いくら恋人同士でも、踏み込んではいけない部分があります。しかし、付き合いが長くなると、そういう境界線が分かりにくくなる。もしかしたら知らぬ間に踏み込んで、ウンザリされているかもしれません……。“ウザいと感じる深入りしすぎなLINE”と題して男性たちに話を聞いたので、振り返ってみてください。

文・塚田牧夫

「その女とカラダの関係はないよね?」

「知り合ってもう十年近くになる女友だちがいます。二人きりで会ったりもするんだけど、彼女はいい顔はしない。

そいつと飲みに行ってくるってLINEで伝えたら、“その女とカラダの関係はないよね?”と返ってきたんです。そんなこと、あるわけないんです。

そいつとはバイト先で知り合って、俺が男性側のリーダーで、向こうが女性側のリーダー。めちゃくちゃ言い合ったし、喧嘩もした仲。言ってみれば戦友みたいなもんなんです。

だからそんな質問されるだけでも虫唾が走る。やめてもらいたい」ナオミチ(仮名)/28歳

「市販のシャンプーは髪に悪いらしいよ」

「彼女が家に遊びに来るとき、“なんか買って行くものある?”とLINEが来ました。で、シャンプーを切らしていたので、途中の薬局で買ってきて欲しいって伝えたんです。

そうしたら“市販のシャンプーは髪に悪いらしいよ”と返ってきました。どうやら僕の髪を心配しているみたい。なんでも市販のシャンプーに入っている物質が、頭皮に良くないとのことでした。

確かに、以前より髪が薄くなってきている感じはあるけど、余計なお世話。彼女に心配されるほうが惨めだ!」カズヤ(仮名)/31歳

「風呂トイレ別のほうが良くない?」

「アパートの更新が近かったので、引っ越しすることにしたんです。それで、ネットで調べたり、不動産屋を回ったりしていました。

家賃をなるべく抑え、交通の便のいいところを探していて、目ぼしいのが見付かりました。それを彼女に伝えたんです。LINEで間取りの写真も送りました。

そうしたら、“風呂トイレ別のほうが良くない?”と返信が。さらに、“キッチンがもう少し広いほうがいい”とか“陽当たり悪そう”とか、めちゃくちゃうるさい。いやいや、住むの俺だから!

せっかく苦労して見付けた物件をとやかく言われたくない」ユウジロウ(仮名)/28歳

「こうしている間に6秒に1人子供が亡くなってる」

「僕はゲームが好きで、特にハマってるのがあるときは夜通しやっちゃうんです。休みの日なんかは朝まで遊んで、夕方まで寝てる。そんな自堕落な生活を、彼女は快く思っていません。

夕方頃に起きて電話を見ると、例のごとく彼女からLINEがいっぱい届いている。“またゲーム?”から始まり、“時間がもったいない”ときて、挙句の果てに“こうしている間に6秒に1人子どもが亡くなってる”と、貧しい国の子どもを引き合いに出してくるんです。

そんなこと言われたら、なにも返せない。罪の意識を植え付けるのはやめてもらいたい。趣味のゲームぐらい好きにやらせてくれ……」ミキヤ(仮名)/29歳

“ウザいと感じる深入りしすぎなLINE”をご紹介しました。

友だち関係だったり、趣味だったりには、あまり口出しして欲しくないよう。そもそも、彼女と出会う前から交流のあるものというのが、そう主張する大きな理由となるのでしょう。

長く付き合うと、踏み込んではいけない領域を見失いがちですが、境界線は把握しておくべきでしょう。

(C) Marcos Mesa Sam Wordley / Shutterstock(C) JKstock / Shutterstock(C) fotoinfot / Shutterstock(C) oatawa / Shutterstock