ヤマネコを間近で観察できる!那須どうぶつ王国に新施設「保全の森」がオープン

写真拡大

人気のある動物や珍しい動物を見るだけでなく、絶滅の危機にある動物たちのことも知ってほしい…そんな思いから生まれた新しい施設を、ご紹介。彼や友人と一緒に足を運んで、絶滅しそうな動物たちに思いを馳せてみては?

2015年4月18日(土)に那須どうぶつ王国に誕生した「保全の森」は、動物の飼育展示に加え、野生動物の保護についても学べる新施設だそう。展示のメインとなるのは、天然記念物・ツシマヤマネコの近縁種であるアムールヤマネコと、特別天然記念物・ニホンライチョウの近縁種で最も北の地域に棲むスバールバルライチョウの2種。

見どころは、何といってもアムールヤマネコの展示。「野性味あふれるヤマネコをガラス越しに間近でご覧いただけます。また、季節によって色が変わるライチョウや、長い舌を持つミナミコアリクイなど、よく見るとかわいいですよ」と、広報担当の宮地さん。

今回は日本に生息する動物がメインだけど、今後は世界の失われゆく環境に暮らす動物にもスポットライトを当てていく予定とか。

同じエリアにあるレストラン「ヤマネコテラス」では、使用する白米をすべて「ツシマヤマネコ米」にしていて、今年はこの米粉を使ったヤマネコ型パンの「ヤマネコランチ(1200円 数量限定)」が登場。パンとともに、地元野菜の温野菜サラダや肉球デザートなどがセットになっているそう。「“大人のお子様ランチ”みたいだということで女性にも人気です」(同)

また、ショップで購入できるツシマヤマネコのオリジナルぬいぐるみは、売り上げの一部をツシマヤマネコの保護基金にするなど、ショッピングでも保全のお手伝いができるようになっているとか。週末に、那須高原の雄大な景色や、迫力ある動物のパフォーマンスを楽しみながら、環境について考えるのもいいかも?