TVアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』特集/第2回:豊永利行「ダメなポップを繊細に作りたい」

1989年〜1996年に『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載された漫画『ドラゴンクエスト ダイの大冒険(以下、『ダイの大冒険』)』(原作:三条陸、作画:稲田浩司)。人気RPG『ドラゴンクエスト』の世界観をベースに、魔王軍の脅威に対し、少年勇者・ダイとその仲間たちの戦いを描いたバトルファンタジーだ。

強大な敵とのバトルシーンは、一瞬も目が離せない手に汗握る展開。さらに友情、成長、絆、愛など、涙なしには語れないドラマも特筆すべき内容で、コミックスの累計発行部数は4,700万部超を記録。まさしくジャンプ黄金期を支えた不朽の名作が、2020年10月、新たにTVアニメ化を迎える。

ライブドアニュースは今回、2020年版『ダイの大冒険』に大注目。キャラクターに命を吹き込むキャスト陣、最新CG技術とのハイブリッドで作られた映像を生み出すスタッフたちにインタビューを行い、新生したアニメ『ダイの大冒険』の魅力をシリーズでお届けしていく。

第2回は魔法使いのポップ役を務める豊永利行。「10代の頃、何周も読み耽っていた」と語るほど並々ならぬ原作愛を持つ豊永だが、ポップを演じるにあたり何よりも意識したのは、自分と同じく作品を愛するファンだった。

撮影/西村康 取材・文/原常樹

「TVアニメ『ダイの大冒険』」特集一覧

#5,#6,#7,#8,#9 は近日公開!

『ダイの大冒険』は僕らの世代の共通言語です!

豊永さんは、キャスト発表の際のコメントでも作品への愛を爆発させていたイメージが強いのですが、昔から『ダイの大冒険』はお好きだったんでしょうか?
そうですね。いわゆる“ジャンプ作品”を思い浮かべていても、王道といわれる作品のひとつとして、必ずタイトルが浮かぶくらい好きでした。

でも、じつは僕が『ダイの大冒険』を知ったのは、作品のリアルタイムな展開からはちょっと遅くて、ちょうど原作が終わった頃…中学1年生ぐらいのとき。もともと、ゲームの『ドラゴンクエスト』シリーズが大好きで、第1作の『ドラゴンクエスト』(1986年発売)からずっとプレイしていたんですが、そんな『ドラクエ』の世界観をもとにした漫画があるよと友達から聞いて……。最初の出会いはそこだったと思います。
30〜40代ぐらいの男性にとっては“自然と通ってしまう道”のひとつですよね。
多くの男性が通る道といっても過言ではないでしょう(笑)。僕にとってももちろん青春の一部分でした。
定番ですが、「アバンストラッシュ」のマネをしたり?
やりましたね!(笑)あと、僕の場合は「ドルオーラ(技名)」とかメッチャやってました! こうやってこうやってこう……(身振り手振りを交えつつ)。
わかります。
ほかにもマネしたくなるポーズの必殺技とか魔法がいっぱいあって、同世代の方ともこんな感じで「やったやった!」って、懐かしい気持ちで盛り上がれるのが『ダイの大冒険』の魅力のひとつ。

ある種の共通言語として、「あいつカッコよかったよね!」とか「誰推しだった?」とかいくらでも語れますし、この話題をきっかけに初めましての方とも距離を縮められる、“コミュニケーションの材料”としても機能していると思います。
たしかに(笑)。ちなみに豊永さんは当時、誰推しだったんでしょうか?
うーん……、味があるからみんな好きでしたけど、マァム(CV:小松未可子)が好きだったかなぁ……。あとはやっぱりポップにも感情移入することが多かった気はします。クロコダイン(CV:前野智昭)のおっさんも好きになったし、ヒュンケル(CV:梶裕貴)に対しても「なんだよ、カッコいいな!」みたいな、ポップのように嫉妬交じりの感情でつい眺めちゃって(笑)。
ポップは名前のとおり、読者が自分を投影しやすい等身大の存在ですもんね。
自信なさげだったり、すぐに逃げ出しちゃったりするような人物像に、ついつい自分を重ねちゃうと思います。だからこそ、マァムにも自然と惹かれちゃいますよね…ホントに(笑)。

ただ、最近もう1回原作を読み直したら、子どもの頃にはわかりづらかったヒュンケルのよさもハッキリと感じられました。大人になった今では彼の心情が理解できるんですけど、中学生の自分には難しかったんでしょうね。誰に感情移入するかは、作品に触れたときの状況によって違うんじゃないかと思います。

そういう意味でも、アニメで新しく『ダイの大冒険』をご覧になるお子さんたちがどう反応するかによって、僕らの見出した『ダイの大冒険』の楽しみ方は、年齢に起因するものだったのか、それともそういう時代の人間だったからなのか、確かめられそうな気がします。「わかる!」となるのか、それとも「古い!」となるのか、ちょっと興味深いですね(笑)。
たしかに興味深いです。
『ダイの大冒険』のようなキャラクターの相関図や演出は、今やスタンダードという感じがしますけど、当時の“冒険モノの作品”は主人公たちがカッコいいイメージなのが主流だったように思うので、ポップのようにうだつの上がらないキャラクターがメインで登場するのは珍しかったんじゃないかなと。
実際、連載当初は人気も出づらく、編集部の中にはポップを早々に退場させようという意見もあったとか。
そうなんですよね! よくぞ、原作の三条陸先生が粘ってくださったなと!(笑)今となってはポップのような人間くさいキャラクターを育ててくれた三条先生には本当にお礼を言いたいです。

難波圭一さんのポップを愛している方の思いにも応えたい

ポップのオーディションを受けたときの感触はいかがでしたか?
オーディションを行う会議室に数名通されて、ひとりずつスタジオに入ってセリフを言うという流れは、まるで病院の待合室みたいで……、当たり前ですが、病院よりもドキドキしました(笑)。

ほかにポップ役を受けている役者さんも、普段から別現場でお世話になっている方々ばかりだったんですけど、お互いがお互いを知っているからこそ、なんて声をかけたらいいのかわからなくて。とりあえず、「いってらっしゃい!」と声を掛け合っていました(笑)。
ポップは作中での成長が著しいからこそ、ひとつの場面を切り取って断片的に演じるのは大変そうな印象があります。“その瞬間のポップ”を明確にイメージすることが難しそうといいますか…。
僕もそれは考えましたね。「オーディションでは、ポップの情けないひ弱なところを求められているのだろうか?」とか「成長したポップもお見せしたほうがいいのだろうか?」とか、本当にいろいろ考えたんですけど、最終的には「わからない! ただただ僕の好きなポップをお見せしよう!」という感じになりました(笑)。
© 三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 © SQUARE ENIX CO., LTD.
実際にひとりスタジオに入ってのオーディションはどうでしたか?
いやー、それがあまりに緊張しすぎていたのか、記憶がないんですよ(笑)。もちろん、どの作品のオーディションでも全力で臨ませてもらってはいるんですが、何ぶん“自分のバイブル”というのは特別なもので……。何かを言われて「はい!」と答えていた記憶はあるんですが、マイク前でどう演じていたかは思い出せません(笑)。

あっ、でも、年齢感に関してだけは「若くしてほしい」と言われた記憶があります。
ポップの年齢は15歳。豊永さんが『ダイの大冒険』に触れた当時だと年上なので、“お兄さん”というイメージが残っていたりして。
そうなんですよ! でも、今から見たら15歳はまだまだ若い。そりゃ逃げ出したくもなりますよね(笑)。

オーディション中の記憶はあいまいですが、終わってからマネージャーに「どんな役でもいいから、とりあえず出してください!」とスタッフさんに伝えてほしいと、結果を待ってるあいだに3回ぐらい言いました(笑)。「ロモス武術大会の選手のひとりでもいいんで!」って(笑)。

だからオーディションに受かったときに「ありがとうございます! 何役ですか?」って軽いノリで聞いて「ポップです」と言われたときは……、えーっと…。そこも記憶が飛んでますね(笑)。
よほど嬉しかったんですかね。
頭がパーンってなったんですよ、本当に。あのときは自分の部屋にいたと思いますが、しばらくその場から動けなくなって、ボケーっとしていました。
今ならポップ役が決まったという実感が湧いてきたのでは?
そうですね。覚悟が決まったのは、5月に行われた生配信の特別番組にリモートで参加させてもらったときでしょうか。

唐澤和也監督やほかのキャストさんのコメントを聞きつつ、視聴者の方々のコメント欄を眺めていたときに、みなさんの作品に対するスゴい愛情を感じて……。僕も原作ファンのひとりとして、「視聴者のみなさんの気持ちがわかる!」という感じではあったので、出演者でありながら若干視聴者側になっていたんです(笑)。

一方で視聴者のみなさんが、1991年に放映されたアニメや、そのキャストさんに並々ならぬ思いを持っていらっしゃるというのも伝わってきて。“(1991年版で)難波圭一さんが演じていたポップ”は難波さんにしかできないし、豊永利行が演じるポップでいくしかない。でも、コメント欄を観ていたら、「1991年の『ダイの大冒険』を愛してくださっている方々に、何かお返しができないだろうか」という気持ちが出てきたんです。

難波さんの演じていたポップが僕も大好きだからこそ、難波さんのポップが好きだった方々に伝えられる愛があるんじゃないかと。
なるほど。
作品初のアニメ化で、最初から僕が声を当てているのならばわかるんですけど、そうじゃないのに“豊永利行のポップでいい”というのは我を通している気がしてしまって。「昔のポップもちゃんといる“今のポップ”にできないか? …いや、やってみよう!」という思いでアフレコに向き合っています。

すべてのシーンが線でつながっているから気を抜けません

「この先、ここを演じるのが楽しみ!」というシーンはありますか?
語り尽くせないぐらいメチャクチャいっぱいあるんですけど、ガチで語っていいんですか? 普通に2時間ぐらいかかりますけど……(笑)。

原作を読み返していても、そういうシーンの連続ですからね。ポップは自分が動かされるシーンもありますけど、人を動かすシーンもあったりして、原作を読み返しながら「これは繊細に作っていかないとヤバいかもしれない」と危機感を抱くようになりました。ただの読者だった頃に比べると、もう読み方自体がだいぶ変わっていますね(笑)。

作品が好きな人にとって「ここだけは譲れない!」というシーンがいっぱいあると思うんですけど、ポップの視点から見ると、そういったシーンがすべてつながっている。言うなれば、“ハズせないシーン”を演じるためには、その前にあるシーンも大事で、そこに至るまでのシーンも考えなきゃいけなくて…。点と点が全部つながっているんです。

しかもポップに限らず、『ダイの大冒険』の登場人物に共通して言えることだと思いますけど、登場人物の思考の切り替えが速い。
竹を割ったような人物が多いと。
どこかでバスンと切り替えないといけないので、「ここで彼はこう思うようになったから、この言葉が言えるようになったんだ」という導線を作っています。

わかりやすいところでいうと、序盤のクロコダインとのシーンですね。多くを語れませんが、ポップが勇気を振り絞って戦いに挑む気持ちを伝えるためには、その前に、まぞっほさん(ニセ勇者パーティの魔法使い。CV:岩崎ひろし)とのやりとりが欠かせない。

あと、まだまだ先の展開になりますが、竜騎衆との戦いを前にしたシーンも、彼の心境の変化や成長がうかがえる名場面だと思います。ただ、ポップとして、あの場面をちゃんと演じるためには、それまでのシーンを1つひとつ丁寧に演じないと重みが変わってしまうんですよ。

だから大事なシーンを挙げていったら全部になっちゃいますし、それを全部追っていったら、ストーリー全部ネタバレしなきゃいけなくなっちゃう(笑)。
序盤からシーン1つひとつを丁寧に演じていく……という感じでしょうか。
作品の序盤は彼がいちばんグラグラしているところだと思うので、後半の重要なシーンを光らせるためにも、とくに繊細に作っていく必要があると思っています。今はいかに彼を「ダメな男にしていくか」ということを考えなきゃなと(笑)。

ありがたいことに、唐澤監督とお話をしたときにも自分の中に抱いているポップ像みたいなものと非常に近いと感じまして、現場でポップのお芝居にディレクションが入ることもほとんどありません。それだけ監督に信頼していただいているというのはプレッシャーもかかりますが(笑)。

その信頼に応え続けられるよう、油断せずに細部まできちんと考えながらポップと向き合っていきたいです!
豊永利行(とよなが・としゆき)
4月28日生まれ。東京都出身。B型。2002年、アニメ『ヨコハマ買い出し紀行−Quiet Country Cafe−』(タカヒロ役)で声優デビュー。主な出演作に『風が強く吹いている』(清瀬灰二役)、『ユーリ!!! on ICE』(勝生勇利役)、『東京喰種』(永近英良役)、『Free!-Dive to the Future-』(椎名旭役)、『デュエルマスターズ』(キラ役)など。

「TVアニメ『ダイの大冒険』」特集一覧

#5,#6,#7,#8,#9 は近日公開!

作品情報

TVアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』
10月3日(土)よりテレビ東京系列で毎週朝9:30から放送中
※放送開始日・放送日時は編成の都合などにより変更となる場合があります。
公式サイト
https://dq-dai.com/
Twitter(@DQ_DAI_anime)
https://twitter.com/DQ_DAI_anime

© 三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 © SQUARE ENIX CO., LTD.

サイン入りポラプレゼント

今回インタビューをさせていただいた、豊永利行さんのサイン入りポラを抽選で1名様にプレゼント。ご希望の方は、下記の項目をご確認いただいたうえ、奮ってご応募ください。

応募方法
ライブドアニュースのTwitterアカウント(@livedoornews)をフォロー&以下のツイートをRT
受付期間
2020年10月17日(土)12:00〜10月23日(金)12:00
当選者確定フロー
  • 当選者発表日/10月26日(月)
  • 当選者発表方法/応募受付終了後、厳正なる抽選を行い、個人情報の安全な受け渡しのため、運営スタッフから個別にご連絡をさせていただく形で発表とさせていただきます。
  • 当選者発表後の流れ/当選者様にはライブドアニュース運営スタッフから10月26日(月)中に、ダイレクトメッセージでご連絡させていただき10月29日(木)までに当選者様からのお返事が確認できない場合は、当選の権利を無効とさせていただきます。
キャンペーン規約
  • 複数回応募されても当選確率は上がりません。
  • 賞品発送先は日本国内のみです。
  • 応募にかかる通信料・通話料などはお客様のご負担となります。
  • 応募内容、方法に虚偽の記載がある場合や、当方が不正と判断した場合、応募資格を取り消します。
  • 当選結果に関してのお問い合わせにはお答えすることができません。
  • 賞品の指定はできません。
  • 賞品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
  • 本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。
  • 個人情報の利用に関しましてはこちらをご覧ください。
ライブドアニュースのインタビュー特集では、役者・アーティスト・声優・YouTuberなど、さまざまなジャンルで活躍されている方々を取り上げています。
記事への感想・ご意見、お問い合わせなどは こちら までご連絡ください。