お笑いコンビ「さらば青春の光」がMCを務める、YouTube番組「さらば青春のテレビ大阪チャンネル」の内容に波紋が広がっている。

問題となっているのは、2月6日に投稿された「新宿ゴールデン街の魅力…ヤリ○ンが働く店&奔放な人妻《前編》」と題された動画。「さらばのこの本ダレが書いとんねん!」という同チャンネルの人気企画に、東京・作家の山下素童氏をゲストに呼び、著書や新宿ゴールデン街について語ってもらうという内容だった。

現在、新宿ゴールデン街で週に一回バーテンダーを務めているという山下氏。まず昨年7月に上梓した新宿ゴールデン街で出会った女性たちとのエピソードを小説化した著書の話になり、ゴールデン街について「そこの街が文化系のヤリ◯ンみたいな女の子がいて」と説明。

そして山下氏がゴールデン街にハマったきっかけについて話すと、森田哲矢(42)が「ゴールデン街の持ち帰り度は?」と質問。すると山下氏は、「ひどいところだとヤリ◯ンしか働いてない店がある」と答え、店内でナンパが行われ、営業後に性行為を行っている店があることも暴露した。

その後も、「やっぱり性に奔放な人が多い」など、ゴールデン街について語った山下氏。動画のコメント欄には、《新宿ゴールデン街での出会いの話がおもしろんだよなぁw》《面白いなぁ、若い時に行ってみたかったなぁ》といった声があがった一方、“性に奔放な街“であると一括りにするかのような発言に、批判も相次いだ。

《ゴールデン街で楽しく飲んでる身としては悲しくなったわ そんな下世話な部分じゃなくて知らない人と楽しくお酒が飲める本来のゴールデン街の良さを語って欲しかった》
《実際のところは分からないしネタなのかもしれませんが、私の知る限りではこう言う街ではないですし、誤解を招くように感じます》
《新宿ゴールデン街のオーナー達と、その街で働く人達、そしてこの街をこよなく愛して通ってくれてる人々に愛されてこの街が育まれてきました。あらぬ噂話や、有る事無い事ごちゃ混ぜにして街の品位を貶めるような動画は削除して下さい》

こうした事態を受けてか、2月26日、山下氏がXを更新し《この度は大変お騒がせして申し訳ございません》と動画の内容について謝罪。

発言した意図について、《自分が見聞きした中でエッジの強いゴールデン街における性愛に関する話をしようと結果、非常に品の悪い内容になってしまい、ゴールデン街という街全体が如何わしい街というよう偏見を助長するような内容の放送となってしまいました》と説明。

続けて《ゴールデン街を普段から利用されている方や、働かれている方々に迷惑がかかるという想像力に欠ける発言が多かったと反省しております》と、改めて謝罪した。

また、山下氏が勤務するゴールデン街のバーの店主もXに《先日、当店のスタッフが、出演したテレビ番組内で、新宿ゴールデン街を「性に奔放な女性ばかりいる街」という印象を与えるような発言をしてしまいました》と謝罪。

続けて、山下氏が明かした店内での性的行為について《「行けばお持ち帰りできる」「過度な下ネタやボディタッチも許される」はずはなく、強引なナンパや度が過ぎた迷惑行為は、ただちに退店・出入り禁止処分ならびに普察へ通報がいきます》と、否定した。

その上で、ゴールデン街の認識について《昭和の少し怪しい雰囲気は残りつつも、健全かつ安心な街であることをご認識いただけると幸いです》と、改めて釈明し、《当該動画への対応に関しましては、関係各所と協議中》としていることを明かしている。