起き上がる前にやってみよう!プロが薦める「たるんだ太もも」解消エクサ

写真拡大

学生時代は痩せた、太ったと体重の増減に大騒ぎしていたけど、“たるみ”に関してはあまり気にならなかったはず。

それがいつしか、鏡に写った自分の脚を見て、あるいはいつものミニスカートを履こうと生脚になったとき、いつもと違う太もものプヨプヨ感、ひざ周りにできたしわや波打つお肉に思わず「アレッ……!?」となり、これまでノーマークだった“たるみ”に気付くときがくるのです、コワーイですね。

そこで今回はカラダづくりのプロである筆者が、太もものたるみを解消してほっそりを目指せるゆるエクサをご紹介します。

手軽にできておすすめですよ!

片ひざを抱えながら脚のスイング

(1)仰向けに寝た姿勢から、片ひざを立てて胸の方に引き寄せます。両手でひざを抱えていきます。

(2)息を吸いながら、反対の脚を上に上げていきます。

(3)息を吐きながらゆっくりと下ろしていきます。下に着くギリギリでまた息を吸いながら上に上げていきます。

上下スイングを続けているうちに、だんだんと太ももの前あたりにじわじわ効いてきます。

※ 回数

上げ下げで1セット、15回繰り返していきます。反対側も行っていきましょう。

※ ポイントと注意点

片ひざをしっかり抱え、体勢を安定させながら行っていきます。脚の上下スイングの間、顎が上がって首が反らないように気を付けましょう。

頚椎に負担がかからないように首筋はまっすぐに保ち、後頭部をしっかりと床に付けて行いましょう。

太ももエクサ

ストレッチ効果も同時にプラス!

しっかり抱えた片ひざは、脚の上下運動の姿勢を安定させるためだけではなく、お尻から太もも裏側の筋肉を伸ばすストレッチにもなります。

血行を良くして、たるみやセルライト防止に役立てましょう。

いかがでしたか? 今回は、手軽にできて筆者オススメの、たるみを解消してほっそりした太ももを目指すゆるエクサを紹介しました。

太もも部分は油断しているとたるみが顕著にあらわれる部分です。予防対策にぜひ役立ててくださいね。

【画像】

※ wavebreakmedia / shutterstock

【筆者略歴】

小川りょう

25年のキャリアを持つ健康づくり指導者。外資系ホテルトレーナーを経て独立。エビデンスに基づく情報提供と、現場経験で培った指導スキルで、成人〜後期高齢者に至るまで対応、幅広い世代の顧客を持つ。気取らない人柄と自然体の指導が特徴。コンセプトは健康寿命の延伸であり、足腰運動スクワットの専門家。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士号。著書に「ココロ・カラダ塾」(幻冬舎ルネッサンス)。