「いいかげん」ではなく「良い加減」。先輩に学び後輩につなぐ、片岡愛之助の教え

人気漫画『ONE PIECE』と歌舞伎のコラボレーション、スーパー歌舞伎II『ワンピース』。歌舞伎の伝統芸に加えて、CGやプロジェクションマッピングを効果的に使った斬新な演出を、次から次へと繰り出すスピーディーな展開と、見る者を圧倒する“エンターテインメント”な空間――その評判は瞬く間に口コミで広がり、原作ファンや歌舞伎ファンのみならず幅広い世代から支持を集めた。

そして、主人公は海賊から忍者へ。ライブドアニュースでは、この夏に上演される、新作歌舞伎『NARUTO -ナルト-』を特集。400年の伝統を受け継ぎながら、常に新しいものを生み出そうと奮闘する歌舞伎俳優たちにインタビューをおこなった。

第2回は、うちはマダラ役の片岡愛之助。市川猿之助とダブルキャストで本役を演じる。漫画と歌舞伎のコラボレーションである新作歌舞伎について、そして自らがさまざまなジャンルに出演し続ける理由について、じっくりと語ってくれた。

撮影/熊谷仁男 取材・文/高橋彩子 制作/アンファン

「新作歌舞伎『NARUTO -ナルト-』」特集一覧

高尚芸術と思われがちだけれど、歌舞伎はもともと現代劇

和と洋のコラボ歌舞伎“システィーナ歌舞伎”をはじめ、三谷幸喜の舞台や宮本亜門のミュージカル、さらには秋からの朝ドラ『まんぷく』に、池井戸 潤原作の新作映画『七つの会議』など、さまざまなジャンルの作品に出演している愛之助さんですが、今回、新作歌舞伎『NARUTO -ナルト-』にご出演を決めた理由を教えてください。
こういう企画には大賛成なんです。漫画と歌舞伎のコラボレーション! 僕自身、和と洋のコラボレーションをテーマとする“システィーナ歌舞伎”を長年勤めさせていただいていますし、『ワンピース』は拝見して好きでしたから、面白いんじゃないですか、と。
漫画『NARUTO -ナルト-』はご存知でしたか?
超大作なので途中までですが、昔、読んだことがあるんですよ。子どもたちが切磋琢磨しながら育ち、師匠のもとでの修行を経て旅立っていく物語は、僕らの歌舞伎の世界と重なるところがあって面白いなと思います。まさか自分がラスボスをやらせていただけるとは思ってもいませんでしたけど。今回、G2さん(演出)とご一緒するのははじめてなので、どんな脚本をお書きになり、どう演出されるのか気になっています。あくまでも“歌舞伎”として作るということなので、楽しみであり、勉強にもなりそうですね。
システィーナ歌舞伎では、フラメンコなども取り入れるなど、斬新な試みをなさっていますね。
『美女と野獣』やオペラの『フィガロ』なども題材にしてやらせていただきました。こういうことは歌舞伎のために必要だと思うんです。今は高尚芸術のように言われ、敷居が上がってしまったように思われていますが、もともと歌舞伎は現代劇。実際にあったお家騒動や心中事件を、作家が書いて役者が演じたわけで、つまり今で言うワイドショーのようなものですよね。
そうですよね。
髪型だって、僕らはかつらを被りますが、当時はそれが普段のヘアスタイルだった。それが時を経て古典になるわけですから、ひょっとしたら100年後には『NARUTO -ナルト-』も古典になってるかもしれませんよね。
そもそも「傾く(かぶく)」という言葉から「傾き者」となり、「歌舞伎」となったわけですから、傾く魂を忘れないことが重要だと、先輩方からも教わりましたし、先輩方の背中を見てもそう思います。
新作歌舞伎の場合、これは歌舞伎なのかどうか、という議論が起きることもありますが、その線引きについては、愛之助さんはどのようにお考えですか?
基本的には、僕ら歌舞伎俳優がやればすべて歌舞伎。ですので、あまり線引きは意識していません。今回の舞台がどのようなものになるのかはわからないですが、普段よく思うのは、歌舞伎らしい要素があるところと、そうではないところとのメリハリが大きいほうが、新作歌舞伎などは面白いのではないかということ。たとえば、歌舞伎のパロディが含まれているところがある場合は、きっちり歌舞伎として演じたほうが面白味が出て良くなることが多いですね。

どんな役でも真摯に頑張ることが、明日への近道

今回は坂東巳之助さんと中村隼人さんが2枚看板となり、愛之助さんと猿之助さんの“うちはマダラ”に立ち向かいます。先輩から見て、おふたりはいかがでしょう?
巳之助くんも隼人くんもお芝居に貪欲ですよね。そんなにたくさん共演しているわけではありませんが、機会があると、声の出し方や道具の使い方などを熱心に聞いてきます。
歌舞伎では、お役によって声の出どころが違うんですよ。町人の声、侍の声、大敵の声……。出た瞬間に、その人がどんな人なのかをすべて表すのが役者。僕もそれを師匠や先輩方から教わりましたから、聞かれれば伝えるようにしています。
彼らのような20代から40代にかけては、初役の大きなお役ばかりをやらせていただく時期。40代後半ぐらいから応用編になります。ですから今は、引き出しをひとつでも多く作ることが勉強。今回は客観的に見てくれる演出家がいますから、演出家からもいろいろ学び、怖がらずに作っていけばいいと思います。『NARUTO -ナルト-』で学んだことが、古典に活きてくることもありますし。
記者会見ではそのおふたりに、「全力でかかってきてください。全力で立ち向かいます」とメッセージを寄せられました。やはりこの時期に大切なのは、全力でかかることでしょうか?
そうですね。僕はよく父から「いいかげん」ではなく「良い加減」が大事だと言われます。若いころは力もあるし声もわーっと出るのですが、お客様に剛速球を全力で投げ続けたら、最初は喜んでくださっても次第に疲れさせてしまう。つまり押し引きが大事だということ。とはいえ、若いうちはなかなかできないものなんですよ。ですから、まずは全力で
踊りの神様と言われるような先輩でも、若い頃はとにかく稽古して踊って踊って。そういう方はお年を召されたとき、今度は体が動いていなくても動いているように見える。あるいは、立たれているだけで成立してしまう。
けれども、そういう稽古をしていない人が立っているだけで、手も少ししか動かさなかったら、そうは見えないんです。先輩方が少ししか体を動かしていなくても大きく動かしているように見えるのは、やり尽くして無駄が削られていくから。ですので、まずは一生懸命、全力でやり尽くしてこそ、「良い加減」ができてくるんだと思うんですよ。
愛之助さんご自身も、今の巳之助さんと隼人さんくらいの20代の頃に、どなたかからアドバイスされたことがあるのでしょうか?
昔、まだみんなで踊るようなお役しかいただいていなかった頃、巳之助くんのお父様である(十代目 坂東)三津五郎のお兄さんからご飯に誘っていただいたんです。みんなで行くのかと思ったらふたりだけで。そのときに、「どんな役でも全力で頑張ることが大事なんだ、絶対に観ている人はいるから、みんな一緒だからと手を抜いたりせず、全力で真摯に努めるのが大事だ」と教わりました。
三津五郎のお兄さんも若い頃、花笠を持ってみんなで踊る役をなさったとき、紀尾井町のおじさん(二代目 尾上松緑)が観に来られて「あの中で踊れているのは寿(三津五郎の本名)と哲明(十八代目 中村勘三郎の本名)だけだな」とおっしゃっていただいたのだそうです。そういうふうに目に留まれば抜擢してもらえる。「だから、どんな役でも真摯に頑張ることが、明日への近道だよ」と教えてくださったんです。
先輩から後輩へ……、いいお話ですね。
三津五郎のお兄さんにはその後もいろいろな舞台で育てていただきました。それで今度は息子さんたちが華々しく新橋演舞場で看板を張るのだから、当然、喜んで参加しますよね。先輩から教わり、後輩へつなげるのが、歌舞伎の世界ですから。

上方歌舞伎の「片岡愛之助」として恩返しがしたい

ところで、少し前、10年以上休みを取っていないとおっしゃっていました。今もそうなのですか?
時間は限られていますからね。いろいろなことをさせていただいているので楽しいですし、労働しているという感覚はあまりないかもしれません。
僕は歌舞伎の家に生まれた人間ではなく、父の(片岡)秀太郎に声をかけてもらったおかげで、上方歌舞伎の「片岡愛之助」として生きています。その上方では昔、年間のうち1ヶ月しか歌舞伎が上演されない時期があったんです。
1ヶ月だけというのは、あまりにも少ないですよね。
はい。それをなんとかしたいと、十三代目(片岡仁左衛門。当代の父)が私財をなげうつ覚悟で「仁左衛門歌舞伎」や「七人の会」を作って公演したんです。その後、といっても40年近く前ですが、澤村藤十郎の兄さんが音頭を取り、財界の方々の協力のもと、「関西で歌舞伎を育てる会」が発足し、大阪の松竹座で毎年7月に歌舞伎公演をやることになりました。
僕はその第2回から子役で出ていますが、当初はお客様が4人とか、そういう状態だったんです。それが今や、「関西で歌舞伎を育てる会」は「関西歌舞伎を愛する会」になり、松竹座での7月公演も定着しました。
先達のおかげですね。
ですから、僕は少しでも恩返しがしたいですし、歌舞伎をもっともっと多くの人に知ってもらいたい。そういう思いで、ここ何年か歌舞伎以外のお仕事にも力をいれています。

生きたキャッチボールこそが、生の芝居の醍醐味

40代半ばというと、これまで芸の修業をなさってきた成果が出てくる良い時期だと思いますが、そういう時期に他の分野でも忙しく活動されるのは、どのような心境からなのでしょうか?
僕の叔父にしろ、亡くなられた勘三郎のお兄さんにしろ、同じくらいの年頃で映像作品に出演していました。大阪松竹座の7月公演には勘三郎のお兄さんも出演なさっていたのですが、先ほどお話ししたような状況でしたから、勘三郎のお兄さんは、お忙しい中で、少しでも上方歌舞伎にお客様を呼ぶために大阪のローカル番組をずっとなさっていて。
やはり、座頭を経験して興行の大変さを感じるようになるのが、この時期なのでしょうか。
さまざまなお仕事をなさっていて楽しいということと、歌舞伎をもっと広めたいという使命感が、愛之助さんのお忙しさを作っているのですね。
使命感というほどおおげさなものではありませんが、歌舞伎はもともとみんなの娯楽ですから、映画をご覧になるように楽しんでいただきたいんです。そして、2020年の東京オリンピックで海外の方がいらしたときには、なんとなくでもいいので、日本人として歌舞伎のことを説明できるようになってもらいたい。そのために僕はいろいろな分野の作品に出させていただくので、「この人、歌舞伎もやるんだ」から「観に行こうかな」と思ってくださったら幸いです。
ひとりでも多くの人に歌舞伎を見てもらって、それがだんだん広がって、ひいては世界の国の人に知ってもらえれば、こんなにうれしいことはないです。
それでは、『NARUTO -ナルト-』を含む歌舞伎公演へのお誘いの言葉をいただけますか?
先輩から後輩へと芸を受け継ぐ古典歌舞伎が最も重要な柱として存在しますが、その古典にも、時代物もあれば世話物も舞踊も狂言をもとにした作品もあります。さらに、新作歌舞伎、コラボレーション歌舞伎、復活歌舞伎……と、柱はたくさんあって、そのすべてに覆いかぶさっているのが、「歌舞伎」という傘。ですから、観たことのない歌舞伎にチャレンジしてくださったら、おそらく「これは好きだな」と思うものがあるはずなので、ぜひ見つけていただきたいですね。
『NARUTO -ナルト-』は漫画を読まれている方の期待にも応えられる作品になると思いますし、漫画を知らない方でも、全72巻の一部ではなく全体をストーリーに盛り込むので、漫画の世界をよく味わっていただけるのではないでしょうか。
それから、『NARUTO -ナルト-』は解説なしで大丈夫だと思いますが、歌舞伎では個人的に、イヤホンガイドがオススメです。初めてご覧になる方にはうってつけですし、普段からご覧になる方も、衣裳やかつらの意味など、ご存知ない知識を良いタイミングで教えてくれます。その後、イヤホンガイドなしでもう1回ご覧になったら、面白さがまた増します。
何度も違った楽しみ方ができるわけですね。
よく、テレビの人に「25日間同じことをやって、よく飽きないね」などと言われるのですが、言う台詞は変わらなくても、間(ま)が変われば、相手役の演技も自ずと変わってくる。そうやって生きたキャッチボールをすれば、お客様ともキャッチボールができるんです。逆に言うと、判で押したように同じものはできません。ですから、初日、中日、千穐楽と観ていただくと、こんなに違うのかと驚き、楽しんでもらえることでしょう。それが生の芝居の醍醐味です。ぜひ、歌舞伎を観たことのない方を連れて劇場にいらしてください。
片岡愛之助(かたおか・あいのすけ)
1972年3月4日生まれ。大阪府出身。B型。屋号:松嶋屋。1992年、二代目片岡秀太郎の養子となり、大阪・中座『勧進帳』駿河次郎役ほかで、六代目として片岡愛之助を襲名。近年は歌舞伎のみならず、ストレートプレイ、ミュージカル、ドラマ、映画、CM、テレビ番組のナビゲーターなどさまざまな分野で活躍。主な出演作品に、『半沢直樹』(2013年 TBS系)、大河ドラマ『真田丸』(2016年 NHK)、『刑事7人』(2015〜2017年 EX系)など。今後は、9月「松竹大歌舞伎 西コース『義経千本桜』」で16都県を回るほか、10月から放映の、連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)、2019年2月1日公開映画『七つの会議』など話題作への出演が続く。

「新作歌舞伎『NARUTO -ナルト-』」特集一覧

出演作品

新作歌舞伎『NARUTO -ナルト-』
8月4日(土)〜27日(月)@新橋演舞場
原作:岸本斉史『NARUTO -ナルト-』 (集英社ジャンプコミックス刊)
脚本・演出:G2
出演:坂東巳之助(うずまきナルト)、中村隼人(うちはサスケ)、市川笑也(綱手)、市川笑三郎(大蛇丸)、中村梅丸(春野サクラ)、市瀬秀和(うちはイタチ)、嘉島典俊(はたけカカシ)、市川猿弥(自来也)/市川猿之助・片岡愛之助(うちはマダラ・交互出演)
【公式Twitter】@narutokabuki
©岸本斉史 スコット/集英社・『NARUTO-ナルト-』歌舞伎パートナーズ

サイン入りポラプレゼント

今回インタビューをさせていただいた、片岡愛之助さんのサイン入りポラを抽選で3名様にプレゼント。ご希望の方は、下記の項目をご確認いただいたうえ、奮ってご応募ください。

応募方法
ライブドアニュースのTwitterアカウント(@livedoornews)をフォロー&以下のツイートをRT
受付期間
2018年7月31日(火)18:00〜8月6日(月)18:00
当選者確定フロー
  • 当選者発表日/8月7日(火)
  • 当選者発表方法/応募受付終了後、厳正なる抽選を行い、個人情報の安全な受け渡しのため、運営スタッフから個別にご連絡をさせていただく形で発表とさせていただきます。
  • 当選者発表後の流れ/当選者様にはライブドアニュース運営スタッフから8月7日(火)中に、ダイレクトメッセージでご連絡させていただき8月10日(金)までに当選者様からのお返事が確認できない場合は、当選の権利を無効とさせていただきます。
キャンペーン規約
  • 複数回応募されても当選確率は上がりません。
  • 賞品発送先は日本国内のみです。
  • 応募にかかる通信料・通話料などはお客様のご負担となります。
  • 応募内容、方法に虚偽の記載がある場合や、当方が不正と判断した場合、応募資格を取り消します。
  • 当選結果に関してのお問い合わせにはお答えすることができません。
  • 賞品の指定はできません。
  • 賞品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
  • 本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。
  • 個人情報の利用に関しましてはこちらをご覧ください。
ライブドアニュースのインタビュー特集では、役者・アーティスト・声優・YouTuberなど、さまざまなジャンルで活躍されている方々を取り上げています。
記事への感想・ご意見、お問い合わせなどは こちら までご連絡ください。