広瀬すず×菅田将暉、映画『打ち上げ花火〜』で思い出す、甘酸っぱい!? 青春時代。

「もしも、あのとき…」。「もう一度、時間を戻せたら…」。という思いは誰しも一度は抱いたことがあるもの――。及川なずなと島田典道のふたりが繰り返す、夏のある1日を描く青春ラブストーリーアニメである映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』。本作で声優に挑んだのは、今、もっとも活躍が目覚ましい広瀬すずと菅田将暉。イマジネーションを掻き立てるふたりの声が、まぶしい青春時代を鮮烈に描く物語に生き生きと命を吹き込んでいる。

撮影/平岩 享 取材・文/福田恵子 制作/iD inc.
スタイリング/安藤真由美【広瀬】、伊藤省吾【菅田】 ヘアメイク/宮本 愛【広瀬】、AZUMA【菅田】

青春時代の、刹那的な生き方に強く惹かれた(菅田)

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の原作は、1993年にフジテレビで放送された岩井俊二監督のテレビドラマ作品ですが、見ていらっしゃいましたか?
菅田 はい。見ていました。今回のアニメも原作ドラマも質感が似ていて。どちらも共通して、思春期という多感な時期にある、いろんなものにムラムラするようなエロティシズムが描かれているのがいいなと思いました。岩井さんが切り取っている刹那的な瞬間が、僕はすごく素敵だなあと思いますね。
広瀬 私は声優のお話をいただいてから見たのですが、時間の流れがゆっくりに感じられる映像がすごくいいなぁと思いました。菅田さんがおっしゃったように、質感もそうですし、匂いや温度まで感じられるような作品。アニメーションになったら、どんな作品になるんだろうって完成がすごく楽しみになりました。
アニメーションならではの面白さを感じたのはどんなところですか?
菅田 プールでの水中シーンなど、実写でやるとけっこう大変なシーンが自由に表現できるところですね。たとえば、実写映画で「カメラの撮影範囲に入るように泳いで、そのままアウトしてください」みたいなことを言われても、なかなか難しいんです。僕、それで何度か溺れかけたことがありますからね(笑)。でも、アニメーションだったら、水の中でしゃべれるし、目も開けられる。
広瀬 あははは! たしかに。私は…映画では“もしも”の世界が描かれるんですが、そういう世界ってアニメーションだからこそ映える部分があるなと感じて。そこに自分が生きていたらなぁと思えますし、夢を持つことができるなって思えるところが魅力だと思います。

典道をイタズラっぽく転がすセリフが印象的(広瀬)

物語は、母親の再婚が決まり、転校することになったなずな(広瀬)が典道(菅田)と駆け落ちしようとする日が繰り返されます。物語の中で印象的なセリフがあれば教えてください。
菅田 なずなの「……ウソ!」っていうセリフにキュンとしました。典道としゃべっているときに言うんですけど、もったいぶられているというか、転がされている感じがたまらない(笑)。
なずなが言った話がウソだったときの、「……ウソ!」ってセリフですね。わかります(笑)。
菅田 わかりますよね? 「何でウソつくんだよ。教えてくれたっていいじゃん!!」って思いましたもん(笑)。なずなは、ちょっとイタズラっぽく、想像を掻き立てられる言葉ばかり言うので、心がくすぐられるというか。
広瀬 そうなんです。なずなは、平然と典道を転がすというか(笑)。ふたりが駆け落ちしようとするシーンでも、典道が「ちょっと! お前、どこへ行くんだよ?」って言うけど、なずなは、「別に考えてない。どこへ行こう」とか。「どっちだよ?」って言われて、「どっちでしょう」とか…。なずな自身もどうしたらいいかわからないんでしょうけど、そういうセリフは言っていて面白かったです。今まで演じた役の中で、一番セリフが印象的だなと思いました。

プレスコの合間に、菅田が広瀬へ関西弁をレクチャー!?

おふたりは今回が初共演ですよね。一緒にプレスコ(※声だけを先に収録すること)に挑んでみて、どんな印象を持ちましたか?
菅田 ………うーん。難しいですけど、(広瀬は)ずっと地面から5cmくらい浮いているようなイメージ(笑)。
広瀬 (驚いて)どういうことですか!?
菅田 ちゃんと地に足をつけて立ってる人ではあるんですけど、なんかちょっと浮いている感じがするというか。
広瀬 そうですか? 私から見た菅田さんは、いい意味で力が抜けている人だなという印象です。
菅田 ああ。僕、力ないからね。握力なんて20くらいしかない(笑)。
そっちの力の問題ですか!?(笑)
広瀬 えっ、私、握力18ですよ?
菅田 マジで? 勝ったー!
広瀬 (笑)。握力はなくても本気出したら、リンゴとかつぶせそうです。
菅田 さすがにリンゴは無理だな(笑)。
広瀬 あと、自分のスペースをナチュラルに作っていくのがうまいのかなと思いました。私はけっこう人見知りで、5、6歳くらい年齢が離れてる人と話すのが得意ではないんですけど…。
菅田 わかる。その年の差くらいって、気まずいよね。
広瀬 でも、菅田さんは考えていることがすごく面白そうだったからか、人見知りしなかったです。
菅田 へー。そうなんだ。
現場で距離が縮まったのは、広瀬さんが菅田さんに関西弁を教えてもらったことがきっかけだそうですね。
菅田 そのときは、最初に何かとっかかりが必要だったんでしょうね(笑)。僕がしゃべってたら、(広瀬が)ゲラゲラと笑っていて。「どうした?」って聞いたら、「関西弁、好きなんです」って(笑)。
広瀬 関西弁って楽しくて好きなんです。菅田さんからは、「なんでやねん!」ってツッコミを教えてもらったんです。前に別の大阪出身の共演者の方に教えてもらったときは、うまくニュアンスをつかめなくて……。
菅田 それ、野村周平のこと?(笑)
広瀬 そうです(笑)。
菅田 やっぱり! 周平のツッコミはナチュラルじゃなかったの?
広瀬 …ちょっとくい気味だった気がします。だからこそ、菅田さんの力の抜け方で「なんでやねん」って言うのが、面白いんです(笑)。
では、お互いの声については、どんな印象を持ちましたか?
菅田 素敵ないい声だと思いました。僕は中学生の典道より倍くらい年が上だから、中学時代の感覚をどこか思い出したり、探したりしなきゃと思っていたんですが、広瀬さんの声に助けられましたね。役柄的にも、典道より少し大人びたなずなに翻弄される設定なので、広瀬さんの声がベースを作ってくれたように思いました。
広瀬 菅田さんの声は、お布団がかかっている感じです(笑)。
菅田 どういうこと? 眠くなるの?
広瀬 眠くはならないですけど、気持ちのいいトーンというか。典道くんの声のときは、ハネる声のときもあれば、おどおどしている声のときもあって。いろんな表情の声を出せるのがスゴいなと思いました。

ふたりの中学時代は? 学生の頃の青春エピソード

本当に表情豊かでしたね。今回、おふたりが演じた役は中学生でしたが、おふたりの青春時代の思い出を教えてください。
広瀬 中学生のときは、すごく毎日が楽しくて。授業中、ノートに「楽しい!! 最高!!」って書いていた記憶があります(笑)。
菅田 あはははは。何が楽しかったのか、書けよっていう(笑)。
広瀬 そうなんです。とにかく「楽しい!」って気持ちが先行していて文字にしていたんだと思います。「○○中最高!」とか、学校名を筆箱の缶ケースに書いてました。
「○○くん好き!」って片思いの彼の名前を書いたりとかは?
広瀬 それはなかったですけど、中1のときは、3年の先輩がちょっと大人に思えて、「先輩カッコいい!」ってよく騒いでました(笑)。
菅田 わかるなぁ。僕、中学時代はストリートでダンスをやっていたんですけど、すごくカッコいい年上の女性ダンサーがいたんですよ。身長170センチくらいあるし、編み込みヘアで、めっちゃイカつかったけど、その人に憧れてたなぁ。みんなで「ダンスの大会に出よう」って図書館のガラスの前に集まって、ラジカセで音楽流して一生懸命練習していた頃が懐かしい。
まさに青春ですね。今作のように、もしもある1日を何度もやり直せるとしたら、戻ってやり直したい瞬間はありますか?
菅田 ある? 戻りたい瞬間。
広瀬 中2か中3くらいのときに戻りたい。中学生活をもう一度、満喫したいです。もうちょっと青春を味わっておけばよかったって後悔しているので、大人になって後悔しないように、やり直して思う存分楽しみたいなって思います。
菅田 ああ、僕も仕事をしていて高校はほとんど行けなかったから、その気持ちはわかるな。でも、学校生活をやり直したいというよりは、部活を3年間最後までやってみたかった気持ちがあるので、部活の青春をもう一度、味わいたいかも。
「戻ってやり直せたら」と思うことってよくあります?
菅田 「ミスったな」っていう瞬間はありますよ。でも、もういいやって思います。失敗したとしても、いい時間だったなと思いたいですね。
広瀬 本当、そうですよね。

この夏にやりたいこと…おいしいカキ氷で暑さをしのぐ!

物語は夏の1日が描かれますが、おふたりがこの夏、やりたいことは?
広瀬 おいしいカキ氷が食べたい!
菅田 いいねぇ。最近、カキ氷機を買ったばかりだよ。クルクル回す手動式のじゃなくて、ボタンを押すと、ぶわっと出るやつ。
広瀬 大人のカキ氷機だぁ(笑)。私、誕生日にマネジャーさんにもらいました。
菅田 夏になるたび、毎年買っちゃう。シロップもいろいろなものがあるから、おいしいやつをネットで探して。
お気に入りのカキ氷の味は?
菅田 いやー、それはちょっと教えられない! …ってウソですよ(笑)。僕は、牛乳や練乳を凍らせて削ったカキ氷。ふわっとした氷になって、めっちゃおいしいんですよ。カキ氷の好きな人を“ゴーラー”っていうんですけど、“ゴーラーのための本”っていうのがあって。そのレシピを再現したくて試行錯誤してます。
広瀬さんはいかがですか?
広瀬 私は、現場でカキ氷屋さんを用意してくださったときに食べた、いちごミルクのカキ氷が最高でした。山もりのカキ氷をぺろっと食べられちゃいました。すっごくおいしかったです!
菅田 いちごミルクはうまいよな。ちょっとジャムっぽいいちごが好き。
広瀬 わかります! 一緒ですー!
最後に、映画を楽しみにしているみなさんにメッセージをお願いします!
広瀬 大人になると、「これがやりたい」、「あれがやりたい」という願望があっても、周りから「何言ってるんだよ」って言われることもあると思うんです。でも、この作品に登場する主人公の中学生が思い描く願望はまっすぐ。私もそんなふうに、いつまでも素直でいられたらなって思います。
菅田 そうですね。忘れていた好奇心を掻き立てられるような作品です。もしもあの瞬間に戻れたら…って誰しも思うけど、それが叶わないからこそ、こういう作品が支持されるんだと思う。みんなの欲望が満たされるのか、はたまたやっぱり過去には戻らなくてもいいやって思うのか…。どちらにしろ、いろんな感情をかき乱してくれるような、躍動感あるアニメの声優ができて本当によかったです。
広瀬すず(ひろせ・すず)
1998年6月19日生まれ。静岡県出身。AB型。2013年にドラマ『幽かな彼女』(フジテレビ系)で女優デビュー。主な出演作品は、映画『海街diary』、『四月は君の嘘』、『怒り』、『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』など。2015年のアニメーション映画『バケモノの子』で、声優に初挑戦した。公開待機作に、映画『三度目の殺人』(9月9日公開予定)、『先生!』(10月28日公開予定)、『ラプラスの魔女』、『ちはやふる-結び-』(ともに2018年公開予定)などがある。
菅田将暉(すだ・まさき)
1993年2月21日生まれ。大阪府出身。A型。2009年、『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)でデビュー。2013年の映画『共喰い』で、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。主な出演作品は、映画『溺れるナイフ』、『キセキ -あの日のソビト-』、『帝一の國』など。現在、映画『銀魂』が公開中のほか、公開待機作に映画『あゝ、荒野』(10月7日から前篇/10月21日から後篇公開予定)、『火花』(11月23日公開予定)、『となりの怪物くん』(2018年公開予定)など。2017年6月にアーティストデビューを果たし、8月30日には2ndシングル『呼吸』が発売される。

出演作品

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』
8月18日(金)全国ロードショー!
http://uchiagehanabi.jp/
©2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

サイン入り生写真プレゼント

今回インタビューをさせていただいた、広瀬すずさん×菅田将暉さんのサイン入り生写真を抽選で1名様にプレゼント。ご希望の方は、下記の項目をご確認いただいたうえ、奮ってご応募ください。

応募方法
ライブドアニュースのTwitterアカウント(@livedoornews)をフォロー&以下のツイートをRT
受付期間
2017年8月15日(火)18:00〜8月22日(火)12:00
当選者確定フロー
  • 当選者発表日/8月23日(水)
  • 当選者発表方法/応募受付終了後、厳正なる抽選を行い、発送先のご連絡 (個人情報の安全な受け渡し) のため、運営スタッフから個別にご連絡をさせていただく形で発表とさせていただきます。
  • 当選者発表後の流れ/当選者様にはライブドアニュース運営スタッフから8月23日(水)中に、ダイレクトメッセージでご連絡させていただき8月26日(土)までに当選者様からのお返事が確認できない場合は、当選の権利を無効とさせていただきます。
キャンペーン規約
  • 複数回応募されても当選確率は上がりません。
  • 賞品発送先は日本国内のみです。
  • 応募にかかる通信料・通話料などはお客様のご負担となります。
  • 応募内容、方法に虚偽の記載がある場合や、当方が不正と判断した場合、応募資格を取り消します。
  • 当選結果に関してのお問い合わせにはお答えすることができません。
  • 賞品の指定はできません。
  • 賞品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
  • 本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。
  • 個人情報の利用に関しましてはこちらをご覧ください。