プロがイラストで解説!今秋の旬顔をつくるアイシャドウのコツ

写真拡大 (全6枚)

ファッションやメイクも”秋”を意識する季節になりました。今年の秋メイクのキーカラーは“バーガンディ”。昨年流行したボルドーよりも、より深みのある赤が流行します。ファッションだけでなく、アイメイクにも流行色を取り入れることで旬な大人の顔に!

そこで今回は、プロのヘアメイクアップアーティストとして、年間1,000人以上の女性を美しく変身させている筆者が、一重、二重、そして奥二重それぞれに似合う“秋の旬顔をつくるアイシャドウのコツ”をご紹介します。

■一重まぶたの人のコツアイシャドウ_

今年の秋に流行しているワンカラーグラデーション。スキンカラーでもあるブラウンシャドーで作ると自然な仕上がりになりますが、これを”バーガンディ”カラーでチャレンジ。

赤みのあるブラウングラデーションになり、いつも以上にグッと色っぽい仕上がりになります。

■二重まぶたの人のコツ

アイシャドウ_

アイメイクはナチュラルなベージュカラーで自然な陰影を出したら、アイラインに”バーガンディ”カラーを取り入れましょう。

アイライン特有のキリッと引き締まった印象よりも、女性らしい色気のある流し目を作ることができます。

■奥二重まぶたの人のコツ

アイシャドウ_

二重ラインの内側はハイライトで明るさを出し、目尻側にバーガンディカラーでグラデーションを作りましょう。まつ毛はきっちりとカールさせたら、マスカラは黒ではなくブラウンで仕上げます。そうすることで、目元を引き締めながらもバーガンディ特有の“赤み”を強調することができます。

いかがでしたか? 自分に似合うメイクに“旬”を加えることで、普段のメイクアップもがらりと印象が変わります。是非、この秋は”バーガンディ”カラーにチャレンジしてみてください。

【筆者略歴】

※ 古賀真知子 ・・・ メイクアップイマジンbyオフィスノムラ主宰。撮影関係のヘアメイクをこなす傍ら、美容家として一般女性に美しくなるための様々なビューティプログラムレッスンを行っている。モットーは「女性は内・外側から美しく」。

【画像】

※ AlikeYou / shutterstock