お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、29日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『ダウンタウンなう』(毎週金曜21:55〜)で、娘の父親としての本音を語った。

松本人志

今回、番組初となるリモート形式での「本音でハシゴ酒」を開催。ダウンタウン、坂上忍、“飲み仲間”の夏菜が、お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二、落語家・立川志らく、“ママ友”つながりのある山口もえ、安めぐみ、ギャル曽根と、お酒を飲みながらトークを展開した。

安は、夫・東貴博のエピソードを語り、「娘の好きな男の子の話をすると不機嫌になる」と告白。「娘が幼稚園で好きな男の子がいて、両想いなんですね。お芋堀りのイベントがあったときにずっと手をつないでいたので、動画撮って主人に送ったら、『今後こういう情報はいりません』ってLINEが返ってきて。あ、ダメだったんだって」と話した。

娘を持つ松本も「絶対教えてもらいたくもない」と言い、安が「幼稚園生ですよ?」と驚くと、「余計ダメよ、だからこそ。幼稚園同士なんて、なんでもしよるかもわからへん」と心配。志らくも「2人とも女の子。幼稚園のときに同じようなことありましたね。大好きな男の子がいて手をつないでいたので、腹立って腹立って、娘と2人きりになったときにその友達の悪口を延々と言いました」と明かすと、松本は「いやいやわかる。わかるわ」と共感していた。