これを読めば眉が上手く描けない理由がわかる!初心者さんがやりがちな眉メイクの落とし穴4選

写真拡大 (全5枚)

こんにちは、アイブロウアドバイザーのasami.tです。眉毛が上手く描けないと悩んでいる方、多いかと思います。今回は初心者さんが失敗しがちな眉メイクのNGポイントと、それらを改善して眉毛をうまく描くコツのポイントのご紹介です。簡単なポイントになりますのでぜひ明日から試してみてください。

【詳細】他の記事はこちら

NG]伴茲蠅鬚垢

アイブロウペンシルで枠取りをしてから眉毛を描くのは簡単ですが、眉毛の輪郭が濃いとメイクが濃い印象になります。

今の流行りはナチュラルな眉毛です。

枠取りをせずに、ペンシルで毛が足りないところだけを狙って足していくのがポイントです。

NG¬分を除去しないで眉メイクをする

眉メイクをする時、眉の油分を除去しないままメイクしてしまうのはNGです。

眉を描き始める前に、眉毛の中までフェイスパウダーをぬりましょう!

そうすることで余分な皮脂を抑えられ、メイクの持ちが良くなります。

NGペンシルの先が太いアイテムを使う

メイクした時に眉尻が太くなってしまったり、濃くなってしまう方はアイブロウペンシルの先をチェックしてみてください。

ペン先が丸いと色がのりづらく、キレイに描くことができません。

おすすめのペンシルは繰り出しタイプのペンシルです。

ペンシルの先が細い状態の方が描きやすく、仕上がりも良くなります◎

NGぞさな鏡を使う

小さい鏡では片方の眉毛しか見ることができないため左右のバランスを確認できず、左右差が大きくなりやすいです。

そうならないためには、顔全体が映る大きめの鏡で描くのがおすすめです。

そうすると全体を見ながら書くことができるので、眉毛の左右差が少なくなります。

描くときは明るい部屋で描くと濃さなどもうまく調節しやすくなります。

また他人からは横顔の方が多く見られていますので眉メイクが完成したら横顔を鏡に映してチェックしてみてください。

いかがでしたでしょうか?眉毛はお顔の印象を左右するパーツです。

ぜひ明日からチャレンジしてみてください。