いい夢見てますか? 寝具販売員のTakeshiです。どちらかというと男性は高めの枕が好きで、形や高さなどそれほどこだわりを持ちませんが、女性は「キレイのために枕を選ぶ」という人も多く、あれやこれやととにかく慎重です。
 女性は男性と違って低めの枕がおすすめです。もちろん、好みや体型、体重の違いもありますので、一概には言えませんが、低めを意識して枕を選ぶと後悔しません。

 でも、低めの枕は世に溢れていて、どんなものを選んだらよいのかわからない人も多いはず。今回のテーマは「女性のための低めの枕」の選び方です。おすすめ商品から選び方、注意点なども紹介します。男性からのプレゼントにも最適なのでぜひ注目してください。

◆女性に最適な枕とは

 さて、そもそも女性に最適な枕なんてあるのでしょうか。これは低め、もしくは低すぎない枕の一択です。とはいえ、敷き布団やマットレスはもちろん、好み、体型、体重、肩幅や筋肉量などによっても最適な枕は変わってきます。

 女性は男性と違って華奢な人が多く、首のカーブも浅めです。そして、この首のカーブがくぼみに埋まる枕を選びましょう。ただし、低いと仰向きは良くても横向きに寝ると頭がカクンと落ちて、首や肩に負担がかかってしまいます。なので、これを防ぐために低すぎない高さの枕を選びましょう。

◆枕選びのポイントと注意点

 ほとんどの人がお店に行って枕を選ぶわけですが、形や好みだけで選んでいませんか? 気持ちはわかりますが、これはおすすめできません。やはり、靴や洋服などと同じでポイントは「試す」ことにあります。

 同時に横になる敷き布団やマットレスにも注意しましょう。極端に硬いとか柔らかすぎるものは避け、いつも寝ている硬さが最適です。わからない場合は、腰や肩が沈み込み過ぎないもので試しましょう。横向き寝も確認することを忘れてはいけません。

 それではそんな注意点やポイントをふまえて、私自らが店頭で選んだ女性におすすめの商品を紹介します。

◆1:ふわっと優しさ広がる「ニトリの枕」

 まずは、ニトリの「ホテルスタイルまくら4大消臭機能付き(中)」(2990円税込)です。一般的な枕のサイズは縦幅43×横幅63センチですが、表示サイズはやや小さい縦幅38×横幅58センチで、まさに女性向きです。

 本体は、4つの臭い(アンモニア・酢酸・イソ吉草酸、ノネナール)を防ぐ加工がしてあり、衛生面もバッチリ。さらに、優しいボリュームと、ふんわりとした天国のような感触がたまりません。

 枕にマチがあり、パッと見は分厚いですが、頭を乗せると沈み込むので女性が使ってもちょうどよい高さになります。少し沈み込みが気になりますが、別売りの「ニトリ吸水速乾まくらプロテクター」(999円税込)を装着すれば、さらに衛生的で少しだけ沈み込みを抑えられます。

 こちらは抗菌防臭はもちろん、汗を吸ってもすぐ乾くすぐれもの。普通のカバーよりも少し厚みがあって使い心地も抜群です。縦幅44×横幅64センチ対応なので、普通の枕ならばほとんど入ります(※対応サイズより大きい枕や特殊な形の枕は入りません)。

◆2:ニットカバー付きでコスパ最強「ニトリの枕」

 次もニトリから、「硬くなりにくい低反発まくら」(2990円税込)です。この枕はとにかくコンパクトで薄いのが特徴で、女性専用かと思うくらいのかわいさがあります。それでいて、寝心地も通常の低反発枕のような極度な沈み込みもありません。

 温度差に左右されにくいので、寒い時期でも硬くなったり、今くらいの気温なら柔らかすぎになることもありません。つまり1年中、気持ちよく使え、ニットカバーも付いてこの価格はおすすめしないわけにはいきません。少し低すぎるかもしれないので、お試しの時に高さを慎重に選びましょう。