アジア初!銀座で大人版・飛び出す絵本のようなスー・ブラックウェル作品

写真拡大

少女の頃、おとぎ話の本を読んで、物語の舞台となったファンタジーの世界を夢想した人も多いはず。

2015年4月29日(水)から6月14日(日)まで、銀座のポーラ ミュージアム アネックスで開催される、スー・ブラックウェル「Dwelling -すみか-」展は、そんな夢想を形にしたようなアジア初の展覧会。

スー・ブラックウェルは、おとぎ話や民話をテーマにブック・スカルプチャー(本を題材にした彫刻)というユニークなスタイルで表現する、ロンドン在住の女性アーティスト。作品の制作は、まず本を選び、読み終えるところから始まるのだそう。そして、物語のストーリーや言葉の細部に注意しながら、ページをカット。さらに、気の遠くなるような作業を重ねて、本から得たイマジネーションを立体化していくのだとか。

今回は、「Wild Flowers of the British Isles(イギリス諸島の野生の花)」という植物に関する古い本の上に花が咲き誇る作品や、フランスの哲学者ガストン・バシュラールの著書にインスピレーションを得た作品など、11点を展示。本のチョイスも、文学少女だったというブラックウェルらしいものに。

「本の内容は知らなくても、作品からストーリーを想像できるおもしろさがあります。とにかく、1つひとつが細かくてきれいなので、隅々まで見て楽しんでください」と、広報担当者さん。

4月29日(水)には、実際に作品を見ながらブラックウェル自らが説明するアーティスト・トークも開催。その繊細な制作のヒミツが聞けるかも。

作品の土台となるのはすべて本なので、大きいものでも辞書を開いたくらいのサイズ。本の中の物語が命を吹き込まれて立ち上がったような独特の世界を、夢見る少女の頃に戻って、楽しんでみては?

上:「Wild Flowers No.10」2014年 photographed by Yeshen Venema
下:「The Darkness is Rising」2014年