桜を楽しむ季節限定ラウンジも!東京ミッドタウンで「Midtown Blossom 2016」

写真拡大

都内でお花見をするなら、桜の美しさはもちろんだけど、その周辺でどんな楽しみ方ができるかについてもチェックしておきたいもの。満開の桜と一緒にグルメやアートを満喫できるイベントは、春のデートプランにもぴったり。

2016年3月18日(金)から4月17日(日)まで、「東京ミッドタウン」では今年で9回目となる春のイベント「Midtown Blossom 2016(ミッドタウン・ブロッサム2016)」を開催する。今年のテーマは「花開く、春」で、桜やアートを通じて新芽や才能などが開花する春をイメージしているそう。

敷地内には「ソメイヨシノ」や「ヤエベニシダレ」など全8種類・約150本があり、約200mにわたって咲く「さくら通り」では、17時から23時までライトアップも行われるので、夜は幻想的な雰囲気も。

桜のみどころである「さくら通り」を臨む場所には、「ザ・リッツ・カールトン東京」がメニューを提供する季節限定の「MARTINI Blossom Lounge(マルティーニ ブロッサム ラウンジ)」が登場。世界No.1のイタリアンスパークリングワイン「MARTINI(マルティーニ)」を中心としたドリンクや、さまざまなフードメニューがいただけるそう。

例えば、「ザ・リッツ・カールトン東京」にある「ザ・ロビーラウンジ&バー」のバーテンダー・和田健太郎さん提案のオリジナルカクテル「桜ロワイヤル」(グラス600円)は、桜が散るようにグラスの中でタピオカが舞い踊るドリンクで、このラウンジでしか味わえない。

このほかに、桜色のスパークリングワインに桜の花びらのような銀箔が浮かぶ「MARTINIロゼ スパークリング」(グラス600円)など、大人のお花見を満喫できるドリンクもいろいろ。

「パルマ産の生ハム“ローマサラミ”とモルタデッラ(ソーセージ)の取り合わせや、スパイシーミックスナッツなど、おつまみ2種がついた『アペリティーボセット』(1200円)もご用意しています」と、広報担当の北村さん。


スイーツ好きの女子には、3段重ねのティースタンドに乗ったフードメニューと最高品質のスパークリングワインがセットになった「アフタヌーンスパークリングセット」(7000円〜)といった豪華メニューも。

桜マカロンや桜ジュレと赤い果実のコンポートなど、桜をモチーフにした桜スイーツ5種を一度に味わえる「桜スイーツプレート」(1800円)も、春の風情がたっぷりでおすすめ。


また、ガレリア1階には、ひと足早く桜を満喫できる花装飾「フラワーアート エキシビジョン」が登場。こちらは、田畑の畝に見立てた竹ひごの土台に桜を咲かせたもので、実力派アーティスト・野崎晶弘氏が手がけたものとか。京都・清水寺の『音羽の滝』をコンセプトにしたツリーシャワーには、3月18日(金)から30日(水)は風に舞う桜の花びらをイメージした“舞桜”、4月1日(金)から17日(日)までは新緑と春の“芽吹”が飾られるそう。

野崎氏の作品は屋外にもあり、外苑東通りに位置するガレリアゲート周辺には、「桜家紋」をイメージしたフラワーカーペットも展示される。このモチーフは、2015年にラトビア共和国で開催された「ヴェンツピルス フラワーカーペットフェスティバル」の優勝作品をアレンジしたものだとか。散策コースが華やかに彩られそう。


このほか、開業9周年を迎えるにあたり、さまざまなイベントを予定しているとか。例えば、3月25日(金)から30日(水)は各日18時、19時30分からアトリウムでゴスペルなどのパフォーマンスが楽しめる。

また、開業日の3月30日(水)には、11時からプラザ1階の「キャノピー・スクエア」で、先着500名にロゼスパークリングワイン「マルティーニ ロゼ」をふるまうそう。

爽やかな屋外ラウンジでのグルメや美しい館内装飾で、華やかな春を体感して。