約2年前に「象印のボトルにパープルがあったら即決なのに…」とツイートしためろうさん(@surprisekonyoku)。めろうさんはアイドルグループ・King&Princeの岸優太さんのファンでメンバーカラーの紫色を求めていたところ、同日に「象印マホービン」公式アカウントから「貴重なご意見ありがとうございます」とお礼の返事が。

【写真】紫色をはじめ色のバリエーションが増えた実際の商品

驚いためろうさんは「我儘申し上げてすみません!オタクは多色展開に弱いので何卒よろしくお願い致します!!」と返信。

その1年8カ月後、めろうさんはさらに驚くことに。「象印マホービン」から「この度、シームレスせんに新しいカラーバリエーションが仲間入りしましたので、リプライにてご連絡いたします。めろう様のご期待に応えられていたらよいのですが…!」との連絡が届いたのです。

めろうさんのツイート「象印さんがパープル採用してくれて今日リプいただいたんですけど、えっ?!?!本当に?!?!手厚すぎますでしょ!!!!オタク買おー!!!!!」には、11万以上のいいねがつき、「素敵なやり取りですね!2年越しの想い 私もパープル買います!!」「象印さんの神対応、半端ないですね…!!感動しました。象印さん激推しになりました!」と称賛の声が続々。

さらに紫色は、関ジャニ∞の村上信五、Sexy Zoneの菊池風磨らジャニーズのメンバーカラーになっていたり、宝塚歌劇ファンが反応するスミレ色であり、BTSとファンをつなぐ言葉に使われるなど、推し色として意識する人も多く「推しパープルなので助かりました」「何気にKAT-TUNカラーも揃ったってことね!」「ヅカオタにもささるすみれ色パープル…!!!象印さんまじで社会貢献レベルなのだが」「アミ(BTSファン)かと思ったらキンプリさんのファンでしたか」とさまざまな推しを持つ人々から感謝の声も。

ファンにとっては、いつも推し色で生活を彩りたい

元々、象印の「シームレスせん」の機能性に惹かれていて、最初のツイート後は、別の色のステンレスマグを使っていたというめろうさん。推し色への思いや今回の感想を教えてもらいました。

――岸さんのファンとのことで、お家には紫色のものが多いですか?

岸くんのメンバーカラーということで紫のものにすぐに目が行き、集めてしまいます。個数はどうなんでしょう…コスメ等細かいものも合わせると、50くらいはあるのではないかと思います。

――たくさんありますね!最初にリプがきた時の感想は?

SNSをマメにチェックされているんだなと思いました。なんとなくつぶやいただけだったので公式さんからリプが届いたのはびっくりしましたが、せっかくの機会なので要望をお伝えさせていただきました。

――そして約2年後にも!

2年前のやりとりに、まさか回答が来るとは思いもしませんでした。商品展開としては新色が出ることは有り得ることですが、通常は広くお知らせして終わりだと思うので、パープルを要望した一個人へ情報を届けるという対応が非常に素晴らしく心を掴まれました。転がっている一意見を流さずに、大切にされてる会社さんなんだなと思いました。

――多数のいいねがついたり、推し色に反応するコメントも寄せられていますね。

最初はフォロワーさんに岸くんカラーのボトルが出たことをお知らせしようとしただけなのですが、思わぬ反響の多さにとてもびっくりし、ジャニーズだけではなく様々ないわゆるオタクの方々からの声が届いたので、皆考えることは一緒なんだと感じました。ファンにとっては、できればいつもその色で生活を彩りたいという特別な想いがあると思います。

――なるほど!象印さんへの称賛も多かったですね。

いろんな方からの反応で「オタクに優しい象印さん」の印象が多くついておられました。もちろん私の要望が通ったわけではなく、今回反響が多かったように、この色を望む方が多かったのだと思いますが、象印さんの素敵な対応をたくさんの方にお届けできるきっかけになれたのは光栄なことです。

――推し活などを含め、次に叶えたいことはありますか?そして紫色でほしいものは?

大きすぎる夢ですが、岸くんが象印さんのCMにいつか起用して頂けたら嬉しいなというのが率直な想いです(笑)。紫のものでつい最近思ったのは、G-SHOCKのとあるシリーズの腕時計ですね。こちらも今回の件と同じようにブルーとピンクはありましたので、仲間に入れて欲しいなぁ…となりました(笑)。

Twitterは、ひとつの象印店舗という感覚

今回話題になったステンレスマグは、分解しなくても洗えるせんとパッキンがひとつになった業界初の「シームレスせん」仕様で、2020年9月の発売以来、約2年でシリーズ累計270万本を突破しているそう。「象印マホービン」(大阪市北区)の担当者に、Twitterの対応について教えてもらいました。

――まずは2年前のやりとりを覚えてらした事に驚きました!

私たちは直営店舗を持っていない分、象印や製品・サービスに対してお客さまからの素直なご意見を聞かせていただくツールとして、Twitterを積極的に活用したいと考えています。当社の製品は「日常生活発想」というコーポレートスローガンのもと、お客さまの不満解決を目的に開発されたものが多いので、様々なつぶやきをされている方に、期待に応えられそうな製品・サービスがある場合は、厚かましいですがご紹介のリプライを日頃より積極的にさせてもらっています。

――今回の新色展開には、お客さんの声が反映されたのですか?

Twitterをはじめ、様々なコミュニケーション活動の中でお客様よりいただくご意見は、適宜、商品開発部門にフィードバックをしております。新商品の開発に際して、グループインタビューやカラーアンケートも行っていますが、その際も非常に人気の高かったのがパープルでしたので、今回商品化に至りました。

――近年は各業界で、推し色を意識した商品展開が増えている印象ですが、今回の新色展開で意識されたことは?

新製品コンセプトは「COZY」です。好きな時に、好きな場所で、好きなものを、好きなだけ飲めるような、自分の心地よさを追求するのにぴったりなマグであって欲しいと考えました。その中でも、今回めろうさんにおすすめしたSM-ZBのカラーコンセプトは、自然由来の癒しをイメージしたもので、「ライラックパープル」は華やかながらもリラックス気分を感じさせる花の色を表しています。

――これまでもSNSの要望がきっかけで、商品化されたものは?

SNSの声だけが商品化にいかされる訳ではありませんが、貴重なアドバイスと受け止め参考にさせていただくことが増えています。昨今、象のシンボルマークがかわいいというお声も多くいただくようになり、シンボルマークだけをあしらった製品も増えてきています。

――今回のやりとりに多くの反響が寄せられていますね。

Twitterをひとつの象印店舗という感覚で運営しています。店舗の周りで悩まれている方がいれば、弊社の製品・サービスで何かお応えできることがないか?お声がけする感覚でコミュニケーションをできるよう心がけています。

めろうさまには2年前にご希望のカラーでお応えすることができなかったので、今回喜んでいただけたことは本当に嬉しいです。何より今回の件で多くの方が「象印のシームレスせんは使いやすい」という声を投稿してくださいました。実際に使ってくださっている方がこんなにいらっしゃるんだと実感できて、とても嬉しかったです。

◇ ◇

めろうさんが「願えば(ツイートすれば)叶う…?」と喜んでいた新商品は9月1日に発売。持ち運びやすいスリムサイズ、オフィスなどで継ぎ足しの手間を減らしたい人向けの大きめサイズも加わるとのこと。ダリアピンク、マットグリーンなど本体カラーが刷新され計10色となるので、新たに推し色を楽しめる人が増える可能性も!?

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・塩屋 薫)