美肌キープのためにおさらい! 日焼け止めの「SPF」と「PA」って何??

写真拡大

 


梅雨もあけ、いよいよ本格的に紫外線が気になるシーズンに突入しました!!

 

ヘルシーな日焼けもカッコいいけど、紫外線はシワやたるみのいちばんの原因である恐ろしいものというのも事実…。
 

そこで、日焼け止めのパッケージでよく目にする「SPF」と「PA」についてレクチャー!
表記の意味を正しく知って、万全の紫外線対策に役立ててください♪

 

 

 

SPFって何?


SPF(エスピーエフ)とは「Sun Protection Factor」の略語。
日本語でいうと「紫外線防御効果」。


large (1) 
http://weheartit.com/
 

数値が高いほど、強めに肌を守ってくれる、というざっくりした考えの人が多いと思いますが、実はこの数値、3種類ある紫外線のうちの肌を赤く炎症させる紫外線B波が肌に当たり、炎症を起こすまでの時間をいかに延長するかを表しているんです。

人によって日焼けする(炎症を起こす)までの時間には個人差がありますが、日本人の場合、大体20分程度といわれています。

 

SPF30なら30倍、SPF50なら50倍、炎症までの時間を遅らせてくれます。

 

つまり、SPF30の日焼け止めを塗った場合、
20分×30で600分(10時間)、SPF50の日焼け止めを塗った場合、
20分×50で1000分(16.6時間)、日焼けを抑制させるということ。

 

日本で認められている最大の数値は50ですが、太陽の出ている時間を考えると、SPF30あれば十分ともいわれています。

数値が高いほど、日焼けを抑制する成分を多く含むということも忘れずに★

 

 


PAって何?


PA(ピーエー)とは「Protection Grade of UVA」の略語。
日本語でいうと、「紫外線A波防御効果」。

紫外線A波は、肌老化に大きく関わるといわれ、波長が長い分、肌の奥深くまで到達し、さまざまな影響を与えます。
しかも、雲や窓ガラスも通り抜けるため、室内でも注意が必要なやっかいなもの。


large (2) 
http://weheartit.com/
 

そんな紫外線A波の防止効果を表すのが+の表記です。
現在は4つの+までがあり、+が多くなるほど効果は高くなります。
 

単純に+が多いほどいいような気持ちになりますが、+が多いほど肌が乾燥しやすくもなるので注意★
 


▼生活シーンに合わせたSPF、PAの選び方はコチラを参考に▼

全画面キャプチャ 20160726 220810.bmp 
http://www.jcia.org/

 

日焼け止めは、塗りムラや汗、摩擦などで正しく効果を発揮できないこともあるので、こまめな塗り直しは必至です!
 

シーンに合わせて、正しい日焼け止めをチョイスし、こまめに塗り直して未来の美肌をキープしましょう!


large 
http://weheartit.com/