いまから29年前、1992年7月30日。24歳の古賀稔彦は、左ヒザに大ケガを負ったままバルセロナ五輪に出場する。とても試合ができる体調ではなかった。 1992バルセロナ五輪・柔道男子71キロ級で金メダルを獲得し表彰台に立つ古賀稔彦(写真:毎日新聞社)本来なら、ドクターストップがかかって然るべき状態。それでも平成の三四