ギャラリーとキッチンを併設する”キギ”のオリジナルショップが白金にオープン!

写真拡大

“本当に好き”なものに囲まれて暮らしていると、毎日の生活がちょっと楽しくなって充実するというもの。そこでぜひ訪れたいのが、2015年7月4日(土)、白金にオープンした「OUR FAVOURITE SHOP(アワ フェイバリット ショップ)」。町工場をリノベーションしたギャラリースペースもあって、アート、デザイン、工芸、ファッション、音楽などの文化を発信することをコンセプトにした店なのだとか。どんなショップなのか、店長の寺田さんを直撃、詳しく教えてもらった!

同店は、アートディレクションを手がける植原亮輔氏と渡邉良重氏による「キギ」と、商品のブランディングやプロモーションなどの企画・制作を行う「bluestract(ブルーストラクト)」、琵琶湖周辺にある信楽焼窯元の「丸滋製陶」の3社によるショップ。

まず注目したいのは、キギがデザインした「KIKOF(キコフ)」の食器。八角形をベースにしたスタイリッシュなフォルム、紙のような薄さと軽さが特徴で、シンプルな直線のデザインと信楽の土で作られた素材感が心地いい。価格は、プレート(2592円〜)、ボール(4860円〜)、マグカップ(6480円)など。「白いプレートにフルーツやスイーツを盛り付けるだけで、おもてなし感が演出できます。実は、この『KIKOF』の世界観をきちんと見せる場所がほしいという願いが、お店のオープンのきっかけの1つにもなっているんです」(同)
美しいだけではなく、機能的なのも同店のセレクトのポイント。「キギ」がデザインを手がけた「D-BROS」のカラフルな「フラワーベース」(1080円〜)は、一輪の花もより華やかに見せてくれる。ビニール製だから、使わないときはフラットに畳み、コンパクトに収納しておくこともできる優れもの。


また、カップ&ソーサー(各色7560円〜)は、ソーサーに描かれたグラフィカルなデザインが、鏡のような無地のカップの表面に写り込み、まるでカップにデザインが施されているかのよう。その斬新なアイデアが生み出すデザインに、「すごい」と思わずため息。彼へのプレゼントにも喜ばれそう。


ほかにも、シンプルでいて存在感のある「ETUKO SONOBE」のジュエリー(43200円〜)、沖縄の知恵と恵みを伝えていくプロジェクト「琉Q(ルキュー)」で作られた食品、人気のパッションフルーツバター(604円〜)ほか10種類、ハンカチやブローチなど、ショップのオリジナルアイテムなどが揃う。


さらに、「キギ」の渡邉良重氏がデザインするほぼ日とのコラボブランド「CACUMA」の洋服がフルラインナップ揃うのも、この店ならではの魅力のひとつ。普段はオンラインでしか購入できないブランドだけに、ワンピース、ブラウス、スカートなど、実際に見て試着することができるのは嬉しい限り。

「立ち寄ってくださったお客さまには、買い物をしなくても、商品に触れて生まれた『あれ良かったな』とか『これ好きだな』という気持ちを持ち帰ってもらえると嬉しいです」(同) 

ショップに併設されたキッチン、ギャラリーでは、今後、ワークショップや食のイベント、アートやデザインのエキシビションなどが開催されるとか。ときどきに“好きなもの”に出会えそうなデザイナーやクリエイターたちによるオンリーショップ、女友達と覗いてみて。