TVアニメ『ダイの大冒険』特集/第3回:早見沙織「レオナを演じて気づいたダイとの絆」

1989年〜1996年に『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載された漫画『ドラゴンクエスト ダイの大冒険(以下、『ダイの大冒険』)』(原作:三条陸、作画:稲田浩司)。人気RPG『ドラゴンクエスト』の世界観をベースに、魔王軍の脅威に対し、少年勇者・ダイとその仲間たちの戦いを描いたバトルファンタジーだ。

強大な敵とのバトルシーンは、一瞬も目が離せない手に汗握る展開。さらに友情、成長、絆、愛など、涙なしには語れないドラマも特筆すべき内容で、コミックスの累計発行部数は4,700万部超を記録。まさしくジャンプ黄金期を支えた不朽の名作が、2020年10月、新たにTVアニメ化を迎えた。

ライブドアニュースは今回、2020年版『ダイの大冒険』に大注目。キャラクターに命を吹き込むキャスト陣、最新CG技術とのハイブリッドで作られた映像を生み出すスタッフたちにインタビューを行い、新生したアニメ『ダイの大冒険』の魅力をシリーズでお届けしていく。

シリーズ第2回は、パプニカ王国の王女・レオナを演じる早見沙織にインタビュー。高貴なカリスマ性を発揮する一方、おてんばな一面も持ち合わせる少女を、いったいどのように演じているのだろうか。

撮影/西村康 取材・文/岡本大介

「TVアニメ『ダイの大冒険』」特集一覧

#8,#9,#10,#11,#12,#13 は近日公開!

この作品は生きていくうえで大切なものが全部詰まっている

早見さんは今回のアニメ化をきっかけに原作に触れたそうですね。
そうなんです。レオナ役でオーディションを受けさせてもらうにあたって原作の序盤を読ませていただいて、レオナを演じることが決まってから最終巻まで一気に読みました。
読んだ感想はいかがでしたか?
何て言うんですかね、言葉にするのはなかなか難しいんですけど「人間として生きていくうえで大切なものが全部詰まっている」とでも言いましょうか。
最大級の賛辞ですね。
でも、本当にそう感じたんですよ。それに、この作品の中心を貫いている気持ちや精神って、ずっと昔から知っていたような気がするんですよね。

だからどこか懐かしくもあって、「人ってこうあるべきだな」と感じさせてくれるし、私自身もそれを忘れちゃいけないなと思ったりして。
たしかに今読んでも色あせない作品ですよね。
本当にそうですね。あと、これはちょっと仕事目線になりますけど、普段からさまざまなエンタメ作品に関わらせてもらっている身からすると、現代の多くの作品にも通じる普遍的な要素がいくつも織り込まれていて、まるで「教典」みたいな存在だなとも感じます。
不朽の名作として、後世の多くのエンタメ作品に受け継がれている要素もあると思います。
ですよね。だから初めて読んだときに懐かしさを感じたのかもしれません。
『ダイの大冒険』ではバトルアクションを軸に、友情や成長、絆、恋愛とさまざまな要素が描かれていますが、早見さんはなかでもどんなところに惹かれましたか?
うーん、いっぱいありますねー。あ、でも私は主人公パーティが必ずしも無敵ではなくて、けっこうコテンパンにやられちゃうところが好きかもしれません(笑)。
圧倒的な格上と戦うケースが多いですからね。
そうなんです。勇者であるダイでさえ手も足も出ないような強い敵がどんどん出てきますし、相棒のはずのポップは逃げようとしますし(笑)。

実際に負けちゃったり、諦めそうになったりもするんですけど、それでも最終的にはちゃんとその壁を乗り越えていくんです。「これはもう絶対に無理でしょ」って思うような状況に立ち向かっていく展開は心に刺さりますし、勇気をもらえるんです。
個人的に好きなキャラクターは誰ですか?
うーん、それが、無限にいるんですよね(笑)。
連載当時、ヒュンケル(CV:梶裕貴)の女性人気が高かった印象があります。
ああ、なるほど。たしかにビジュアルも魂もカッコいいですからねえ。それはすごくわかりますね。
男性でいうと、ポップ(CV:豊永利行)やクロコダイン(CV:前野智昭)が人気でした。
それもわかる気がします。クロコダイン、いいですよね。私も大好きなんです。明らかにモンスターなのにすごく温かくて、人間味にあふれていて。

それで言うと、メインキャラクターはみんな魅力があって好きなんですが、サブキャラも味があっていいですよね。とくにチウとか師匠(ブロキーナ)がお気に入りです(ロモス武術大会に登場する空手ねずみのチウ。ブロキーナはチウとマァムの師匠)。

チウは意外とどのキャラクターよりもプラスのエネルギーに満ちていて、「この子はなんでこんな状況でも前向きなんだろう?」って思わず笑っちゃうくらいですし、師匠(ブロキーナ)もいつも飄々としてるけど、こいつ只者じゃないなっていう雰囲気が漂っていますよね。そういうちょっとコミカルなサブキャラクターたちがいることで、メインキャラクターたちのアツさがより際立っているような気がします。

レオナはコミカルとシリアスを振り幅いっぱいに演じたい

往年のファンも多い『ダイの大冒険』ですが、パプニカ王国の王女・レオナを演じるにあたってプレッシャーはありましたか?
ありました。うちの事務所(アイムエンタープライズ)のマネージャー陣にもファンが多いですし、メールでもすごくたくさんのメッセージをいただくので、改めて多くの人に愛されている作品なんだなと感じましたし、そのぶん緊張感もあります。

スタッフの皆さんもキャスト陣も、みんな『ダイの大冒険』を愛しているのはたしかで、それは参加していてもヒシヒシと伝わってくるんです。いい意味で緊張感は持ちつつも、萎縮はせずに精一杯全力でレオナを演じていきたいと思っています。
早見さんはレオナをどんなキャラクターだと捉えていますか?
レオナはダイたちのパーティにおいても精神的な支柱になっているなど、基本的には王女らしくて凛々しいですよね。

先の展開になりますけど、世界中の国をつないで先導していく一連の行動などはレオナにしかできないことですし、やっぱりそもそもの精神が高貴なんだなと思います。

マァムみたいに肉弾戦で先陣を切って敵と戦うっていうことはないんですけど、精神的にはつねにダイたちのそばにいますし、自分にできる最大限のことをやる姿はすごくカッコいいなと思います。
一方でかなりおてんばな一面もありますよね。
そうなんですよね。作中の全キャラクターのなかでもかなりギャップがあると思います。人様の恋路にすぐ首をツッコみたがるし(笑)。

しかもそういうときのレオナってすごくイキイキとしていて、これがまた悪い顔をするんですよね。それもあって、レオナの役作りに関してはギャップを大きく表現してもいいのかなと思って演じさせてもらっています。
シリアスとコミカルの振り幅を大きく演じるということですか?
原作でギャグ顔をするようなコメディ描写のシーンは、一度振り切ってやってみて、それでスタッフさんから「やりすぎです」って言われたら控えるくらいでいいのかな、と思って収録に挑みました。

そしたら監督さんから「レオナはそういう部分があるので、これで全然大丈夫です」と言ってもらえて。レオナはいつも王女然としているわけではないというのが共通認識としてあったので、はっちゃけるところと凛々しいところのメリハリは意識しています。
序盤はダイとの掛け合いが多いと思います。種﨑敦美さんが演じるダイにはどんな印象を持たれましたか?
種﨑さんのダイはすごく真面目でまっすぐなイメージがありますね。それは種﨑さんの役に対する向き合い方をいつも隣で拝見しているからだと思うんですけど、コメディでもシリアスでもつねに全力で真摯なんですね。

私自身、種﨑さんのひたむきさにハッとさせられる瞬間があって、まさにダイのことを隣で見ているレオナのような感覚に近いんです。そんな種﨑さんのダイが中心にあるからこそ、みんながひとつになれているのかなと思います。
現在はコロナ禍により多人数での収録はなかなか難しい状況だと思いますが、ここまでの手応えはいかがですか?
今のところ、私は種﨑さんとの掛け合いがほとんどなので(インタビューは9月上旬に実施)、そこはちゃんとふたりでブースに入れているんです。細かい相談をしつつ、お互いの呼吸を間近で感じながら収録できているのは私にとってすごく大きいです。ひとりきりで収録するのとはやっぱり全然違うので、そこはとても助かっていますね。
この先どんどんと登場キャラクターが増えていきますから、早く以前のように全員で収録できるようになるといいですよね。
本当に。マァム役の小松未可子さんも含めて「3人で女子会やりたいね」って言っているんですけど(笑)、それもまだ実現できていなくて。早く気兼ねなく集まれるときが来てほしいなと思ってます。

レオナとダイの関係は、「恋愛」よりも「勇者の絆」かも

レオナとダイはこの先、お互いに淡い恋心を抱いていくような描写もあります。早見さんはふたりの関係をどのように見ていますか?
レオナがダイに惹かれている部分は、もちろんあると思います。

出会った際のエピソードにしても、毒にやられたレオナを救ってくれたのはダイですし。これから先もレオナはいつもダイの横顔を見ながら隣を歩んでいって、その横顔がどんどん凛々しくなっていくわけですから、そりゃカッコいいって思っちゃいますよね。

でもその一方で、レオナって恋愛を基軸に生きるタイプの女性ではない気もするんですよね。作中では多くの恋愛劇が展開していきますけど、レオナはなかなかそこに参加しないのも面白いなと思います。
そこはやはり一国の王女なんですね。
そうなんです。『ダイの大冒険』の女性キャラって「愛に生きる女」が多いじゃないですか。占い師のメルルやパプニカ3賢者のエイミがそうですし、男勝りなマァムだって本質的には「慈愛」の持ち主ですから。

彼女たちの場合、「誰かを愛する」という気持ちがエネルギーとなって、自分や他人を大きく成長させていくんですよね。でもレオナって、それも多少はあるんですけど、つねに全体を見渡しているような気がするんです。
その感覚はよくわかります。マァムが「慈愛」なら、レオナは「正義」を司るキャラクターですよね。
はい。だからレオナとダイって、お互いに支え合う瞬間はあっても、基本的にはそれぞれが己の足でしっかりと立っている感じがすごくするんですよ。言いすぎかもしれませんが、勇者と勇者の魂のつながりというか(笑)。
「恋愛」というより「魂の絆」に近いんですね。
はい。レオナは戦士としてダイの隣に並ぶことはしないですけど、でもいちばん肝心なところでダイの心を奮わせることができる存在なので、そういう関係性はカッコいいですし、憧れますね。
なるほど。今はまだおてんば娘の印象が強いレオナですが、これからどんどんと成長していくんですね。お芝居ではレオナの成長をどう表現しようと考えていますか?
うーん、まだ今はあまり考えていないです。旅はまだ始まったばかりですし、ダイもポップも物語上のその時点でのキャラクターとしてそこにいますから、私もその時点でのレオナを精一杯やり切るだけだと思っています。

でもその結果として、最終的に自分でも思いもよらないような形で成長したレオナを表現できたら、それが最高ですね。
今後の展開で楽しみにしているセリフやシーンはありますか?
いっぱいあるんですけど、いちばん近いエピソードだと、ヒュンケルに対して「友情と正義と愛のために己の生命をかけて戦いなさい」と言い放つところですね。くわしい状況は話せないですが、レオナのカリスマ性が発揮されるシーンなので、今からアフレコが楽しみです。
物語の中盤以降、レオナはますますカリスマ性を高めていきますよね。
もうスゴいですよね。私がとくにカッコいいなと感じたのが、世界各国の国王を招集してまとめ上げたところなんです。魔王軍との戦いに向けて、このままダイたちのパーティに入るのかなと思っていたら、そうではなく王女という立場でしかできないことをスパッと選択するじゃないですか。
たしかに意外とも思える選択でした。
あのタイミングでダイたちといっしょに行動することを選択するほうが、いわば王道だし、盤石のはずなんですよね。

でも、レオナは自分がもっとも力を発揮できるのは戦いの最前線ではなく、後方支援だということを冷静に判断していて、それを迷わず選び取るんです。その潔さがカッコいいなと思いますし、物語的にも重要なターニングポイントだったような気がします。
実際にレオナのその行動が、ダイたちの大きなバックアップになっていきます。
レオナがいるからこそ、ダイたちも安心して戦いに専念できるんですよね。自分が修行して強くなる以外にも、こういう立ち回りができるのって、やっぱりレオナには王女としての「器」があるんだなって思います。
たしかにそうですね。
でもよくよく考えると、こんなに凛々しくてカッコいいのに、意外とコミカルなシーンにも多く担当しているレオナって、改めて本当に面白いキャラクターだと思います。
まだまだ始まったばかりのTVアニメ『ダイの大冒険』ですが、改めて作品の魅力についてお聞かせください。
私は大人になってからこの作品を知ったんですけど、それでもすごく懐かしい感じがしたんです。日常生活を送るなかではなかなか口にしたりはしないですし、ちょっと照れくさかったりもするんですけど、でも人生においてすごく大事なことを教えてくれている気がして。
勇気がもらえる作品ですよね。
はい。氾濫する情報のなかで、日々のタスクに追われて毎日をこなすだけになってしまったときほど、こういう作品に戻ってきたくなるんです。とにかくキャラクターたちの生きざまや心根が素敵なので、小さなお子様はもちろんですけど、仕事や生活で心が枯れがちな大人が観ても、深く刺さる作品だと思います。
早見沙織(はやみ・さおり)
5月29日生まれ。東京出身。AB型。2007年に声優デビュー。主な出演作に『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(鶴見知利子役)、『〈物語〉シリーズ』(斧乃木余接役)、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』(雪ノ下雪乃役)、『賭ケグルイ』シリーズ(蛇喰夢子役)、『鬼滅の刃』(胡蝶しのぶ役)など。

作品情報

TVアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』
テレビ東京系列で毎週土曜日朝9:30から放送中
※放送日時は編成の都合などにより変更となる場合があります。
公式サイト
https://dq-dai.com/
Twitter(@DQ_DAI_anime)
https://twitter.com/DQ_DAI_anime

© 三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 © SQUARE ENIX CO., LTD.

「TVアニメ『ダイの大冒険』」特集一覧

#8,#9,#10,#11,#12,#13 は近日公開!

サイン入りポラプレゼント

今回インタビューをさせていただいた、早見沙織さんのサイン入りポラを抽選で1名様にプレゼント。ご希望の方は、下記の項目をご確認いただいたうえ、奮ってご応募ください。

応募方法
ライブドアニュースのTwitterアカウント(@livedoornews)をフォロー&以下のツイートをRT
受付期間
2020年10月24日(土)12:00〜10月29日(金)12:00
当選者確定フロー
  • 当選者発表日/11月2日(月)
  • 当選者発表方法/応募受付終了後、厳正なる抽選を行い、個人情報の安全な受け渡しのため、運営スタッフから個別にご連絡をさせていただく形で発表とさせていただきます。
  • 当選者発表後の流れ/当選者様にはライブドアニュース運営スタッフから11月2日(月)中に、ダイレクトメッセージでご連絡させていただき11月5日(木)までに当選者様からのお返事が確認できない場合は、当選の権利を無効とさせていただきます。
キャンペーン規約
  • 複数回応募されても当選確率は上がりません。
  • 賞品発送先は日本国内のみです。
  • 応募にかかる通信料・通話料などはお客様のご負担となります。
  • 応募内容、方法に虚偽の記載がある場合や、当方が不正と判断した場合、応募資格を取り消します。
  • 当選結果に関してのお問い合わせにはお答えすることができません。
  • 賞品の指定はできません。
  • 賞品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
  • 本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。
  • 個人情報の利用に関しましてはこちらをご覧ください。
ライブドアニュースのインタビュー特集では、役者・アーティスト・声優・YouTuberなど、さまざまなジャンルで活躍されている方々を取り上げています。
記事への感想・ご意見、お問い合わせなどは こちら までご連絡ください。