ただ乗せているだけではもったいない!シートマスクの効果を最大限に活用する方法

写真拡大

数えきれなないほどの種類のシートマスクがドラッグストアやバラエティショップや百貨店などで販売されていますよね。お得なお値段のものから、少しお高いものまであり、1枚入りから数十枚入っているものまで様々ですよね。そんなシートマスクを使い方一つで最大に活用する方法をお教えします。

■入浴後がベストタイミング

入浴後はメイク汚れも落ちていて、毛穴も開いていて、身体が温まっていることで血行も良くなっているのでベストタイミングです。

入浴後に使う場合は、事前に冷蔵庫で冷やしておくと冷たくて気持ち良く、毛穴がキュッと引き締まるのでオススメです。

■洗顔、化粧水の後にシートマスク

クレンジング、洗顔をおこない、お肌の汚れを落とした後、必ずお肌に化粧水をなじませてからシートマスクを使うようにしましょう。

大体の化粧水は美容成分が配合されていますよね。シートマスクで保湿出来るからといって化粧水を省いていませんか? シートマスクの役割はあくまでも美容液と同じです。化粧水を先になじませておくことで美容液がより浸透しやすくなります。

それに、目元や口元や頬などの乾燥しやすい場所はピリピリと感じることがあるという方は化粧水の量が日頃から少ない場合もありますので、たっぷりと化粧水をなじませてからシートマスクを使うようにしましょう。

■目元や口元など部分美容液は化粧水の後に

目元の小じわや法令線が気になっていて部分美容液を使用している方は化粧水をお肌に馴染ませた後、部分美容液を塗ってから、シートマスクを載せましょう。

お肌の乾燥や目元も小ジワ、口元のカサカサが気になる場合は保湿タイプの美容液やシートマスクを選びましょう。シミやくすみが気になる場合は美白タイプのものを選ぶようにしましょう。

■シートマスクを効果的にお肌につける方法

(1)顔の中心にシートマスクの中心を合わせます。

(2)眉頭、目頭、小鼻、口角、あごを押さえてピタッと密着させます。

(3)頬から顔の外側に向かってピタッと密着させていきます。

(4)切り込み部分をキュッと持ち上げ、フェイスラインのたるみを持ち上げましょう。

空気が入った状態でふんわりお肌に乗せるだけではなく、ピッタリと密着させることや少し引き上げることがポイントです。

■シートマスクはデイリー使いにしよう!

特別な日や、週末のスキンケアとしてシートマスクを使っている方も多いと思いますが、毎日のデイリーアイテムとしても使えます。

デイリーアイテムとして使うことでお肌の透明感やツヤ感、お肌のコンディションは確実にアップしますので、平日ようはお得でプチプラのシートマスクにし、週末や特別な時とうに少しリッチなものを使うようにしてもいいですね。

■シートマスクの上からラップを乗せる

シートマスクを長くお顔の上に乗せておけば効果があるんじゃない?と感じている方もいらっしゃいますが、パッケージに表記されている5〜10分程度で十分です。

長く置くことでシートマスクが乾燥してしまい、お肌の水分が奪われてしまい、肌トラブルの原因となります。より保湿したい!!と思う方はシートマスクの上からラップを乗せ保温しても良いでしょう。

■乳液、クリームで保湿を最上級に

化粧水、シートマスクは水分でできています。お肌の水分を逃がさないためにも、油分でできている乳液、クリームで水分を逃がさないようにしっかりとお肌になじませましょう。

このように日頃使っているシートマスクを最大に活かしながら活用してみませんか?

ただ乗せているだけではもったいない!シートマスクの効果を最大限に活用する方法はWoman Wellness Onlineで公開された投稿です。

【筆者略歴】

寒川あゆみ

大阪 谷町九丁目 エステサロン Private Salon Laule'aを運営。サロンワークの他、美容家・美容ライター・講師としても活動。