新年を華やかに迎えよう!「青山フラワーマーケット」にお正月アイテムがずらり登場

写真拡大

クリスマスも終わったし、そろそろ部屋にもお正月の準備を整えたいところ。そこで、縁起物の花を使ったフラワーアレンジメントやお飾りが揃う人気フラワーショップ「青山フラワーマーケット」をチェック。今年のテーマは“百花繚乱”で、菊や松、南天などに色鮮やかな花を合わせたアレンジが特徴とか。

写真は、和菓子をモチーフにしたオリジナル陶器に縁起物の花をいけた「正月アレンジメント“百花”」(M3780円、S2160円)。赤系とピンク系の器に合わせた2種類を用意しているそう。

「サイズは、Sサイズ(直径8cm×高さ11.5cm) と、 Mサイズ(底の直径9cm×幅14cm×高さ10cm)の2種類があります。Mサイズには、『幸福が飛んでくる』という花言葉の胡蝶蘭を加えていて、より華やかな印象です」と、広報担当者さん。

フラワーアレンジメントのほかには、松にダリアやバラを合わせた華やかなブーケタイプの「正月束」(1080円〜)、スイートピーやラナンキュラスなど春の花々をパステルカラーのボックスにアレンジしたおみくじ入りの「花みくじアレンジメント」(2484円)など、新春を祝うアイテムもさまざま用意されている。
また、新潟県魚沼産の稲わらを使い、縁起物の鈴や松などを組み合わせた「正月お飾り」にも注目。こちらは、赤と青の水引をあしらった「蒼天」(L2700円/26×35cm)、橙色をベースにした「橙」(M2250円/20×30cm)、赤が印象的な「薄紅」(S1350円/15×20cm・写真)の3種類が揃う。色とりどりの水引きを合わせたこちらは、モダンなデザインでスタイリッシュな印象を添えてくれそう。


このほか、全5色のカラフルな「ししまいお手玉」(1個486円)や陶製のかわいらしいサルの中におみくじの入った「干支みくじ」(茶・白2色各378円)など縁起小物も揃うので、フラワーアレンジメントとセットにしても、ギフトに喜ばれそう。また、高さ約15cmの「ミニ門松」(1350円・写真)は、ちょっとしたスペースに飾れると、毎年大人気なのだとか。

店舗によって扱うアイテムは多少異なるので、まずは足を運んでお気に入りをチェックして。気になるアイテムを見つけたなら、数に限りがあるので、早めの購入がおすすめ。