ナショナルズ戦

 米大リーグ・ドジャース大谷翔平投手が23日(日本時間24日)、敵地ナショナルズ戦に「2番・DH」で先発。9回の打席で今季6号ソロをかっ飛ばした。時速118.7マイル(約191.02キロ)、飛距離450フィート(約137メートル)の衝撃弾。4打数1安打1打点1四球で、4-1の勝利に貢献した。敵地の実況席も一瞬興奮させてしまう一撃。その後は正気に戻ったが「モンスターホームラン!」と称賛していた。

 米国の首都に、大谷が衝撃を与えた。ワシントンD.C.のナショナルズ・パークでは初の試合。9回に衝撃的な一発をかちこんだ。3-1とリードして迎えた第5打席。右腕マット・バーンズの変化球を右翼席へ。あっという間に飛び込む一発で、敵地はどよめきに包まれた。

 試合を中継した米メリーランド州地元局「MASN」の実況席では、あまりの凄さに立場を忘れて一瞬興奮の声が上がった。実況のダン・コルコ氏は「高く、遠くに打った!ショヘイ・オオタニはナショナルズパークの2階席に打ち込んだ!」と興奮気味。解説のケビン・フランドセン氏も「時速119マイル、ワオ」と仰天していた。

 冷静さを取り戻したコルコ氏だったが「ナショナルズパークでの初めての試合で、モンスターホームラン!」と興奮を隠せない様子だった。

(THE ANSWER編集部)