いっぱい食べる子って無防備に見えて素敵。崎山つばさと神楽坂で食べ歩きデート

今年は主演舞台『幕末太陽傳 外伝』の佐平次役、『LOOSER〜失い続けてしまうアルバム〜』のシゲ役、主演映画『クロガラス』の黒斗役として舞台や映画で活躍。そして、崎山つばさ with 桜menとしてアーティストデビューを飾ったときなど、多くの場面で和装姿を見せる崎山つばさ。彼の大人で温かな雰囲気は、“和”と絶妙にマッチする。

そんな崎山と、東京の古きよき香りを残す神楽坂で、まったり食べ歩き散策。クリームパンを「あーん」してくれたり、「どれがいいかな?」と肩を並べて雑貨を選んだり…彼の優しさや気遣いを近くで感じられそうな、ふたりきりの浴衣デートを堪能してほしい。

撮影/ヨシダヤスシ 取材・文/渡邉千智 制作/iD inc.
スタイリング/吉田ナオキ ヘアメイク/猪狩友介(Three PEACE)
撮影協力/亀井堂、神楽坂五十番 総本店、ジェラテリア テオブロマ神楽坂店、神楽坂ねこの郵便局というなまえのお店

「浴衣男子2019」特集一覧

スペシャル動画を公開中!

浴衣デートはベタにお祭りへ。一緒に食べ歩きがしたい

崎山さんは和装のイメージが強いですよね。
和モノの舞台なども多くて、たしかにお仕事で着させていただく機会は多いですね。ほかの俳優の方と比べると着慣れているほうかもしれないです。和装は背筋が伸びるというか、シャキッとするので好きですね。
今回は浴衣を着ていただきました。
僕は青系の色が好きで、用意してもらった浴衣のなかに紺色のものがあったので、柄も可愛かったし、これにしました。

紺色だったら帯は黄色が合うかな?と思ったんですけど、赤を合わせてみたら思いのほか素敵だったので、赤色にしてみました。
とてもお似合いです。浴衣をプライベートで着ることはありますか?
なかなかないですね。毎年この時期は着たいなと思うんですけれど。
小さい頃に着たことは?
花火大会に行くときに着ていました。甚平より浴衣派でしたね。
今回は「食べ歩きデート」という設定で撮影させていただきましたが、崎山さんから見て、浴衣女子っていかがでしょうか?
めちゃめちゃアリです! 普段見られない格好だし、レアじゃないですか。

それに僕、髪をアップにしている姿が好きなんです。浴衣を着るときは髪をアップにする方が多いと思うので、余計にグッときます。
お団子、ポニーテール…髪をアップにするにもいろいろありますが、とくにどういう髪型が好みですか?
全部! うなじって女の子らしくて可愛いですよね。ヘアゴムを口にくわえて髪をまとめている姿とか、すごくいいな〜って思います。
浴衣女子とデートをするなら、どんなプランを考えますか?
そうだな。あんまり歩かせたくないですよね。何だろうな〜…皇居の周りを走るとかですかね?
歩くよりハードに(笑)。
キツくなったら、ちゃんとおんぶしてあげますので(笑)。
それはそれでうれしいですけれど(笑)。
(優しく微笑んで)ははは。話を戻すと、僕はベタなのが好きなので花火大会とかお祭りがいいかな。僕、出店で買う焼きそばが好きなんですよ。プラスチック容器に入っているあの感じが昔から好きで。お祭り会場で一緒に食べ歩きしたいですね。
いっぱい食べる女の子はどうですか?
素敵だと思います。食べる姿って無防備な感じがして好きです。
読んでいるファンのみなさん、きっと喜んでいっぱい食べちゃいますね。
あはは! デカデカと書いてください(笑)。
ちなみに、何を食べていたら可愛いと思いますか?
あんまりこだわりはないですけど、女性が利き手でないほうの手で髪を耳にかけながら、利き手でパスタを食べる姿は好きです。腕のクロスの法則、みたいな(笑)。でも、おいしく食べているなら、何でもいいかな。

千葉から2時間かけてレッスンに。神楽坂は思い出の場所

崎山さんがプライベートで食べ歩きをされることは?
学生の頃に友達と、横浜の中華街や上野のアメ横に行ったときは食べ歩きをしていましたけど、最近はもう行ってないですね。やっぱり家で静かに食べたい(笑)。
そんななか、ありがとうございます(笑)。お店を回ってみていかがでしたか?
亀井堂のクリームパン、おいしかったです。生地はモチモチ、ふわふわで、クリームもそんなに甘すぎなくて。さすが、お昼には売り切れてしまうだけのことはありますよね!
とくに気になったところは?
“ねこの郵便局というなまえのお店”かな。僕自身、雑貨屋が好きなのもあるし、あれだけ猫の雑貨がたくさんあるのははじめて見たので面白かったです。あんなに猫を愛せる店主さんもすごく素敵だなって。
撮影中も「気になるものがありすぎる」っておっしゃっていましたもんね。
本当に。ずっといられそうなくらい興味深いところでした。
神楽坂には思い出があるそうですね。
高校生の頃に、演技や歌のレッスンのため神楽坂に来ていました。毎週土曜日に、千葉から2時間かけて通っていましたね。
きょう歩いてみて、当時のことを思い出したりも?
思い出しました。裏の通りにある白銀公園に男3人で待ち合わせしてレッスンに行っていたな〜って。当時見ていた景色とちょっと違うところはあったけれど、白銀公園はそのままで懐かしかったです。
レッスン後に神楽坂をゆっくり巡ったことは?
なかったですね。高校生で、家が遠かったこともあるし、レッスンが終わったらまっすぐ家に帰っていました。慣れない東京にひとりでいることが怖かったのか、冒険心もなく、早く帰りたいっていう気持ちがあったのかもしれないです(笑)。
▲ジェラートはミルク味とトロピカルフルーツ味をチョイス。崎山さん曰く「暑いから、夏らしい味にしました!」とのこと。
では、崎山さんが「夏」と聞いて思い浮かべるものといえば?
そうめん! 大好きなんですよ。そうめんの上に、みかんの実と氷をのせて食べるのが崎山家ではメジャーでした。夏は暑いですし、さっぱりするものが食べたいですよね。
涼しげですよね。今も夏になるとそうめんを食べますか?
毎年、夏になると食べます。
お料理上手な崎山さんですから、そうめんを使ったアレンジレシピを考えられたりも…?
はい、やります。ツナや野菜をあえるサラダそうめんは鉄板ですよね。あとパスタ代わりにそうめんを使ってみたりもします。3分でできちゃうから時短だし、いいですよね。「kurashiru」というレシピアプリはよく見ていて、参考にしていますよ!
▲「食リポは得意じゃないんですよね」と言いながらも、ジェラートを頬張ると「口のなかがイタリア〜!」と独特な食リポを披露。お茶目な姿を見せ、撮影中も場を和ませてくれた。

約10年ぶりの制服に、「イケんのか?」と思った(笑)

8月7日には、11ヶ月ぶりとなるシングル『Salvia/太陽系デスコ』をリリースされます。『太陽系デスコ』のMVでは、制服姿を披露していますね。
原曲はボカロ楽曲で、その動画でもキャラクターたちが制服姿で宇宙人の触覚を付けているんです。MVもそれをモチーフにしています。

僕の高校もブレザーだったし、10年ぶりくらいに制服を着ることができて懐かしさを感じていたのですが、自分でも「イケんのか?」とは思いました(笑)。見た人が「まだイケる」って思ってくれたらうれしいけど、「キツい」って思われたら二度と着ないかな(笑)。
判断は見てくださる方に委ねる、と(笑)。
はい。自分ではどうかわからないので(笑)。
振り付けは、『ダンシング☆サムライ』に続き、DA PUMPのTOMOさんとKENZOさんがご担当されています。
前回は“歌舞伎ダンス”でしたけれど、今回は“ビリビリダンス”という、ライブで一緒に踊れるダンスになっています。キャッチーで楽しいですし、簡単で覚えやすいんですよ。

TOMOさんもKENZOさんも教え方が違って、振り入れのときもすごく面白かったです。TOMOさんは細かく優しく指導してくださるんですけど、KENZOさんはとにかく勢い(笑)。すぐ「パーフェクト!」って言ってハイタッチするし、握手もするし。盛り上げ方が上手で、楽しい気分でダンスを教えてもらってます。

対極のふたりが教えてくれるおかげで、振りもスムーズに覚えることができましたね。
『Salvia』は、「夏の終わりの切なさ」をテーマに、崎山さんが歌詞を書かれたんですよね。
メロディラインも切なげな感じでしたし、歌詞は、聴いた方にいろんな解釈をしていただけるようにしたいと考えていました。

夏の終わりといっても単に季節の終わりというだけでなく、恋が終わる人もいるでしょうし、何か積み上げてきたものが終わる人もいるでしょうし。ひとえに“夏の終わり”だけに縛られるのではなくて、“終わり”にまつわる曲にしたかったんです。
「かげろう」や「夢花火」などの趣を感じる言葉選びは、崎山さんらしさが出ているのかなと感じました。
歌詞を書かせていただくのは3回目なのですが、最初は本当に難しくて苦戦したんです。提出したときに「もう少し、人が思いつかないような崎山つばさらしい言葉で作ってほしい」と言われて。

それから僕らしさや、僕のなかにあるイメージを大事に、言葉を選んでいくようにしています。それは『Salvia』でも同じですね。
タイトルが『Salvia』という花の名前なのはどうしてですか?
ちょうど発売日である8月7日の誕生花なんです。サルビアは夏から秋にかけて咲く花で。曲のテーマは“夏の終わり”なんだけれど、サルビアは(リリース日くらいから)咲きはじめる…みたいな。逆説的な意味を込めています。

花言葉も前を向けるようなものだし、歌詞と照らし合わせながら書きました。いろんな意味のある花なので、ここからもいろんな解釈をしていただきたいなと感じています。
普段、歌詞はどういうふうに書かれるのでしょうか?
曲調やそのときの自分の状況によって全然違うのですが、今回は仕事の合間で…という感じだったので、ホテルや公演帰りの新幹線のなかで書くこともありました。

「さぁ、書くぞ!」というよりは、普段生活しているなかで思いついた言葉を書き記しておいて、時間ができたときにそれをまとめてみようかな、というスタンスです。

「崎山つばさといえばコレ」と活動を決めつけたくない

10月1日には東京、10月4日には大阪でワンマンライブも開催されます。
去年のクリスマスにやったファーストライブ以来なので、11ヶ月ぶりですね。はじめてライブのステージに立ったときの感触は、何だか「生きてるな」って感じ。もちろん、舞台でもそういう感覚がありますけれど、ライブでは常に「生きてる」って感覚が強くて。
お客さんからの熱気などもダイレクトで伝わりますしね。
そうなんです。それをすごく感じて。どの仕事もそうなのですが、“自分らしさ”みたいなものを大事にしたくて、ライブもあまり決め込みすぎず、決めなさすぎずで臨みました。

コールアンドレスポンスもあまり事前に決めないでステージに立って、その場で出たものを大事にしようと思っていたんですけど、僕を応援してくださる方はみんな反射神経がスゴくて。僕のアクションにすぐ反応してくれるんです。僕自身、みなさんを信頼してぶつかっていく感覚がありました。
とても素敵な関係性です。
むしろ、斜め上を見せられたというか。『ダンシング☆サムライ』のときも、ライブでははじめて披露したのに、もうコールができていて! この結束力はスゴいなと、びっくりしました。イヤモニをしていても聞こえたので、みなさんとても大きい声で言ってくれていたんだなとうれしかったです。
10月のライブでは、『太陽系デスコ』の“ビリビリダンス”を一緒に踊ったり…?
はい、みんなで一緒にビリビリダンスをしましょう! SNS上でも「#ビリビリダンス」で盛り上げてください(笑)。
アーティスト活動もですが、7月には出演映画『広告会社、男子寮のおかずくん』が公開され、8月末からは主演舞台『幽☆遊☆白書』と、幅広いジャンルで崎山さんの活躍を見る機会が増えました。お仕事選びについては、何か軸を考えているのでしょうか?
とくに考えていないです。「崎山つばさといえばコレ」って決め込みすぎるのは好きじゃないし、応援してくださるみなさんにもあまり思ってほしくなくて。

俳優業とアーティスト活動は今やりたいことだから、一生懸命やる。舞台に出ることも、CDを出せることも、当然のことではないことはわかっています。そういう気持ちを忘れずに、ファンの人に「今」伝えたいことを表現していけたらと思っています。

もちろん、今後「自分がやりたいこと」は変わっていくと思います。だからこそ、それに柔軟に対応できる人間でありたいなと思って、今は取り組んでいます。
崎山つばさ(さきやま・つばさ)
1989年11月3日生まれ。千葉県出身。B型。2014年に俳優デビュー。2015年、ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズで石切丸役を演じて注目を集める。2017年には崎山つばさ with 桜menとしてCDデビューを果たし、アーティスト活動も積極的に行っている。主な出演作に、舞台『煉獄に笑う』(曇 芭恋役)、舞台・ドラマ『御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-』(逢坂翔平役)、主演映画『クロガラス』(黒斗役)、主演舞台『幕末太陽傳 外伝』(佐平次役)など。8月28日からは、主演舞台『幽☆遊☆白書』に浦飯幽助役で出演する。10月1日(火)には新木場スタジオコーストで、10月4日(金)にはZepp Nambaでワンマンライブが行われる。

「浴衣男子2019」特集一覧

CD情報

『Salvia/太陽系デスコ -崎山つばさver.-』
8月7日(水)リリース


左から[CD+DVD+24Pブックレット]、[CD+DVD (A)]、[CD+DVD (B)]、[CD only]

[CD+DVD+24Pブックレット] ¥2,500(税別)
[CD+DVD (A)] ¥1,850(税別)
[CD+DVD (B)] ¥1,850(税別)
[CD only] ¥1,200(税別)

サイン入りポラプレゼント

今回インタビューをさせていただいた、崎山つばささんのサイン入りポラを抽選で3名様にプレゼント。ご希望の方は、下記の項目をご確認いただいたうえ、奮ってご応募ください。

応募方法
ライブドアニュースのTwitterアカウント(@livedoornews)をフォロー&以下のツイートをRT
受付期間
2019年8月2日(金)12:00〜8月8日(木)12:00
当選者確定フロー
  • 当選者発表日/8月9日(金)
  • 当選者発表方法/応募受付終了後、厳正なる抽選を行い、個人情報の安全な受け渡しのため、運営スタッフから個別にご連絡をさせていただく形で発表とさせていただきます。
  • 当選者発表後の流れ/当選者様にはライブドアニュース運営スタッフから8月9日(金)中に、ダイレクトメッセージでご連絡させていただき8月12日(月・祝)までに当選者様からのお返事が確認できない場合は、当選の権利を無効とさせていただきます。
キャンペーン規約
  • 複数回応募されても当選確率は上がりません。
  • 賞品発送先は日本国内のみです。
  • 応募にかかる通信料・通話料などはお客様のご負担となります。
  • 応募内容、方法に虚偽の記載がある場合や、当方が不正と判断した場合、応募資格を取り消します。
  • 当選結果に関してのお問い合わせにはお答えすることができません。
  • 賞品の指定はできません。
  • 賞品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
  • 本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。
  • 個人情報の利用に関しましてはこちらをご覧ください。
ライブドアニュースのインタビュー特集では、役者・アーティスト・声優・YouTuberなど、さまざまなジャンルで活躍されている方々を取り上げています。
記事への感想・ご意見、お問い合わせなどは こちら までご連絡ください。