薬が引き起こす便秘もあります

女性の悩みで多いのは、やはり便秘です。肌荒れ、ニキビ、膨満感。食欲低下、何をするにもおっくうでユーウツな気分……つらい症状です。ついドラッグストアに並ぶ便秘薬に頼ってしまいたくなる気持ちもわかります。

はじめに市販されている便秘薬の作用について説明しましょう。便秘薬の働きは2つあり、ひとつは大腸を刺激して、蠕動(ぜんどう)運動を活発にすること。蠕動運動とは芋虫のような動きで便を前へ前へと送り出す運動です。もうひとつは、大腸内にとどまりすぎて硬くなってしまった便に水分を浸透させてやわらかくし、排出しやすくする働きです。

たとえば有名な「コーラック」にはビサコジルという大腸刺激成分としてメジャーな成分が配合されています。このほか、センナや酸化マグネシウムも便秘薬の主成分にはよく使われます。ちなみに、「コーラック供廚箸い商品にはビザコジルのほか、DSSという便に水分を浸透させやすくする成分も入っています。DSSも便秘薬の成分としてよく見られます。

市販の便秘薬は、それほど心配される副作用もなく、安心して飲める薬です。ですから、本当につらい時や、痛みもあるような時は飲んでもいいと思います。ただ他の薬と同様、便秘薬もやめられなくなると危険です。便秘薬を初めて使った時は、おそらく効果テキメンだと思います。その“成功体験”が2度目、3度目を誘います。そして、だんだん手放せなくなっていきます。

「薬が出してくれるからいいや」と腸が怠ける

しかし、どんな薬にも言えることですが、体に薬を入れることで、体が本来持っている力が削がれてしまうというマイナス面があります。便秘薬の場合、薬によって腸の動きを活発にして排出させるわけですが、それは本来、腸が自然に行う活動であり、腸のお仕事です。薬を飲みつづけていると、「薬がやってくれるからいいや」とばかりに腸が怠けることを覚えてしまいます。

それに、薬を飲みつづければ、だんだんと効き目が薄くなるので、飲む量が増えていきます。ひどくなると、ひと瓶飲んでも効かない、なんてことに。その時、腸内で起きているのは痙攣性の便秘です。大腸が痙攣して動かない状態です。それはたとえば激しい運動で痙攣を起こした筋肉に、さらに動け動け! とムチ打つようなものです。動きませんよね、いくらムチ打っても。ではどうするか? 腸の場合はまず温めることです。

穀物ダイエットが便秘の原因に

そもそも、なぜ便秘するのでしょうか? 

いろいろな理由が考えられますが、ひとつはお腹が冷えていることが原因です。身体のどこでもそうですが、冷えると血流が悪くなります。血流が悪くなれば、筋肉の動きも悪くなりますね。お腹が冷えれば腸の動きも悪くなってしまいます。ですから夏でもおへそが出るような服を着ない、お風呂に入って温まる、冷たいものをガブガブ飲まない、など注意できることはたくさんあります。

食事も重要です。みなさんもよくご存知の通り、食物繊維が豊富な食物は有効です。先日、とんかつ屋さんに入った時、驚いたことがありました。隣のテーブルで若い女性がとんかつ定食を食べていたのですが、なんと、とんかつだけ食べて、付け合わせのキャベツを食べていないのです。とんかつはキャベツとセットで食べるからこそ栄養バランスが取れ、胃がもたれないのに。逆に、ファミレスでよく見る光景として、サラダばかり食べている女性がいます。温野菜や根菜ならまだしも、レタスなどの葉ものやキュウリ、トマトなど夏野菜ばかり食べていると、お腹を冷やしてしまいます。

そして忘れてはならないのが穀物です。最近、ダイエットのためか炭水化物を食べない、特にご飯を食べない若い女性が増えています。しかし、いい便をつくるいちばんいい材料は穀物なのです。それもパンやパスタなどの挽いた穀物より、ごはんや玄米などの穀粒のほうがいいのです。

便秘の原因は食事のかたよりや運動不足、ストレス、睡眠不足などいろいろありますが、「ごはんの量が少ない」ことも挙げられます。そもそも食べる量が少ないので、便がちょっとしかできない。ちょっとしかできないから、大腸内の便を前に押し出せなくて便秘になるんです。便秘すると食欲が低下して、ますます食べなくなります。すると➡ますます便ができない➡ますますたまる➡ますます食べない……という悪循環です。

お肌にとってもダイエットにとっても、便秘は大敵。穀物ダイエットで便秘になるか、穀物を食べてしっかり排出するか、どちらが美容と健康にとってよいかは明らかでしょう。

自分ですぐできる解消術は大腸を揉むこと

大腸は臓器の中では珍しく、自分で揉むことができる場所にあります。お腹の上からモミモミすることができます。外から刺激を与えることができるのです。便秘は直腸に便がたまっている状態ですから、外から揉んであげることは有効です。

そしてダントツに効くのが、言わずもがなの運動です。便秘しがちの人には運動不足の人が多いのです。運動すれば、当然、大腸も動きます。大腸を動かしましょう!

つらい便秘……食生活と運動を見直してみて!



■賢人のまとめ
市販の便秘薬は副作用が少なく、安心して飲める薬ですが、飲みつづけると危険です。はじめはよく効いていても、だんだんと効果が薄くなり、飲む量が増えていきます。すると大腸が自分で便を押し出す力が弱まるだけでなく、痙攣を起こしてしまうのです。薬だけでは便秘は解消しません。ふだんの食生活や運動を見直してみてください。特に食事でしっかり食物繊維と穀物(特にご飯)を摂るようにしましょう。穀物はよい便の材料になりますからね!

■プロフィール

薬の賢人 宇多川久美子

薬剤師、栄養学博士。(一社)国際感食協会理事長。明治薬科大学を卒業後、薬剤師として総合病院に勤務。46歳のときデューク更家の弟子に入り、ウォーキングをマスター。今は、オリジナルの「ハッピーウォーク」の主宰、栄養学と運動生理学の知識を取り入れた五感で食べる「感食」、オリジナルエクササイズ「ベジタサイズ」などを通じて薬に頼らない生き方を提案中。「食を断つことが最大の治療」と考え、ファスティング断食合宿も定期開催。著書に『薬剤師は薬を飲まない』(廣済堂出版)など。