ロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKI

写真拡大 (全43枚)

ロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIが17日、都内で開催中のファッションの祭典、「Amazon Fashion Week TOKYO(アマゾン ファッション ウィーク東京) 2017 春夏」に出席。その場所で自身が手掛けたオリジナル着物、「YOSHIKIMONO COLLECTION(ヨシキモノ コレクション)」の合計21点を披露した。

ヨシキモノは、実家が呉服屋だったYOSHIKIが「日本の伝統文化である着物を世界中に紹介したい」という思いで、2011年に立ち上げたブランド。

音楽業界にいるYOSHIKIだが「僕は(米国の)ロサンゼルスに住んで20年。その他、ヨーロッパに行ったりしたときに思うのが、日本が大切に思えてくること」としみじみ話した。

そして今回で、2回目となる新作を用意した。

「去年発表したコレクションは、海外から大きな反応をもらった。やってきたことは間違いではなかったと実感した」と手応えを口にした。

「日本の着物の伝統は、何十年、何百年と続いてきたもの。今回の新作も挑戦的なデザインがあるので、自分のやり方に賛否両論があると思う。それでいて、良い意見も悪い意見もキッチリ受け止める覚悟がある。そのことで、次にショーにつなげたいと思います」とドッシリ構えていた。

「やっぱり着物は、着崩したりするのが難しい。コレクションの候補には、デニム地のものもあったが、カジュアルな着物はあえて外した。普通の着物より目立つ、パーティドレス的なデザインを準備した」とこれまでの考えも明かした。

このコレクションは、世界に向けて発信したものだが、国内の若者にも「日本の着物に、もっと興味をもってほしい」とキッカケづくりをイメージしていた。

▼ 着物ショーを企画した、YOSHIKI

▼ オリジナル着物「YOSHIKIMONO COLLECTION 2017」を発表した、YOSHIKI

▼ ずぶぬれになりながらドラムパフォーマンスを行った、YOSHIKI