「小室圭さんの年収がアップしたというニュースが流れて以降、小室家への関心がまた高まっているようです」

そう語るのは、皇室担当記者。

アメリカ法曹界のトピックスを取り扱っているメディアなどが、小室さんが勤務している法律事務所「ローウェンスタイン・サンドラー」の“給与アップ”について報じたのは1月のことだった。なんと彼の年収は26万ドル(約4千万円)になるというのだ。

眞子さんとの結婚当時は法務助手で、年収600万円と報じられていた小室さん。円安の恩恵もあるとはいえ、結婚3年目で年収は6倍以上になった。

「小室さんの母・佳代さんは現在、父親・Aさんといっしょに横浜のマンションで生活しています。しかし彼女の息子のそばで暮らしたいという思いも、日に日に高まっているようです。小室さんの年収がアップしたことで、佳代さんも同居できる物件に引っ越しする可能性もあります。そのため多くのメディアが佳代さんの動向に注目しているのです」(前出・皇室担当記者)

だが小室さんと眞子さんの渡米後、佳代さんの目撃談は激減している。

「ある週刊誌が昨年2月に、“佳代さん”の近影として、カゴに大きな荷物を積み込んだ自転車を押している女性の写真を掲載しました。しかし、その女性は佳代さんではなく、間違われて写真を掲載されてしまった女性はショックを受けていました」(前出・皇室担当記者)

■服装が最近変化したという佳代さん

そのような状況のなか、本誌は佳代さんに関する情報をキャッチした。佳代さんが住むマンションの関係者はこう証言する。

「昼間はほとんど外出していないようですが、お元気そうです。マンション内で佳代さんをお見かけしたり、通路ですれ違ったりします。ただ生活ぶりは、以前よりよくなっているように感じます」

関係者がそう感じたのには理由があるという。

「このところ服装が明らかに違うのです。最近は普段着でも外出着でも、かなり高そうな服を着ていて、おそらくブランド物ではないかと思います。

(佳代さんの)お父さんも同じで、以前は着古したジャージなどを着ていましたが、最近はオシャレさが増して、カジュアルな着こなしになっているんです。小室さんの収入がすごく増えているそうですから、きっと仕送りも増えたのでしょうね。

お父さんについては、体調が悪いのではないかという記事もあったようですが、足取りもしっかりしていますよ」

2月中旬、本誌は小室さんの祖父を目撃したが、薄いブルーのパーカにジーンズ姿でさっそうと歩いていた。

かつて佳代さんの生活スタイルには高級志向が全面に表れていたという。

「小室さんが3歳のときからバイオリン教室にも通わせていましたし、小学校も私立の国立音楽大学附属小学校を選びました。

また金銭トラブルになった元婚約者の証言によれば、小室さんの成人式の記念写真を撮影するのも帝国ホテルを指定したり、フランスでの挙式を提案したりもしています」(前出・皇室担当記者)

また小室さんの幼少期に、佳代さんと知り合った女性は、本誌にこう証言していた。

「佳代さんが圭くんに、両親を『お父さま、お母さま』と呼ばせていたのが印象的でした。 佳代さんは真っ赤なアウディに乗っていて、幼稚園にもその車で送り迎えしていました。ほかのママたちはみんな自転車だったのでかなり目立っていました。ただ、ちょっとした交通事故を起こしてからは佳代さんも自転車に切り替えていましたね」

息子を“王子さま”に育てるために一生懸命だった佳代さん。

「洋菓子店を辞めた後の佳代さんの生活費は、亡き夫の遺族年金と父親の年金だけになったといわれています」(前出・皇室担当記者)

しかし小室さんの収入が激増したおかげで仕送りも増えたのか、目立たないまでも“金満マダム”としての生活を実現していたようだ。

秋篠宮家に近い人物によれば、

「佳代さんがNYで息子夫婦と同居することを望んでいることに対し、眞子さんが強い拒否感を示していると聞いています。

もちろんビザ取得などの問題もあるのですが、佳代さんの渡米の大きなネックになっているのは、眞子さんの姑に対する不信感でしょう。’21年6月に佳代さんの告白が『週刊文春WOMAN2021夏号』に掲載されましたが、自分に相談せずに取材に応じたことに眞子さんはショックを受けていたそうです。

小室さんが、佳代さんへの仕送りを増額しているのは、収入が増えているのと同時に、アメリカに呼び寄せることができない“負い目”を感じているからかもしれません」

佳代さんが普段着にもお金をかけているのは、“私の王子”と会えない寂しさをまぎらわせるためなのだろうか。