特別展「日本を変えた千の技術博」上野・国立科学博物館で、明治から平成までの科学技術品600点を展示

写真拡大

特別展 明治150年記念「日本を変えた千の技術博」が、2018年10月30日(火)から2019年3月3日(日)まで上野・国立科学博物館にて開催される。

「日本を変えた千の技術博」では、幕末から明治初期にかけての西洋技術との出会いから、大正・昭和・平成に至るまで、暮らしを支えてきた科学や技術遺産600点以上を展示。それらを貴重な資料や発明、発見にまつわるエピソードとともに紹介する。

日本の科学・技術を大きく発展させた40点

中でも注目したいのは、日本の科学・技術の発展に大きく貢献した「重要文化財」や「化学遺産」、「機械遺産」などに認定された約40点。日本で初めて音を記録・再生した器械「蘇言機」をはじめ、世界初のクオーツ式腕時計「セイコークオーツアストロン 35SQ」や、レーダーや電子レンジ発明の元となった「分割陽極マグネトロン」など、現代において当たり前に普及している製品の源流を見ることができる。

技術が生まれた当時の衝撃を味わう

また、世界初の量産スポーツカーや飛行機のエンジン、電話機などの展示では、高い技術力が生み出した機能美を堪能。革新的なそれらを目の当たりにした、当時の人たちの気分を追体験できる空間となっている。

明治天皇とエジソンゆかりの品も

さらに、明治元年から満150年を迎えた記念として、国立科学博物館が所蔵する明治天皇やエジソンゆかりの品を特別公開する。皇居で実際に使用されていたバッテリー式電気扇風機や、エジソンが明治天皇に献上した蓄音機「エジソン クラスM」など、当時の西洋技術の高さが伺える。

【詳細】

特別展 明治150年記念「日本を変えた千の技術博」
開催期間:2018年10月30日(火)〜2019年3月3日(日)
開館時間:9:00〜17:00(金曜、土曜、10月31日(水)、11月1日(木)は20:00まで)
※入場は各閉館時刻の30分前まで
休館日:毎週月曜、12月28日(金)〜2019年1月1日(火・祝)、1月15日(火)、2月12日(火)
※ただし12月24日(月)、2019年1月14日(月)、2月11日(月)、2月25日(月)は開館
会場:国立科学博物館(住所:東京都台東区上野公園7-20)
入場料:一般・大学生 1,600円(1,400円)/小・中・高校生 600円(500円)/金・土曜限定ペア得ナイト券 2名1組 2,000円
※()内は前売券価格、前売券の販売は10月29日(月)まで
※未就学児無料
※障がい者手帳持参者とその介護者1名は無料
※ペア得ナイト券は会場で当日販売のみ、金・土曜日の17:00以降に2名同時入場、最終入場は19:30

【問い合わせ先】
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)


[写真付きで読む]特別展「日本を変えた千の技術博」上野・国立科学博物館で、明治から平成までの科学技術品600点を展示

外部サイト

  • 東京国立博物館で「なりきり日本美術館」開催、「見返り美人」や「麗子」に"なりきり"作品を楽しむ
  • 日本を代表する花火師が集結「東京花火大祭」お台場で12,000発打ち上げ、史上初のコラボ花火も
  • 特別展「名作誕生ーつながる日本美術」東京国立博物館で、葛飾北斎・伊藤若冲ほか国宝含む約130件が集結