認知症を患い介護施設に入居していた女性は自身の銀行口座を弁護士事務所に預け、財政管理を一任していた。しかし女性の死後、遺言のために銀行口座を確認すると、口座の現金が事務所スタッフの女により盗まれていたことが発覚した。女は結婚式、高級店での買い物などで豪遊し、認知症女性の口座からだけでなく事務所のお金も使い込んでいた。その額は合計で136,000ポンド(約2千万円)にも上るという。『Manchester Evening News』などが伝えている。

【この記事の他の写真を見る】

認知症を患い、介護施設で生活するパメラ・スリードさん(Pamela Sread)は自身で銀行口座を管理しきれないと判断し、信頼できる弁護士事務所に口座の暗証番号を預けて財政管理を任せていた。

そんなパメラさんが亡くなり、遺言を検証するために銀行口座の確認が行われた。すると口座に入っていたはずの大金が無くなっていたのだ。

弁護士事務所が警察に通報し調査が進められると、英マンチェスター州セール在住のサラ・エイケンヘッド(Sarah Aikenhead、37)の名が浮かび上がった。サラは同事務所のスタッフとして働いており、パメラさんの担当だったという。

警察による事情聴取が行われると、当初は「借金を重ねてしまった」と話したサラだったが、のちに口座から現金を盗んでいたことを認めた。

サラの犯行が始まったのは、2019年5月まで遡る。同事務所に勤めていたサラは、その立場を利用してパメラさんの口座の暗証番号を入手した。

秘密裏に現金を引き出していたサラは、旅行や結婚式、デザイナーが運営する高級店での買い物などに散財しており、さらに兄弟の1人に30,000ポンド(約430万円)を手渡したという。その額は合計136,000ポンド(約2千万円)に上った。

パメラさんの口座を確認すると、サラは残高を埋め合わせるために事務所のお金をパメラさんの口座に移していた。25,000ポンド(約350万円)と20,000ポンド(約280万円)の2回に分けて口座に振り込んでいたことも明らかになっている。しかしサラが使った金額には到底足りない。元交際相手から25,000ポンド(約350万円)返却の予定があるとサラは主張したが、事務所側によるとまだ返却されていないようだ。

検事のウェーン・ジャクソン氏(Wayne Jackson)は裁判で「彼女は自身の結婚披露宴のために、パメラさんの口座から12,000ポンド(約170万円)を盗み、さらには洋服やその他の高級品に使い込みました」と明かした。

さらに同事務所は、サラがお金を使い込んでしまったために経営難に陥ってしまったことにも触れた。

サラの弁護人であるアダム・ワトキンス氏(Adam Watkins)は「サラは『現金を引き出すことは簡単だったので、続けてしまった』と話しているが、自分以外の誰のせいでもないとして犯した罪を受け入れています」と話す。

またアダム氏は、サラの幼い息子(年齢は明かされていない)には母親の存在が必要であると主張した。しかしティナ・ランデール裁判官(Tina Landale)は「サラは顧客の信頼を裏切った。使い込んだ現金の穴を埋めようとしているが、結果的に会社は壊滅的な被害を受けており、同情の余地はない」として、懲役3年4か月を言い渡した。

ちなみにこのニュースを見た人からは、次のような声があがっている。

「こういう人がどんな気持ちで眠るのか不思議でならない。」
「懲役10年くらいは受けてもおかしくないよ。」
「世の中にはモラルに欠けた奴が多すぎる。そういう奴は、正直に生きている人の顔を見て笑っているんだろうな。」画像は『English Headline 2021年1月11日付「Solicitor’s secretary, 37, who stole £90,000 from checking account of dementia-hit girl jailed」』『Manchester Evening News 2021年1月19日付「Fraudster jailed for stealing £136,000 from solicitor’s firm using elderly dementia sufferer’s bank account」(Image: Supplied)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)