脚痩せもお腹の凹ませも。簡単習慣でタイトなボトムスが映える【ほっそり下半身】に

写真拡大


アウターなどでお腹周りや下半身のラインをごまかしやすい冬はついスタイルアップへの意識が薄くなりがちですが、やはりアウターを脱いだ時が勝負どころ。タイトなボトムスを履いていてもしなやかでスッキリとした下半身のラインをアピールできるようにしておきたいものです。そこで習慣に取り入れたいのが、お腹周りや下半身全体の引き締めが一気に叶うピラティスの簡単ポーズ【ショルダーブリッジのバリエーション】になります。

▶︎高い脚痩せ効果に注目。美脚で有名な海外モデルが実践する【細くて長い脚】の作り方

 

【ショルダーブリッジのバリエーション】

(1)腰幅に脚を開いて床に座り、体の後ろに手を着く ※手の指先は体に向けましょう
(2)肩からひざが一直線になるよう、腰を持ち上げる
(3)口から息を吸いながらつま先を真っ直ぐ伸ばして右足を持ち上げて一番上でつま先を直角に曲げ、つま先を直角に曲げたまま鼻から息を吐きながら(2)の位置まで右足を下ろす ※この動きを3回繰り返す
(4)左足も同様に(3)を行う

 

なお、実践する際は「腰が落ちて体が一直線になっていない状態」だと期待する効果が得られませんので、「骨盤の位置を固定するイメージを持って、腰位置を体と一直線にキープすること」を必ず心がけてください。

 

ピラティスのエクササイズは“回数を多くこなすよりも呼吸と動きの質が重要”とされているので、少し時間がかかってでも手順に沿って行うのがポイントになります。お腹や下半身全体のラインがキレイに整っていると脚長な印象まで生まれますから、ぜひ習慣にしてみてくださいね。<photo:カトウキギ ピラティス監修:SHIERI(インストラクター歴5年)>