最近老けたかも…と思ったら要チェック!若くみせたい40代さんがやめたほうがいいメイク

写真拡大 (全5枚)

ヘアメイクの森田玲子です。ナチュラルメイクには勇気がいるし、濃いメイクのままも頑張りすぎな気がしてしまう…40代になると今までのメイクが「なんか違う!」と感じはじめる方も多いですよね。今回は、ヘアメイクの筆者が40代向けメイクのポイントを3つご紹介いたします。

【詳細】他の記事はこちら

仝塗りは卒業!ナチュラルカバーのベースメイク

【ここが老け見え!】

シミやくすみ、毛穴など…あらゆる悩みをカバーしたいからと、ファンデーションをベタっと塗っていませんか?

小じわやほうれい線が目立つ上に、顔の自然な陰影まで消し去ってしまい、平坦な顔に見える原因に。

【若見えメイクポイント1】肌悩みに合った下地選び

まずは、下地の色選びに工夫を。くすみが気になる人はトーンアップ効果のあるものを。シミやクマが気になる場合は、ベージュやイエロー、オレンジ系などの暖色カラーを。

しわっぽくなりやすい人は高保湿なものをといったように、肌悩みに合った下地選びをするとファンデーションの量を減らせます。

【若見えメイクポイント2】ファンデーションはハイカバーをうすく塗る

薄付きのファンデーションを何度も重ねるよりも、カバー力の高いものを全体にうすく塗り、カバーしたい箇所にだけ重塗りする方がメイク持ちもよくなります。

手でベタベタっと塗るのではなく、スポンジを使って量の調節を!

△發Δすませない!若見えアイシャドウの色選び

【ここが老け見え!】

王道のブラウン系メイクをするときこそ、40代のアイメイクでは色選びを慎重にしましょう。

くすみのあるゴールド系のラメや、ダークブラウンの締め色、マットすぎるアイシャドウなどは、目元のくぼみやくすみが目立ち、顔全体が暗く見えてしまいます。

くっきりしすぎるブラックのアイラインも、肌の質感にマッチしにくくなります。

【若見えメイクポイント】

40代からの締め色は、マイルドなブラウン。自然な陰影が生まれ、まぶたのたるみをカバーしてくれます。

目を大きく、はっきりと見せたいときは、色を暗くするのではなく、下まぶたにも色を入れましょう。

ラメを使う時は、透明感のある繊細な発色のものがおすすめです。

4萃イ辰討覺兇鬚覆す!溶け込みリップメイク

【ここが老け見え!】

高発色なリップで唇の輪郭をきちっと縁取りすると、唇ばかりに目がいってしまい“頑張ってるメイク”に見えてしまいがち。

輪郭がぼやけているのが気になる場合は、コンシーラーで調節をしましょう。

【若見えメイクポイント】

いつも通りリップを塗ったら、ブラシや綿棒でラインをぼかします。

このひと手間だけで、唇と肌の境目が溶け込み、“唇強調メイク”がメイクの一部になり統一感が生まれます。10秒あればできるテクニックなのでぜひ試してみてくださいね。

最近老けたかも…と思ったら要チェック!若くみせたい40代さんがやめたほうがいいメイクをご紹介しました。

まだまだ若いけど、30代までとは肌の質感や似合うものの変化を感じはじめる40代。自分らしいメイクを見つけて、もっとメイクを楽しんでくださいね。