1日5分を続けてスッキリ !「ぽっこり下腹を解消する」簡単ポーズ

写真拡大 (全3枚)

スリムな体型をしていても、下腹だけがぽっこりと出ている残念な女子はいませんか? 

服を着たままの見た目では分からなくても、薄着になる夏にはごまかしが効きません。

そこで今回はヨガインストラクターの筆者が、どこに出しても恥ずかしくない美腹を手に入れる方法をお教えします。

■ぽっこり下腹は、骨盤の前傾が理由

全体的に細身なのに下腹だけが凹まない場合は、骨盤の位置が前傾している可能性大!

骨盤を支えているのは、腹筋や背筋のバランスと股関節周りの筋肉。この筋肉のバランスが崩れると、骨盤の位置が傾いてしまいます。

特に反り腰の方は腹筋の力が弱いので、骨盤を立たせる力が足りない状態になっている可能性があります。そのせいで下腹部がどんどんゆるんでいくのです。

ですから、骨盤の位置を整えるだけでも下腹のぽっこりは改善します。コツは、お尻全体に力を入れて太ももの内側を引き上げること。

こうするだけで、骨盤の位置が整います。

■骨盤を正しい位置に整える「レンジのポーズ」

骨盤を正しい位置に整えるためには、腹筋と背筋の筋力が大切です。その両方を一緒に鍛えることができる体幹トレーニングを試してみましょう。

(1)うつ伏せの状態から両ひじを肩幅くらいに開き、上半身を起こします。このとき、肩甲骨をグッと引き下げ、胸は上方へ引き上げます。

yuukaさん下腹

(2)息を吐くタイミングで体を浮かせ、頭から足先までをまっすぐのラインに揃えるように意識します。

yuukaさん下腹2

(3)お腹の奥に力が入るようにするため、お腹を下と上から潰すようにして調整します。

(4)この状態をキープして5〜10呼吸します。

(5)(1)の状態に戻り、合計3セット行います。

いかがでしたか? このポーズで腹筋の奥に力が入れば、同時に背筋の力も使うことができます。

体の後ろ側の筋肉は、正しく美しい姿勢を保つためにも大切。毎日数分でいいので、続けてみてくださいね。

【筆者略歴】

yuuka ・・・ 『マナヨガ』代表。ヨガ、整体、体幹トレーニング、ウォーキング等、研究を続け『マナメソッド』を発案。本来持っているその人の個性や美しさを引き出すことで定評があり、現在パーソナルトレーニングは予約待ち状態。

【画像】

※ Yuriy Rudyy / shutterstock