25日深夜放送の「真夜中」(フジテレビ系)で、HKT48指原莉乃が、クラブカルチャーが苦手なことを明かした。

この日の放送では、指原とリリー・フランキーがクラブカルチャーを学ぶため真夜中の渋谷を散策した。

クラブが未経験だという指原は、リリー・フランキーから今回のテーマが告げられると早くも「一番無理!」と拒絶した。「クラブに行く人も嫌い」「クラブに行くような人とは友達にもなりたくない! 本当に好きじゃない。フェスも無理」と、音楽を聴いて踊る空間や人に抵抗感があると打ち明けた。

これを聞いたリリー・フランキーが「AKBのライブでもお客さん踊ってるじゃん」とツッコんだが、指原は「踊らない! サイリウム(ペンライト)振ってるだけだもん」と両者は全く異なるものだと主張する。クラブやフェスなど、音楽を聴きながら踊っている人たちは「信用ならん」と警戒していることも明かした。

あらためて指原は、クラブの印象について「行ったことないから想像」としつつ、「踊りを踊ったことがない人が踊っている感じが怖い」「引いちゃう」と自身が思うクラブのダンスを披露しながら説明していた。

【関連記事】
HKT48の指原莉乃が即興ラップで秋元康氏に訴え「総選挙やめろ」
指原莉乃が明かしたアイドルとしての教訓 自称「バラエティ担当」は「クソつまんない」
泉谷しげる 指原莉乃の総選挙苦戦を分析「でかくなりすぎた」