花見ピクニックに!天然素材のエコなおしゃれテーブルウエアがオーストラリアから上陸

写真拡大

春になると気候も穏やかになり、ピクニックにお花見、キャンプなど、何かと屋外で食事を楽しむ機会が増えるのでは。そんなときに持って出かけたいエコでおしゃれな食器を発見。この春、オーストラリアから日本に本格的に上陸するテーブルウエアブランド「EcoSoulife(エコソウライフ)」がそれ! 早速、広報担当の森さんに聞いてきた。
「EcoSoulife」の食器は、どれも天然素材を使用して作られていて、土に埋めると分解されて自然に還るという、環境に配慮したエコなアイテムなのだそう。竹の繊維とコーンスターチが主成分のカラフルなBiodegradable(バイオディグレイダブル)、お米の籾殻からつくられたHusk(ハスク)、ヤシの葉からつくられたPalm Leaf(パーム リーフ)、トウモロコシからつくられたCornstarch(コーンスターチ)の4シリーズがある。


なかでも、Palm Leaf(5piece入540円〜)とCornstarch(20piece入432円〜)は、冷蔵庫・冷凍庫にも対応するディスポーサブル(使い捨て)タイプで、アウトドアにはぴったりといえそう。「Palmは、ヤシの葉の質感だけでなく、一枚一枚の葉脈が違うので、見た目のデザインも楽しめます。Cornstarchは、厚みがあるしっかりとしたつくりになっており、2、3回であれば水で洗い流して使い回せるので、朝から夜まで終日楽しむキャンプなどのシーンでぜひ使用してもらいたいです」(同)


また、何度も使い回せる、Biodegradable(540円〜)とHusk(648円〜)は、自然の植物から作られたカラーとシンプルなデザインが魅力。割れにくい素材だから屋外でも安心だし、アウトドアでも、自宅のようなおしゃれなテーブルセッティングが叶う。「Biodegradableは、竹の少しざらっとした素材感や色味が一枚ずつ違い、使えば使うほど味が出ます。Huskは、籾殻から出る油分のコーティングで、なめらかな質感と高級感が特徴です」(同) いずれも食洗機で洗えるし、Huskは電子レンジ対応だから、日常使いにもいい。


「アウトドアが好きな方は、ぜひキャンプや登山などのフィールドで使用してほしいです! もちろん、日常で使っていただいたり、カラフルで楽しい食器もあるのでホームパーティに使っていただいたり、大活躍します。天然由来で作られているため、化学物質が溶け出す心配がなく安心して使えるアイテムです」(同)


おしゃれなデザインで機能的、それでいて環境にやさしいアイテムを取り入れるというのは、これからのアウトドア派大人女子の新しいスタンダードになりそう。