立ちっぱなし、座りっぱなしなど、長時間同じ姿勢でいることが続くと股関節周りが固くなりやすく、代謝も低下して、より脚が痩せにくい状態になってしまいます。そこで就寝前の習慣として採り入れたいのが「大腿筋膜張筋」の簡単ストレッチです。股関節の柔軟性が上がるだけでなく、脚全体の引き締めやO脚予防にも効果を期待できます。

🌼股関節周りを集中強化。減量効果も期待できる【太ももダイエットに効く】簡単習慣

 

就寝前の習慣に。股関節の柔軟性を上げる簡単ストレッチ


 

(1)ベッドの端に寝そべり、端側の手と足を床に降ろす

▲降ろした足の位置を手に近づけると負荷が強くなります

 

(2)ベッドの上の脚を曲げ、つま先を手で引っ張る

 

(3)ひざの位置を固定したまま、つま先を持った手を外側に引き、ゆっくりと呼吸しながら30秒間キープする

 

反対脚も同様に行い、“1日あたり左右各3回を目安”に実践します。シンプルなストレッチ法ですが、続けるほど骨盤周りや股関節周りの柔軟性が増して動きが軽くなることを実感できます。脚痩せを叶えるためにも、ぜひ習慣化してみてくださいね。<ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ グランドトレーナー)>