日本版ライドシェアが今春、4月8日から東京を皮切りに運行を開始した。最初に断っておくと、ここでいうライドシェアは都市部のタクシー不足を補うためのものであり、一般ドライバーが普通免許(普通自動車第一種免許)のまま自家用車を使い、タクシーが不足している地域で曜日や時間帯を限り、有償で人を運ぶことができる