12星座【悲観主義】ランキング 蠍座は相手の裏の裏まで考えすぎて暗くなる

写真拡大

 水が半分入ったグラスを見たとき、水がまだ半分あると思うか、もう半分しかないと思うかで楽観的か悲観的かがわかるといいます。どちらがいい、悪いではないのですが、悲観的な人は物ごとを後ろ向きに考えてしまいがちな分、人生において損をしていると言えるかもしれません。今回は、そんな損な性分である悲観主義者を12星座ランキングでご紹介します。

■第1位 山羊座……「不足分」が気になって人生を楽しめない
 冒頭のグラスのたとえではありませんが、山羊座は可能性より足りない現実に目を向けるタイプ。というのも山羊座には、楽観的な姿勢はすなわち油断や自堕落に通じるという考えがあるから。そのため、どんなに成功しても「自分スゴイ」とはならず、まだまだと思う気持ちを持ち続けます。下を見て優越感に浸るより、上を見て自分の不甲斐なさを恥じるのです。山羊座の野心を底支えしているのは、実は悲観的思考であるかもしれません。

■第2位 蠍座……何ごとも「必ず裏がある」と思う人
 蠍座は、物ごとを額面通りには受け取らないタイプ。必ず裏の裏まで考えて、挙げ句の果てには疑心暗鬼に陥ります。もちろん、人を信じることもできません。たとえ相手が親友や恋人であろうと、つねに警戒する気持ちを持ち続けます。そんな蠍座ですから、ささいな裏切りも許すことができず、ネガティブな感情にのみ込まれてしまいます。もしも人生に絶望しそうになったら、「ま、いっか」という言葉が持つハッピーパワーを取り入れてみましょう。

■第3位 乙女座……「浮き足立つのは危険」という考えの持ち主
 乙女座は、心配症が高じて悲観的になりやすいタイプ。たとえば、仕事も人間関係も好調で波に乗っているようなときでも、つい最悪な事態を想像して守りに入ろうとします。「もしも」に備えようとするのです。そのため、乙女座は大きな失敗が少ない変わりに、そうした後ろ向きの姿勢がわざわいして、ビッグチャンスをつかみ損ねてしまうことが。安全第一的に小さくまとまるのもいいですが、ときには手放しで大らかに人生を楽しみましょう。

 第4位は、お気楽なイメージの双子座。意外に根暗で、物ごとの悪い面に目を向けるタイプです。双子座が刹那的なのは、バラ色の人生なんて信じていないからでしょう。第5位は、退廃的なムードや終末論が好きな魚座。前向きより後ろ向きのほうがカッコイイと思っているフシがあります。

 第6位と第7位は、悲観的というより現実的な天秤座と牡牛座。うがったものの見方はしないかわりに、徹底したリアリズムで現実をとらえます。どちらかというと、天秤座のほうが少しだけマイナス思考かもしれません。

 第8位は、ブレない水瓶座。「人生は自分の意志」をモットーに、悲観的にも楽観的にもならず、意思的な人生を歩みます。 第9位は、気分屋の蟹座。情緒不安定ながら意外に根アカなタイプで、明るい未来を無邪気に信じています。

 第10位は、太陽の申し子・獅子座。明るく輝くことだけを望んでいる獅子座ですから、悲観的な気配はまるでありません。 第11位は、自分大好きな牡羊座。自分のやることに間違いはないと思っているため、何ごとにも極めて楽天的です。

 そして第12位は、楽天家の代名詞である射手座。「自分は大丈夫」という根拠のない自信に支えられ、無謀な賭けや決死の冒険に余裕の態度で臨みます。大失敗を喫しても「なんとかなる」という蘇りの呪文ですべてオーライに。いくつになっても非現実的なほど壮大な夢を描き続けるのです。

 悲観主義者はたしかに損な性分です。でも、慎重なため、堅実な人生を築きやすいというメリットがあります。一方、楽観主義者は自分の能力や可能性を大きく見積もりがちなところから人生をしくじってしまうこともあるでしょう。自分のタイプの長短を見極めて、いい人生を歩んでくださいね。
(月星七海)