自分のスタンスを貫きながら。北村 諒「柔軟に対応できる役者でありたい」

小説・西尾維新×イラストレーション・中村 光の初タッグ作品となる「十二大戦」(集英社刊)が舞台化。十二支の名を宿す12人の戦士たちが、“1つだけ叶えられる願い”を賭けて戦う。2017年10月から12月までテレビアニメが放送され、Webマンガ誌「少年ジャンプ+」では、暁月あきらによるマンガ版が連載中とあって、舞台ならではのバトルロイヤルに注目が集まる。

2018年5月4日の開幕を直前に控え、ライブドアニュースでは、キャストとスタッフにインタビューを行い、さらに稽古場にも潜入。舞台「十二大戦」の魅力を全3回にわたってお届けする。

第1回は、寝住(ねずみ)役・北村 諒のインタビュー。寝住は、毎日不景気な面をして学校に寝に来ている、夢も希望もなさそうな現役高校生。「常に眠いのは僕も同じです(笑)」と北村自身がコメントを寄せているように、共通点は多そうだ。

撮影/すずき大すけ 取材・文/野口理香子
ヘアメイク/山崎照代(viviana)
デザイン/前原香織

「舞台「十二大戦」」特集一覧

アニメを見るときは、完全に“仕事脳”になってる(笑)

舞台「十二大戦」の出演オファーが来たときにどう思いましたか?
寝住役か、と。
え、その反応はどうして?
だって、アニメの中盤、ほとんど出てこないから。「あれー?」って。というのは冗談ですけど(笑)。最初にお話をいただいたときは、作品を知らなかったんですが、アニメが始まって。それがめちゃくちゃ面白くて。これをやるんだ!とうれしくなると同時に、大変そうだな……とも思いました。
大変そうというのは?
舞台としてどう見せるのか、というところですね。干支の名を宿す12人の個性豊かなキャラクターたちが登場して、それぞれの生き様・死に様が描かれていて……それらを舞台でどう表現できるのかっていう。
原作ものをやるプレッシャーってありますか?
あります。お前、マジかよ!って思われたらどうしようっていうのは……。ファンの方に、どんな感じに見られているんだろうとか、多少は気になります。でも、寝住は僕のイメージに近いと思うから、たぶん大丈夫じゃないかな……。
何を考えているのかわからなかったり、眠たそうにしていたりするところとか、北村さんっぽいですよね(笑)。
僕だなって(笑)。12人の戦士の中だったら、僕に一番近いのは寝住だろうなと思いました。
寝住の衣装を着てみて、どうでした?
戦闘服にしては、心もとなくない?って。肌が……右足でとるやん(笑)。それに防具をとったら全身タイツですから。着てみた感想は「風通しがいい」ですね。動きやすくていいんですけど。
寝住以外に、お気に入りのキャラクターはいますか?
えー誰だろう……憂城(うさぎ)かな。相当、狂気じみてますよね。この衣装じゃなかったら、憂城がやりたいです!(笑)
ビジュアルが発表されたとき、憂城の衣装のインパクトが何より大きくて。
いやー、憂城に全部持っていかれましたよね。(才川)コージ、鍛えてるなぁと思いながら。
アニメでは、寝住の声を堀江 瞬さんが担当されていますが、声優さんの芝居に影響を受けたりしました?
ケースバイケースだとは思うんですけど、僕は「声を寄せよう」と思ったことは一度もないです。癖などは参考にさせていただいています。寝住の空気感だったり雰囲気だったり、性格から近づいていくほうが、自分なりの寝住になれるんじゃないかなと思います。
少し脱線しますが、北村さんはもともとアニメ鑑賞が趣味ですよね。それが仕事につながるようになった今、純粋な気持ちでアニメを見られないこともありますか? ついつい仕事目線になったりとか。
あー……、昔は好きなアニメを見まくってたんですけど、今は見る時間が限られてきちゃって。仕事関係の作品を資料として参考に見ているし、アニメの見方も変わってきたんだと思います。この役やりたいなーとか、これはカッコいいだろうなーとか、でも舞台でやるのは難しそうだなーとか、めっちゃ考えますよ。完全に仕事脳ですね(笑)。
だから旧Twitterのヘッダーは、『ヨスガノソラ』の穹ちゃんのまま変わらないんですね。「男性は1クールごとに嫁が変わる」と言う声もあるけれど。
僕の嫁は、昔から変わらないです(笑)。

稽古場に何を持ってく? 北村 諒のカバンの中身

すみません、話を「十二大戦」に戻しますね。稽古場の雰囲気はどうですか?
楽しいですよ! 本編は殺伐としているので、稽古場の雰囲気は楽しくできたらいいな、役者同士が無償で協力しあえるような関係性を作れたらいいな、と思いながらやってます。
キャストの半分くらいは初めましてですよね。初対面の方といきなり芝居をあわせるっていうのは、すごく緊張しそうな。
まぁドキドキですよね。どんな芝居をするんだろう?とか、どう見られてるんだろう?とか。めっちゃ怖いですよ。でも今回、(脚本・演出の)伊勢(直弘)さんが本格的な稽古が始まる前にレクリエーションをひらいてくれて。みんなの結束力を高めあっていこう、と。そこで交流できる時間があったから、芝居にすんなり入りやすかったです。
北村さんの稽古時のファッションや持ち物についてもお伺いしたいのですが、稽古着のこだわりってあるんでしょうか?
こだわりは……とくにないですが、動きやすければ!(笑) アディダスやリーボックのジャージなど、ファンの方から差し入れでいただくことが多くて、ありがたく使わせていただいています。
カバンの中身は?
稽古着、着替えのTシャツ、台本、筆記用具、充電器、イヤホン……。
稽古前にテンションをあげるために、この音楽を聴く!みたいな?
最近、全曲シャッフルで聴くことが多くて。久々に聴いてテンションがあがる曲ってありません? それを楽しんでます、今(笑)。
飲み物や食べ物は常備してます?
してます。これ(と、「ステラおばさんのチョコチップクッキー」を取り出す)。大好きなんです。世界一うまいチョコチップクッキーだと思ってます。
甘党なんですね。ところで、共演者のカバンの中身って見たりします? 「え、こんなの持ってくるの!?」って驚いたこととか。
全然見ないからわからない(笑)。……あ、別の現場ですけど、原ちゃん(原 勇弥)がヌンチャクを持ってきてたことがあって。ヌンチャクできるんですよ、彼。そのとき見せてくれて、「おぉ、スゲぇ!」ってなりました。けど、以上!っていう。何に役立つものかよくわからない(笑)。
(笑)。舞台「おそ松さん on STAGE」や舞台「青の祓魔師」で、原さんとの共演が続いていますね。
最近ずっと一緒ですね。原ちゃんは、いじりがいのある年上。面白い役者さんだなって思います。自分に持ってないものをたくさん持ってるので、素直に尊敬できますし。本人が顔合わせのときに言ってたんですけど、ムードメーカーらしいので、そこは期待してます(笑)。

セリフ覚えは早いほう。「出ていくのも早いけど(笑)」

最初に台本を読んだときの印象はいかがでしたか?
舞台でこうお客さんに見せていくんだ、みたいな。それはやっぱりアニメとは違った見せ方であって、流れは一緒ですけど、お客さんに伝えるものとして再構成された舞台としての「十二大戦」だなと、すごく感じましたね。
台本を読んだだけで、こういう舞台なんだって頭の中である程度、想像できちゃうものですか?
や、なんとなく……です。それにあんまり強くイメージを持たないようにしてますね。
これまでいろんな脚本家の方とお仕事をされてきたと思いますが、書く人によって、脚本から受けるイメージも違うと思うんですが、伊勢さんの場合はいかがですか?
伊勢さんの脚本は、「十二大戦」に限らず、言葉遊びが特徴的というか。シンプルに「〜だろ?」「あぁ」「そうだよな」みたいなポンポンポンっていう掛け合いじゃなくて、「それは〜だから、〜で、〜だろ?」「いや、それは〜で、〜だから、〜だよ」という感じで、ひとりのボリュームが多い。
舞台「おそ松さん on STAGE」の脚本も伊勢さんが携わっているんですが、言葉で遊んでたり、けっこうテクニックが必要になってくるんですよね。そこは伊勢さんの魅力だし、そういう意味でも「十二大戦」という作品はあっているなぁと思いました。
セリフを覚えるのは得意ですか?
どうでしょうね……? 比較的、早いほうだと言われますけど、みんな早いですからね。みんなスゴいなって思います。
覚えるコツとかあるんですか?
僕の場合は、家でひたすら読んで、なんとなく頭に入れて、あとは稽古場で最終調整。そこでしっかり入れ込む、みたいな。家ではふわっとしか覚えないんです。どこに立って誰に向かって言うのか、とか、そういうのも全部一緒に覚えるんですよね。動きながらじゃないと、逆に覚えられなくて。僕にはこのやり方があってるみたいです。
へー、スゴい……。複数の作品を並行して進めることもあるのに、頭の中どうなってるんでしょう……。
でも、出ていくのも早いです。舞台が終わってしばらくすると、「あれ、何だっけ?」って。インプットするのも、出ていくのも早いんです(笑)。
さきほど、伊勢さんの脚本はひとりのセリフ量が多いとおっしゃっていましたが、それは演じる側としては大変なのでしょうか。
けっこう大変ですね(笑)。でも面白いし、そこは頑張りたいなって思ってます。僕、演出家としての伊勢さんは初めてなんですよね。
そうですよね。これまでは脚本家としての伊勢さんとお仕事をされてきたけれど。
なので、もっとこう、ふざけたおじさんだと思っていたんですけど(笑)。演出家としての伊勢さんは、とっても丁寧で、緻密で。役者に必要なことをわかりやすく伝えてくれるし、あえて伝えないで考えさせることもあるし。伊勢さんが演出をつけているのを見て思ったんですけど、気持ちをすごく大切にされる方だなって。お芝居をしている上での、自分の中のちょっとした矛盾――本当はそう思ってないけど、その言葉が出てるよね、みたいな――を察知する能力が高いんだと思います。いい方向に導いてくれるなと思いましたね。
伊勢さんは北村さんのことを「とても柔らかい役者さんだ」と。自分の芯がしっかりあるけど、演出家や周りの役者にあわせて変えていける。そこがとっても素敵だとおっしゃっていました。
ありがとうございます……!(照) 自分のスタンスを変えずに貫き通すのも大事だし、僕自身もそう思う一面もあるんですけど。自分がありつつも、周りの人にあわせていくことが、僕にはあっているのかなって。なので、柔軟でありたいなと思いますね。
北村 諒(きたむら・りょう)
1991年1月25日生まれ。東京都出身。A型。舞台『弱虫ペダル』シリーズで東堂尽八を演じ、注目を集める。最近の出演作品は、舞台『刀剣乱舞』(薬研藤四郎役)、舞台「おそ松さん on STAGE 〜SIX MEN’S SHOW TIME〜」(一松役)、ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」〜暁の調べ〜(サイ役)、『あんさんぶるスターズ! オン・ステージ』(鳴上 嵐役)、舞台「青の祓魔師」(奥村 燐役)など。映画『刀剣乱舞』は2019年公開予定。

「舞台「十二大戦」」特集一覧

出演作品

舞台「十二大戦」
(原作:西尾維新「十二大戦」(集英社刊))
神戸:2018年5月4日(金)〜5月5日(土)@新神戸オリエンタル劇場
東京:2018年5月9日(水)〜5月13日(日)@シアター1010
※5月11日(金)14:00〜Do As Infinity『化身の獣』SPライブ付追加公演決定!
○公式サイト:http://12taisen-stage.com/
○公式Twitter:@12taisen_stage
©西尾維新・中村光/集英社 ©エイベックス・ピクチャーズ株式会社

サイン入りポラプレゼント

今回インタビューをさせていただいた、北村 諒さんのサイン入りポラを抽選で3名様にプレゼント。ご希望の方は、下記の項目をご確認いただいたうえ、奮ってご応募ください。

応募方法
ライブドアニュースのTwitterアカウント(@livedoornews)をフォロー&以下のツイートをRT
受付期間
2018年5月1日(火)18:00〜5月7日(月)18:00
当選者確定フロー
  • 当選者発表日/5月8日(火)
  • 当選者発表方法/応募受付終了後、厳正なる抽選を行い、個人情報の安全な受け渡しのため、運営スタッフから個別にご連絡をさせていただく形で発表とさせていただきます。
  • 当選者発表後の流れ/当選者様にはライブドアニュース運営スタッフから5月8日(火)中に、ダイレクトメッセージでご連絡させていただき5月11日(金)までに当選者様からのお返事が確認できない場合は、当選の権利を無効とさせていただきます。
キャンペーン規約
  • 複数回応募されても当選確率は上がりません。
  • 賞品発送先は日本国内のみです。
  • 応募にかかる通信料・通話料などはお客様のご負担となります。
  • 応募内容、方法に虚偽の記載がある場合や、当方が不正と判断した場合、応募資格を取り消します。
  • 当選結果に関してのお問い合わせにはお答えすることができません。
  • 賞品の指定はできません。
  • 賞品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
  • 本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。
  • 個人情報の利用に関しましてはこちらをご覧ください。
ライブドアニュースのインタビュー特集では、役者・アーティスト・声優・YouTuberなど、さまざまなジャンルで活躍されている方々を取り上げています。
記事への感想・ご意見、お問い合わせなどは こちら までご連絡ください。