東京駅のライトアップやクリスマスマーケットも!丸の内で「東京ミチテラス2015」

写真拡大

1999年に「東京ミレナリオ」が開催されて以来、東京・丸の内エリアでは年末のイルミネーションイベントが冬の風物詩に。東京駅の駅舎復原工事が完了した2012年からは、新しい光の祭典が始まり、今年で4年目を迎えるとか。

2015年12月24日(木)から27日(日)までの4日間、東京・丸の内エリアでは「東京ミチテラス2015」を開催する。日本を代表するビジネス街から未来を明るく照らしていこう(未知を照らす)、という願いをこめたネーミングの通り、さまざまな光の表情が見られるそう。

東京丸の内駅舎と行幸通りでは、「東京駅スペシャルライトアップ×光のプロムナード」を実施する。東京丸の内駅舎がフルカラーのLED照明によってライトアップされると、駅全体がカラフルなイメージ。プロジェクションマッピングとは違うので映像の変化はないけれど、夜の街に浮かび上がる駅舎はまた違った印象に。ライトアップの時間帯は11月末に発表予定なので、公式HPで確認を。4日間限定のカラフルな駅舎は、絶好のフォトスポットになるはず。

駅舎の目前に続く行幸通りにも、樹木や路面にフルカラーのLED照明を施して「光のプロムナード」を創り出すとか。丸の内駅舎と一体感のある演出で、色彩豊かにクリスマスの雰囲気を盛り上げてくれそう。

また、12月1日(火)から27日(日)までの期間は、丸の内仲通りに「Marunouchi Christmas Market(丸の内 クリスマスマーケット)」 が登場。屋根にクリスマスの飾り付けをしたかわいい屋台(ヒュッテ)が並ぶ様子は、まるでドイツの伝統的なクリスマスマーケットのよう。

「こちらでは、温かいグリューワインや焼きたてのソーセージ、ドイツのクリスマス用ケーキ『レープクーヘン』などが販売される予定です」と、広報担当者さん。


さらに大手町・丸の内・有楽町エリアの一部には、ユニークな光るオブジェ「Lighting Bench Art(ライティング ベンチアート)」が設置される予定。

「ベンチには、多数の国内外の著名人の像が座って、皆さんを迎えます。どこに誰が座っているのかなど、イベントの直前にはサイト上にマップなども公開する予定ですので、お楽しみに」(同)

東京駅や行幸通りのライトアップを楽しんだ後は、クリスマスマーケットで温かいドリンクやフードをいただいて、著名人の像と一緒に2ショット…。クリスマスだけの楽しい体験を、丸の内で満喫して。

(C)東京ミチテラス2015/画像はイメージ
※プロジェクションマッピングではありません。