トド松は自分の可能性を広げてくれるキャラクター。入野自由が開いた芝居の新境地

大人になった6つ子の姿を描いた、TVアニメ『おそ松さん』。2015年の第1期放送時から、ニートでダメすぎる6つ子たちの姿と、ドタバタな日常劇で人気を集めた。

第1期のDVD&Blu-ray1巻の売り上げは、発売初週であわせて約8万枚を記録し、2016年には新語・流行語大賞にノミネートされたほどだ。その人気に応えるように、2017年には第2期も放送された。

そして2019年3月に、劇場版となって再び描かれる。3月15日に公開される『えいがのおそ松さん』は、6つ子が不思議な世界に迷い込み、して18歳の自分と出会う、自身を見つめるストーリーだ。

ライブドアニュースでは6つ子キャストから、櫻井孝宏(おそ松役)、福山 潤(一松役)、入野自由(トド松役)の3名にインタビュー。

末っ子のトド松は、あざとさやリア充感、鋭くツッコむ姿などさまざまな表情を見せるが、入野自身も、「自分のいろんな引き出しを試せます」と役者としての面白みを感じているよう。福山のインタビューでも話題に挙がった、「トド松の叫び」についても聞いた。

・おそ松役・櫻井孝宏のインタビューはこちら
・一松役・福山 潤のインタビューはこちら

撮影/祭貴義道 取材・文/渡邉千智 制作/iD inc.

「トッティ」って呼ばれることが多くなりました(笑)

完全新作の劇場版と聞いたときの心境を教えてください。
「一体、何をやるんだ」っていう驚きがありました。1期、2期と続いてきて、今後もシリーズは続いてほしいと思っていましたが、まさか映画になるとは考えていなくて。

TVアニメの30分で見せるものと、映画の尺で見せるものってストーリーの作り方も全然違うと思うし、『おそ松さん』に関しては、深夜に「放送しているから見る」くらいのテンションがちょうどいい作品だと感じていたので。

映画館に足を運んで「わざわざ見る」というハードルを越えられるのか。僕の想像の範疇を超えていて、シンプルに「どうするんだろう?」という気持ちでした。
それでも劇場版になるということは、『おそ松さん』が多くの人気を集めてきたからこそですよね。
正直、ここまで人気になるとは思っていなかったんです。自分で演じていて楽しくて、面白い作品だから「いろんな人に見てもらえたらいいなあ」と思っていたくらいで。

僕はいろんな舞台に出させていただいているんですけど、舞台関係者や宝塚、歌舞伎界で活躍する方まで見てくれていたようで。

演出家さんから「DVDを買ったよ」と聞いたときは「本当に!?」と思いましたし、ちょうど舞台で歌舞伎役者さんと共演したときに、その方が時代劇おそ松さん(第1期の19話)を見てくれて。「面白かった」って言ってくださいました。
©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
いろんな業界に浸透してますね。
知り合いが出演している舞台を見に行ったとき、受付で「入野自由です」と言ったら「あっ…トッティ(トド松の愛称)……!」って言われたこともありました(笑)。
今回、久しぶりに6人のキャストで肩を並べてみた感想は?
楽しかったです。6人が集まると、これまでやっていた感覚に一瞬で戻れるんですよね。
櫻井さんと福山さんも同じことをおっしゃっていました。
そうですよね。「よし、やるぞ!」っていう意気込みよりも「じゃあ、やろっか」みたいなリラックスしたムードはあると思います。

今回は映画ということもあって、収録時間がかなり長くて。何日かに分けてやったのですが、朝の11時からはじまって、夜の11時に終わることもありました。

高校生のトド松と、今のニートのトド松を同時に演じないといけないシーンもあったので、収録時間が2倍かかるんですよね。でも、アフレコしていたときは「長いな…」という感覚はありませんでした。体の疲れはあっても、気付いたらこれだけ時間が経っていたという気持ちでした。それだけ楽しかったんです。
収録時の印象的なエピソードはありますか?
それぞれの見せ場は、ついつい笑ってしまいました。目の前でみなさんの芝居を見て聞くことができるので、その面白さは絶対ありますよね。

あと、夜になると、みんな疲れから壊れてくるんです(笑)。休憩時間には、日本語で言うと変に聞こえる外国語や地名などを言い合って爆笑したり。誰からはじまったのかもうわからないくらい自然な流れで、そうなっていました(笑)。
まさに高校生みたいですね(笑)。
本当に! 合宿しているみたいな感覚でした。

5人の兄さんたちが、トド松の末っ子感を表現してくれる

18歳のトド松を演じるうえで意識されたことはありますか?
いただいた設定に「まるで子ども」、「お兄ちゃんが大好き」と書いてあったこともあって、高校生というより“小学校低学年”感を意識しました。

トド松は6つ子のなかでも「可愛さ」や「子どもらしさ」が特出したキャラクターですし、そこをより突き詰めて表現しようと思いました。
末っ子ということも関係して?
僕としては、トド松を演じるときに末っ子というのはあまり意識していないんです。どちらかというと、5人の兄さんたちと対等にいる感覚で。

末っ子かどうかは、僕がそう演技をするのではなく、ほかのキャラクターたちがそう見えるようにしてくれたんだと思います。トド松に対して「末っ子のくせに!」という、兄さんたちの態度が、彼の末っ子感を表現してくれているんですよね。
上の5人はトド松を「末っ子」として接していますもんね。
そうなんです。僕がどうこうするより、みなさんの演技のなかで自然と作り上げてもらっているんです。
18歳のトド松に触れて、新しい気づきはありましたか?
一松とのやりとりがあるのですが、TVアニメシリーズの“天丼”を感じて面白かったですし、「今までのふたりの関係性があるんだ」と思いました。

あとは、トド松の体つきが見えるシーンがあるんですけど……衝撃的でした。
それは気になりますね。
実際に画がどうなっているかは完成した映像を見ないとわからないけれど、すごく気持ち悪くて(笑)。あんな体をしているんだっていうのは、トド松の新しい発見でした。あのインパクトに負けないように声を出しました(笑)。

叫ぶシーンはとにかく全力。やりすぎくらいがちょうどいい

福山さんが、「自由くんが叫んだら面白いって(脚本の松原 秀さんが)気付いたのも、チキチキマシンの回(第1期の18話)からだと思う」とおっしゃっていました。
©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
とくに中村(悠一/カラ松役)さんと福山さんが、チキチキマシンの回についてそう言ってくださるんです。すごく嬉しいです。そこまで印象を残せたんだなって。
叫ぶシーンが増えたなと自身でも感じましたか?
圧倒的に増えてます! 1期のときはこんなに叫んでなかったと2期で気付いたので(笑)。きっとチキチキマシンの回だけが、叫ぶシーンが増えた理由じゃないと思うんですよ。みんな声を張ることが多くなったと感じますし。

ただ、僕がきっかけで、僕やみんなの叫ぶシーンが多くなってしまったのならば、それは大変なことをしてしまったなと(笑)。

そういう意味では、これまでの経験があったので劇場版での叫びはそんなに大変ではなかったのかもしれません。でも、“急にトップギア”みたいなことが多いので、体に悪いですよね。心臓が痛くなることもあります(笑)。
叫ぶシーンはどういうことを意識されているんでしょうか?
もう、とにかく全力でやることです。狙ってちょうどよくやるのではなく、とにかく全力で。やりすぎるくらいがちょうどいいなと考えてやっています。

叫ぶシーンを面白いと言ってもらえて嬉しい反面、期待に応えなきゃっていうプレッシャーもあるんです(笑)。
ほかにも、トド松はぶりっこしたり、ツッコんだり、顔芸して怒ったりといろんな表情を見せてくれています。芝居の幅が広がったと感じることはありますか?
たしかに、自分のいろんな引き出しを試せます。「これはできないよな」とバランスを取るところを、『おそ松さん』は「やっちゃいけない」という制限があまりないので。

「これは面白い」、「これは面白くない」など、自分も勉強することがたくさんあって、本当に自分の可能性を広げてくれるキャラクターです。

……ただ、トド松で得たものを、別の作品で活かす機会はあまりありませんが(笑)。

役者として、いつまでも子ども心を忘れないでいたい

18歳の頃の入野さんは、どんな子でしたか?
学校が大好きでした。高校1年生の頃は皆勤賞でしたし、高2、高3のときも1日、2日くらいしか休んだことがなかったです。勉強は得意じゃなかったけれど、よくも悪くもなく。真ん中よりちょっと上にいるくらいの…普通でした(笑)。
その頃は、すでにお仕事もされていましたよね。
はい。でも学業優先で、仕事は学校が終わったあとに行っていました。だから部活はやっていませんでした。でも、毎日仕事があったわけではないので、部活に力を入れていた人と比べたら時間があったほうだと思います。
学校行事にも参加されていたのですか?
積極的に参加していました。高校1年のときの合唱コンクールがすごく印象に残っていて。先生もみんなも熱くて、男同士で「ちゃんと歌えよ!」みたいな言い合いをしていたことも(笑)。

そして、熱い練習のかいあって優勝したんです。あれは青春だったし、みんなで感動したのを覚えています。
「俺たちいつから大人なの?」というキャッチコピーが印象的ですが、入野さんが「大人になったな」と感じることは?
(考えて)何だろう…。
櫻井さんは、「バーでひとり飲んでいるときや、カウンターで寿司を食べるとき」とおっしゃっていました。
たしかに、食べものは大人を感じるかもしれません。あと、自分の欲しいものを、欲しいときに買えるのは、大人になった感じがしますよね。

ただ、僕は一度占いで「あなたはずっと少年のままです」って言われたことがあって、何だか妙に納得したことがあったんです。
心は少年のままというか。
はい。よく言いますけど、子ども心は大切にしたいなと。

ニューヨークから来た先生が開いたワークショップに参加したときも、「エンターテインメントに携わる者として、子ども心はずっと忘れちゃダメ」と教えてくださいました。参加者ひとりずつに、子どもが喜ぶようなシールを配って、「これで思い出しなさい」って。それがすごく印象に残っています。
入野自由(いりの・みゆ)
2月19日生まれ。東京都出身。AB型。4歳のときに子役としてデビュー。近年では、声優のみならず俳優・歌手としても活躍している。声優としての主な出演作品に、『千と千尋の神隠し』(ハク)、『キングダム ハーツ』シリーズ(ソラ)、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(宿海仁太)、『言の葉の庭』(秋月孝雄)、『聲の形』(石田将也)など。2019年3月20日に6thミニアルバム『Live Your Dream』をリリース。今夏にはソロライブツアーも予定している。

映画情報

『えいがのおそ松さん』
3月15日(金)ロードショー
https://osomatsusan-movie.com/
©赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019

サイン入りポラプレゼント

今回インタビューをさせていただいた、入野自由さんのサイン入りポラを抽選で1名様にプレゼント。ご希望の方は、下記の項目をご確認いただいたうえ、奮ってご応募ください。

応募方法
ライブドアニュースのTwitterアカウント(@livedoornews)をフォロー&以下のツイートをRT
受付期間
2019年3月14日(木)12:00〜3月20日(水)12:00
当選者確定フロー
  • 当選者発表日/3月21日(木)
  • 当選者発表方法/応募受付終了後、厳正なる抽選を行い、個人情報の安全な受け渡しのため、運営スタッフから個別にご連絡をさせていただく形で発表とさせていただきます。
  • 当選者発表後の流れ/当選者様にはライブドアニュース運営スタッフから3月21日(木)中に、ダイレクトメッセージでご連絡させていただき3月24日(日)までに当選者様からのお返事が確認できない場合は、当選の権利を無効とさせていただきます。
キャンペーン規約
  • 複数回応募されても当選確率は上がりません。
  • 賞品発送先は日本国内のみです。
  • 応募にかかる通信料・通話料などはお客様のご負担となります。
  • 応募内容、方法に虚偽の記載がある場合や、当方が不正と判断した場合、応募資格を取り消します。
  • 当選結果に関してのお問い合わせにはお答えすることができません。
  • 賞品の指定はできません。
  • 賞品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
  • 本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。
  • 個人情報の利用に関しましてはこちらをご覧ください。
ライブドアニュースのインタビュー特集では、役者・アーティスト・声優・YouTuberなど、さまざまなジャンルで活躍されている方々を取り上げています。
記事への感想・ご意見、お問い合わせなどは こちら までご連絡ください。