ホテル雅叙園東京「百段階段」特別展、荒木十畝の花鳥画などをモーショングラフィックスで解説

写真拡大

ホテル雅叙園東京は、創業90周年特別企画「百段階段展 〜荘厳なる日本美術の空間へ〜」を、館内にある東京都指定有形文化財「百段階段」にて開催する。期間は2018年11月29日(木)から12月24日(月・祝)まで。

「百段階段」とは

2009年に東京都の有形文化財に指定された「百段階段」は、1935年に建てられたホテル雅叙園東京に現存する唯一の木造建築。階段で結ばれた各部屋の天井や欄間には、鏑木清方(かぶらききよかた)による美人画や、荒木十畝(あらきじっぽ)による四季の花鳥画をはじめ、著名な画家達が創り上げた貴重な彫刻・建築・工芸などが保存されている。

「百段階段」そのものの魅力を伝える特別展

2018年は「いけばな×百段階段2018」「和のあかり×百段階段2018 〜日本の色彩、日本のかたち〜」といった企画展の"舞台"にもなってきたが、創業90周年を記念し、「百段階段」"そのもの"の魅力を存分に感じることのできる特別展示「百段階段展 〜荘厳なる日本美術の空間へ〜」を実施。日本画・建築・彫刻を、静止画像に動きや音を加えて作る"モーショングラフィックス"を使って解説するなど、新しい見せ方を試みる。

ショートムービー上映やナイトミュージアムも

また、11月15日(木)にフランス・パリで開催されるホテル雅叙園東京のイベント「A MUSEUM HOTEL of JAPAN BEAUTY」で披露となる、ホテルを舞台としたショートムービーの上映も行う。

さらに、金曜日・土曜日はナイトミュージアムを開催し、館内レストランでのディナーに使用できる1ドリンク付きチケットも用意する。

【詳細】
創業90周年特別企画「百段階段展 〜荘厳なる日本美術の空間へ〜」
開催期間:2018年11月29日(木)〜12月24日(月・祝) ※会期中無休
会場:ホテル雅叙園東京(東京都目黒区下目黒1-8-1)
開催時間:日〜木曜日10:00〜17:00(最終入館16:15)、金・土曜日10:00〜20:00(最終入館19:15)
※全時間帯写真撮影可能(三脚・フラッシュ撮影・商業撮影NG)
入場料:当日1,500円、前売1,200円、館内前売1,000円(11月28日まで)、学生800円※要学生証呈示、小学生以下無料、ナイトミュージアム限定 1ドリンク付きチケット 1,500円※ディナー利用で使用可能。カフェラウンジ パンドラとステーキハウス ハマを除く。
販売窓口:ホテル雅叙園東京(店頭)、ローソンチケット(Lコード:32752)、セブンチケット(セブンコード:069624)、JTBレジャーチケット(セブン・イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)、イープラス、楽天チケット(インターネット)

【問い合わせ先】
ホテル雅叙園東京
TEL:03-5434-3140(イベント企画10:00〜18:00)
[写真付きで読む]ホテル雅叙園東京「百段階段」特別展、荒木十畝の花鳥画などをモーショングラフィックスで解説

外部サイト

  • 「アジアにめざめたら」を東京国立近代美術館で - 1960-90年代のアジアの現代アートを紹介
  • 「クリムト展」 東京・愛知で開催 -《ユディトI》など過去最大級、約20点の油彩画
  • 「エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し」展が東京都庭園美術館で、ショーメの宝飾品など