今年の2月20〜26日にイタリア・ミラノで開かれた2024年秋冬ミラノファッションウィークに初めて参加した俳優・のん(30)。彼女のファッションが「イメージと違う」と話題を呼んでいる。

【写真】「見えそうでハラハラする」胸元ざっくり衣装でミラノコレクションに参加したのん

「のん」に改名後もマルチに活躍

 雑誌『ニコラ』の専属モデルとしてデビュー後、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(2012)で清純派女優としてブレイク。映画『ホットロード』(2014)では日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、実力派俳優の仲間入りを果たした。

 2016年7月より「のん」に改名し、歌手や芸術家など“アーティスト”としても活動。2022年には映画『さかなのこ』で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞し、昨年末の『第7回 ももいろ歌合戦』では「ASIAN KUNG-FU GENERATION(通称・アジカン)」とのコラボ楽曲『Beautiful Stars』を披露するなどマルチに活躍している。

 今回のんが参加したのは、今月22日のファッションブランド『Max Mara(マックスマーラ)』のショーだ。『フィガロジャポン』の公式インスタグラムで、のんは同ブランドの好きなところについて「エレガントでかっこいいところ。シルエットが素敵で、着心地がいいところ」と語っている。

「昨年、Max Maraのアイコンである『テディベア コート』誕生10周年を記念して、六本木ヒルズで『Teddy TEN Park』というイベントを開催。オープニングイベントには、モデルのローラさんや山田優さん、フィギュアスケートの荒川静香さんといった豪華セレブたちが集結するなか、のんさんの姿も。のんさんは約86万円のテディベアコートなど総額約120万円のコーディネートでランウェーに登場していました」(ファッション雑誌記者)

胸元がざっくり開いたブロンズカラーのサテンコート

 今回のミラノコレクションでは、オールバックのボブスタイルに、胸元がざっくり開いたブロンズカラーのサテンコートを着用したのん。ミラノの街を楽しむ様子などをYouTubeやインスタグラムなどSNSに投稿した。

 ネットでは「すっかり大人になったね」「かわいさにかっこよさがプラスされて魅力的」「神懸かり的にキレイ」と称賛の声が集まるなか、動揺を隠せないファンの声も。

《のんちゃんのファッションが衝撃的。イメージとのギャップえぐすぎ》

《あまちゃんのイメージだったからびっくり……》

《胸元開きすぎなんじゃ……。かがんだら見えちゃいそうでハラハラする》

《え。コートの下、ちゃんと着てるよね……?》

《胸元がガバッと開いていて寒そう。セクシーでキレイだけど前のイメージとだいぶ変わったね》

「『エル・ジャポン』の公式TikTokによると、コートの下には手編み風のロンパース(上下一体型のファッションのひとつ)を着ていると、のんさん自身が話しています。しかし、やはり『あまちゃん』など“清純派”のイメージが強すぎたせいか、違和感を覚えるファンも一定数いたようです」

 美しさのなかにかっこよさも滲み出るようになった、のん。今年3月には東京と仙台でワンマンライブ『SPRING SESSION - 春よ受けて立つ!!! -』を開催する予定だ。彼女の活躍からますます目が離せない。