ロシアの反体制運動家、アレクセイ・ナワリヌイ氏の死は大きな衝撃をもって受け止められている。2月16日、ナワリヌイ氏は同国内の刑務所で急死した。病死であるというロシア側の説明を素直に信じる人がさほど多くないのはご存知の通りである。【写真を見る】「毒の王様」すぐに死に至らず“相手を苦しめる中毒作用”が