今すぐ行きたい!夜こそ楽しい夏のおでかけスポット7選

昼のうだるような暑さが落ち着いて、過ごしやすくなる夜。「すぐに家に帰るのはもったいない」「もう少し夜を楽しみたい」と思うことはありませんか? 夏は、夜だからこそ楽しめるスポットやイベントが盛りだくさん! 今回は、今すぐ行きたい“夏夜のおでかけスポット”をご紹介します。

★毎年進化し続ける、日本橋の夏の風物詩!


<日本橋>ECO EDO 日本橋 アートリウム 2014〜江戸・金魚の涼〜&ナイトアクアリウム




昨年50万人を魅了した「アートアクアリウム」が今年も登場。LEDライティングやプロジェクションマッピングの中を、約5000匹の金魚が艶やかに優雅に舞い踊ります。おすすめは、19時からの「ナイトアクアリウム」。オリジナルの「金魚カクテル」やモヒートなどのドリンクを飲みながらゆったり水中アートを鑑賞できます。また、週末限定で豪華アーティストによるスペシャルライブやDJパフォーマンス等、さらには芸者の踊りが楽しめるスペシャルイベント「芸者ナイト」も開催! 今年の夏をアートな夜にしてみては?


【ECO EDO 日本橋 アートリウム 2014〜江戸・金魚の涼〜&ナイトアクアリウム】
日程:〜9/23(火・祝)
時間:アートアクアリウム11:00〜23:30 ナイトアクアリウム19:00〜23:30 ※最終入場〜23:00
場所:日本橋三井ホール
料金:大人1000円、子ども(小学生以下)600円、3才以下無料
リンク:http://h-i-d.co.jp/art/nihonbashi/

★7月1日にオープンしたばかりの大人の図書室


<渋谷>森の図書室




本が読めて、借りられて、そしてお酒まで飲めてしまう、本好きにはたまらない空間「森の図書室」。Facebookのアカウントがあれば1冊2週間、無料で本を借りられます。なんとこの図書室、ネットで運営資金を募る、今話題の“クラウドファンディング”で支援者数日本一になったのだとか! 壁いっぱいに並べられた本棚には、発案者で代表を務める森俊介さんや支援者が推薦した多彩なジャンルの本を貯蔵。夜営業の図書室なので、会社や飲み会の帰りに新しい本に出合いたくなったときにもふらっと立ち寄れる大人の図書室です。


時間:18:00頃〜25:00※8月末までは13:00頃〜17:00
定休日:不定休
場所:東京都渋谷区円山町5-3 萩原ビル3F
料金:飲食代+席料500円 ※会員(年会費1万円)は席料無料
リンク:http://morinotosyoshitsu.com/

★困ったときの神頼み! 夏の恋は縁結び風鈴におまかせ


<川越>川越神社 縁結び風鈴〜天ノ川ノ、願イゴト〜




「夏を一緒に楽しむ彼氏が欲しい!」。そんな人におすすめなのが、今年から始まった「川越神社 縁結び風鈴〜天ノ川ノ、願イゴト〜」。入り口には、八八八個の色とりどりな江戸風鈴が木製のアーケードにつり下げられた「縁結び風鈴回廊」がお出迎え。自分の恋の願いごとを書いた木の短冊を結ぶことができます。そのほか境内には、LEDが付けられた竹毬を飾ったオブジェ「竹毬風鈴オブジェ」や、小川に天の川をイメージした映像を投影する「御神水」など、情緒と非日常感を味わえる演出がたくさん。彼氏ができたらぜひまた来たいイベントです!


【川越神社 縁結び風鈴〜天ノ川ノ、願イゴト〜】
日程:〜8/31(日)
時間:9:00〜21:00 御神水映像投影 19:00〜21:00
場所:川越氷川神社
リンク:http://www.hikawa-fuurin.jp/

★おひとり様でも楽しめるビアガーデンが誕生!


<西新宿>天空のビアガーデン




夏の夜といえばビアガーデン! おしゃれで大人な雰囲気を楽しみたいなら、ヒルトン東京7階で開催中の「天空のビアガーデン」へ。夜は高層ビルの夜景を眺めながらのんびりお酒を味わえます。今年からは、日没から光が完全に消えるまでのマジック・アワーをひとり占めできる「マジック・カウンター」が登場。“ひとりでもビアガーデンに行きたい”というニーズにこたえ、ハイデスク&ハイチェアのおひとり様専用スペースになっています。友人とワイワイ楽しむのもいいけど、たまには優雅に“おひとり様”の時間を過ごしてみてはいかが?


日程:〜9/30(火)
時間:17:30〜22:00※ラストオーダーは〜21:30 
場所:ヒルトン東京7階 プライベートラウンジ外
料金:飲み放題1.5時間 3,300円


★ペンギンが夜空を飛ぶ!? ビルの屋上に広がるオアシス


<池袋>サンシャイン水族館 南国ビアガーデン




大人気のチンアナゴから定番のアシカのパフォーマンスまで、ビルの屋上とは思えないほど豊富な水の生き物を観察できるサンシャイン水族館。この夏は、屋外エリア「マリンガーデン」で開催されている限定イベント「南国ビアガーデン」がオススメ。普段はアシカが泳ぐ、地上約2m30cmの高さにあるドーナツ型の水槽には、夏の夜限定でペンギンが登場します! 夏の夕暮れを背景に空を飛ぶように泳ぐペンギンを眺めながら、ゆったりと食事やお酒を楽しんでみては。


【サンシャイン水族館 南国ビアガーデン】
日程:〜8/31(日)
時間:水族館(4〜10月)10:00〜20:00、(11〜3月)10:00〜18:00 ※〜8/17は9:00〜21:00、8/18〜31は10:00〜21:00
南国ビアガーデン17:00〜21:00 ※ラストオーダーは〜20:30
ペンギンが登場するのは18:30〜19:30
場所:サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上
料金:大人(高校生以上)2000円、子ども(小・中学生)1000円、幼児(4才以上)700円、シニア(65才以上)1700円
リンク:http://www.sunshinecity.co.jp/


★東京上空150mで楽しむ“満点の星”


<赤羽橋>天の川イルミネーション


東京タワーでは、今年で10回目になる「天の川イルミネーション」を実施中。高さ150mの大展望台1階フロアで天の川が架かった夏の夜空に見立てた白色のイルミネーションは圧巻です。今年からは、約600段ある外階段にもLED電球を設置し、東京の夜景を見ながら大展望台に上っていくことができます。幻想的な世界が味わえるこのイルミネーション。彼とのデートにもぴったりです!


日程:〜8/31(日)
時間:平日17:00〜22:00※外階段は〜21:00
場所:東京タワー 大展望台1階・大展望台行き外階段
料金:大人(高校生以上)900円 子ども(小中学生)500円 幼児(4歳以上)400円
リンク:http://www.tokyotower.co.jp/index.html


★夜の動物園で夕涼み


<上野>真夏の夜の動物園



写真:(公財)東京動物園協会

上野動物園では、開園時間を3時間延長する「真夏の夜の動物園」を8/17まで開催中。スマトラトラやタテガミオオカミなどの夜行性動物のほか、普段は見ることのできない動物たちの夜の姿や、野生のコウモリを観察することができます。そして不忍池テラスでは毎年好例のオープンビアガーデンがスタート! ただし、園内は殺虫剤が使えないので事前に虫除けをしてから行くのがおすすめ。子どもの頃の気分に戻って、夜の動物園を探検してみましょう。


【真夏の夜の動物園】
日程:〜8/17(日)
時間:17:00〜20:00 ※入園は19時まで
場所:上野動物園
料金:一般600円、65歳以上300円、中学生200円 ※小学生以下、都内在住・在学の中学生は無料
リンク:http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/

同じ夏は2度と来ません! 思い立ったが吉日。夏の夜へ繰り出しましょう。

<top design:tongpoo/text:K-Writer’s Club>

★Peachyの記事が楽々読める無料アプリ
iPhone版
Android版