子・師匠に

主演は、『小さいおうち』『リップヴァンウィンクルの花嫁』の黒木華。そして従姉を多部未華子が、茶道教室の先生を樹木希林が演じる。3名とも初共演となる。

全国の劇場にて先行上映

また、10月13日(土)の公開日に先駆けて、全国の劇場にて先行上映を実施する。9月15日(土)に逝去した樹木希林の躍動する演技に触れてほしいという制作側の想いと、本作をいち早く鑑賞したいという多数の要望から実施されるこの先行上映は、10月6日(土)、7日(日)、8日(月・祝)の3日間に限り行われる。

ストーリー

たちまち過ぎていく⼤学⽣活、二⼗歳の典子(⿊⽊華)は⾃分が「本当にやりたいこと」を⾒つけられずにいた。ある⽇、タダモノではないと噂の“武⽥のおばさん”(樹⽊希林)の正体が「お茶」の先⽣だったと聞かされる。そこで「お茶」を習ってはどうかと勧める⺟に気のない返事をしていた典子だが、その話を聞いてすっかり乗り気になったいとこの美智子(多部未華子)に誘われるまま、なんとなく茶道教室へ通い始めることに。そこで二人を待ち受けていたのは、今まで⾒たことも聞いたこともない、おかしな「決まりごと」だらけの世界だった――。

【作品詳細】
映画『日日是好日』
公開日:2018年10月13日(土)全国ロードショー
監督・脚本:大森立嗣
出演:黒木華、樹木希林、多部未華子、山下美月、鶴田真由、鶴⾒⾠吾
原作:森下典子著『日日是好日-「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』
配給:東京テアトル/ヨアケ
撮影:2017年11月〜12月

<先行上映情報>
先行上映日:2018年10月6日(土)、7日(日)、8日(月・祝)
実施劇場:全国の『日日是好日』上映劇場
※一部劇場を除く。
[写真付きで読む]映画『日日是好日』主演黒木華×樹木希林、茶道の弟子・師匠に - 大森立嗣監督が茶道エッセイを実写化

外部サイト

  • アニメ映画『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』新劇場版の第2部
  • 映画『ここは退屈迎えに来て』橋本愛×門脇麦×成田凌出演で山内マリコの処女小説を映画化
  • 映画『ニセコイ』中島健人&中条あやみのW主演で実写化