by Keino

ロシアの裁判所が「DEATH NOTE」「いぬやしき」「東京喰種トーキョーグール」といった日本の一部のアニメ作品をインターネット上で配信することを禁止しました。

Russia Bans ‘Death Note,’ ‘Inuyashiki,’ ‘Tokyo Ghoul’ Animes - The Moscow Times

https://www.themoscowtimes.com/2021/01/20/russia-bans-death-note-inuyashiki-terror-in-resonance-animes-a72673

ロシアのサンクトペテルブルクにあるコルピンスキー地方裁判所が、「10代の若者たちがアニメの中で描かれる暴力的なシーンを再現する恐れがある」として、2021年1月20日(水)に「DEATH NOTE」「いぬやしき」「東京喰種トーキョーグール」の3作品をインターネット上で配信することを禁止しました。

具体的には、2つのウェブサイト上で「DEATH NOTE」および「いぬやしき」を配信することが禁止され、1つのウェブサイト上で「東京喰種トーキョーグール」を配信することが禁止されるとととなりました。裁判所側はこの決定について、「配信が禁止された作品では、すべてのエピソードで残虐行為や殺人、暴力的な内容が含まれています」と説明しています。

ロシアの国営通信社であるRIAノーボスチも、「裁判所は禁止リストに登録されたウェブサイトで、該当アニメの配信を禁止した」と報じており、ロシアでサービスを運営するすべての配信サービス上で該当作品の配信が禁止されることとなったというわけではない模様。

ロシアでは2013年に漫画版「DEATH NOTE」を持っていたという15歳の少女が自殺するという出来事が起き、この少女の両親がロシアで「DEATH NOTE」の出版を禁じるよう裁判所に訴えを起こしていました。

また、2021年に入ってからも「DEATH NOTE」のファンであったという10代の若者が主人公の夜神月に扮する衣装を着て自殺を図ったと地元メディアに報じられています。

by master.hobbybrick

なお、ロシアでは2020年12月に「NARUTO -ナルト-」「エルフェンリート」「異種族レビュアーズ」のネット配信禁止を求める訴えも起こっており、今後さらに多くの日本アニメが禁止されていく可能性があります。