リーズナブル&機能性が高いファッションで常に新しいスタイルを打ち出すワークマンが、2023年2月23日(木・祝)に東京国際フォーラムで「ワークマン2023年春夏新製品発表会」を開催。

目玉イベントとなったダンスファッションショーには、最新アイテムが続々と登場!ここでは展示会の様子をまとめて紹介!さらにアップデートしたワークマンの春夏スタイルをいち早くチェックしてみてー♡

コンセプトは“WORKMAN Colors”

展示会のタイトルは“WORKMAN Colors(ワークマンカラーズ)”。これまで機能と低価格をウリにしてきたワークマンが“次はデザイン性重視、機能はステルスへ”であることをメインテーマに掲げ、ショーでは「Tough」「Trend」「Travel」「Sustainable」「Vivid」という5つのスタイルを提案した。

力強く都会的な“Tough”

作業服を長く作ってきたワークマンだからこそ、“Tough(タフ)”であることはいつでも重要課題。長く快適に着られるタフさを提供するのは得意のジャンル!そんなタフさに加え、デザイン性を高めたというコーディネートは、クールと力強さがミックスされた都会的なスタイルに仕上がっていた。

スマート+機能的な“Trend”

今のトレンドを存分に取り入れ、日常やデートでも着られそうなのが“Trend(トレンド)”のスタイル。フェミニンなのに実はポケットがついている便利なブラウスや、折り畳むとそのままバッグにもなる“トランスフォームジャケット”など、表面からは見えない部分に優秀な機能がついているのがワークマンらしさ。おしゃれだけど使いにくい…ではなく、おしゃれ×使いやすい!

キャンプやBBQで活躍する“Travel”

キャンプやBBQなどのアウトドアで活躍するのが“Travel(トラベル)”。アウトドアでもあきらめずにおしゃれを楽しみたい人にぴったり。屋外でも存在感を示してくれそうな原色や、カーキやブラウンなどのアースカラーが目立ち、アウターは寒暖差があっても着脱しやすそう。撥水加工や、火の粉が移りにくい素材など、おしゃれな上に高性能!

エコなのに低価格の“Sustainable”

“Sustainable(サステナブル)”は今後力を入れていくというテーマの1つ。水や薬剤の量を減らす、本来は捨てられるバナナやコーヒーの一部を使うなど、低価格でエコな商品を作るため、さまざまな工夫が施されているとか。目立っていたのが、デニムライクなプリーツスカートや、いくつかの生地を貼り合わせたような個性的なベストなど。自然環境を守りながらファッションを楽しめるのは嬉しいポイント。

色鮮やかな世界観“Vivid”

もともと作業服として作られ、夜間作業などでも目立つことをキホンに考えられてきたワークマンの服。“WORKMAN Colors”というコンセプトも、そんなブランドの成り立ちから作られたものだとか。だからこそ、“Vivid(ビビッド)”はワークマンらしさが最も強く反映されたスタイル。反対色の組み合わせや多色使いがポイントとなったコーデは、色で遊べるファッションの楽しさを感じさせてくれる。ブルーやグリーン、イエローなどビビッドなカラーが揃い、色鮮やかな世界観が表現されていた。

特別ゲストでパワーパフボーイズ登場!

ハードな動きにも耐えられることをアピールするため、ダンスを取り入れて行われた今回のショー。振り付けを手がけたのはなんと、3人組ボーイズグループのパワーパフボーイズ! ショーには、特別ゲストとして本人たちも登場し、一度見たら忘れられないようなインパクト抜群のダンスを披露して取材陣の注目を浴びていた。

ワークマンが重大発表!

ショーが終わると、ワークマンの土屋哲雄専務が登場し、2023年に掲げる3つのビジョンについて重大発表!

.侫.奪轡腑鸚重視の新ショップが誕生

1つ目は、ファッション性重視の新ショップ『WORKMAN Colors』が誕生するという発表。ティーンにも人気の#ワークマン女子が今年期は10店舗増える予定で、女性向けのアイテムをもっと充実させたい、という思いから『WORKMAN Colors』が生み出されたとか。一押しのアイテムは“カッパ”。一見、街でも着られる可愛いマウンテンパーカーなのに、撥水機能がついているので突然の雨にも耐えられるのだそう!作業着として便利な機能が、おしゃれな服についているのが◎
(阿部さんへ→写真でいうと、司会の広報さんが着ていた白いアウターです)

価格の据え置き

2つ目に語られたのは、価格の据え置きについて。最近は食品などの値上げが多いなか、今年の秋冬にかけて、99.3%の商品はこのまま低価格をキープするとのこと(※PB売上上位300アイテム中、廃盤の31アイテムを除いた商品)。会社としてホントはつらい…けれど、そんな今こそ社員一同が奮起しているんだとか。

新市場開拓

3つ目の最後に『快適ワーク研究所』という試みについてコメント。これは、仕事や学業、プライベートなどさまざまな場面をさらに快適にするため、企業や大学とコラボした製品を作っていくというもの。作業着を求めるユーザー層が十分に広がったため、新しいマーケットを切り拓くことが一つの目的だとか。記念すべき第一弾は、パナソニックとコラボした『冷暖房服』。着ているだけで温熱&冷却してくれるから、音楽フェスなどで活躍しそう♡

会場はフォトスポットもあり大賑わい

今回の展示会には動画クリエイター、インフルエンサー、アンバサダーなど総勢150名が参加し、テーマごとに展示されたアイテムを実際に手に取って撮影などを行う様子も。

特に目を引いていたのは、『WORKMAN Colors』をメインに扱ったコーナー。今まで“地味め”だったカラーがカラフルに展開されているとか。たとえば、ワンマイルコーデに使えそうなブラウスは、テンションが上がるようなパステルカラーがずらり。お揃いのスカートやパンツをあわせればセットアップになり、タックインしてもブラウスのポケットが使えるというスゴ腕アイテム。どれも低価格で、何色も揃えたくなるラインナップ!

現在、#ワークマン女子の店舗を中心に置かれているようなシューズや小物などのファッション雑貨も、新アイテムが充実。シューズは、人気のスニーカーだけではなく、フェミニンなパンプスも登場。小物でいうと、立てたり引っ掛けたりして便利に使える化粧ポーチが大注目のアイテムだとか。徐々に販売が始まるそうなので、店舗やオンラインショップでチェックしてみて。

キャンプグッズのコーナーでは、テントから食器までが勢揃い。1年間に4万個売れているという一人用テント(4,900円)や、普段はインドアでも使い回せそうな可愛いコンパクトチェア(980円)、鍋も乗せられる耐熱アルミテーブル(980円)などは、キャンプ入門者にも注目してほしいアイテム。最初に手に入れておきたいテント・チェア・テーブルの3点が1万円以下で揃うのは本当に貴重!

ゴルフグッズは、高価になりがちなゴルフグッズを気軽に揃えられるのがポイント。ベーシックなポロシャツなら980円から購入できる。昨年から展開されたばかりで売り切れ続出していたゴルフグッズは、これから増産されるそうなので、今年は購入できるチャンス!ゴルフデビューしたい人にもおすすめ♡

会場には他にも、展示された商品を着用して撮影できる“撮影ブース”や、プロのスタイリストがコーデやメイクをしてくれる“FASHION体験ブース”などが設置され、賑わいを見せていた。

今年9月、WORKMAN Colors一号店がオープン予定!

機能的で低価格な上に、これからは可愛さに磨きがかかるというワークマンの新展開に目が離せない!中でも大注目のWORKMAN Colorsは、今年3月に大阪の#ワークマン女子天王寺MIO店、4月に横浜の#ワークマン女子ヨコハマビブレ店に実験的なショップが設置され、9月には都内に一号店がオープンする予定。気になった人はぜひ足を運んでみて!

Information

●社名:株式会社ワークマン
●業種:フランチャイズシステムで、作業服、作業用品およびアウトドア・スポーツウエアを販売する専門店チェーン
●店舗数:979店舗(2023年1月31日現在)/業態別:ワークマン482店舗、WORKMAN Plus472店舗、#ワークマン女子25店舗

オンラインサイトもチェックしてみる