ダイエットアドバイザーがダイエットにはおススメしない朝食

写真拡大

管理栄養士の方がダイエットにはNGな朝食として、お砂糖たっぷりなグラノーラ、高カロリーでビタミン、ミネラル、食物繊維が少ない菓子パン、リン酸塩やソルビン酸カリウム、亜硝酸ナトリウムなどのさまざまな食品添加物が入ったソーセージやベーコンなどの加工肉を挙げています。どれも、朝食に選びがちなものばかりですが……確かにNGなものばかり!

今回はダイエットアドバイザーの筆者として、他にもおススメできない定番朝食をご提案します。

■フルーツたっぷりスムージー

https://www.shutterstock.com

すっかり定番になったスムージー。でも、ちょっと待って! そのスムージー、フルーツを入れ過ぎていませんか? フルーツは体によいし、朝食に摂るのはとてもよいことですが、果物は果糖のかたまり。

ダイエットを意識しているなら、フルーツは控えめにしてレタスやキャベツ、ケール、にんじんなど、野菜類を多めにしたスムージーを飲みましょう。

■ブラックコーヒーだけ

https://www.shutterstock.com

朝、コーヒーをブラックで飲むという方も多いのでは? もちろん、これでもGOOD。でもダイエットを考えたら、プラスαをぜひ。

生姜を加えることで、生姜に含まれるジンゲロールという成分が代謝アップをサポート。さらに生姜を温めることで、ジンゲロールがショウガオールに変化、脂肪燃焼効果が高まることがわかっています。

コーヒーに含まれるポリフェノールの一種、クロロゲン酸もダイエット効果が期待されますが、せっかくコーヒーを飲むなら、ダイエット効率アップのためにも生姜をプラスしてみてください。チューブ入りの生姜でもOKなので手軽にスタートできますね。

いかがでしたか? どれも、朝食の定番メニュー。でも、それ自体がNGというわけではありません。管理栄養士さんがNGとしているグラノーラも砂糖不使用をセレクトし、菓子パンを、コンビニでも手に入る低糖質パンに置き換え、合成添加物無添加のハムやソーセージを頂けば、問題ありません。

何でできているか、また、何を追加するか、ちょっと気にかけるだけでダイエットにも最適な朝食になります。ぜひ、よい朝食を摂って、一日をスタートさせてくださいね。

【画像】

※ Lab Photo,alicjane,suwijaknook6644689 / shutterstock

【筆者略歴】

HIROKO

美道=心技体トータル美を追求する美容家。コスメコンシェルジュ、ダイエットアドバイザー、美肌食マイスターなど多数の資格を生かし、雑誌、web等にて美容情報発信。ミス・ワールドJapanアドバイザー。